1、ドル円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、105円70付近
2、105円85付近
3、106円00から04付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
105円81付近

【押し目買いポイント】
1、105円60付近
2、105円50付近
3、105円35付近

【注目の経済指標】
特になし

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター

※動画は記事の下の方にありますので良かったら観て下さい。平日は17時にアップしています。
【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


2、ドル円 日足

【日足のトレンド目線】
横ばいから下目線

【意識したいポイント】
上は、105円75付近、105円90付近、106円00付近

下は、105円50付近、105円30付近
dd


3、ドル円 4時間足

【4時間足のトレンド目線】
-2σのある105円70付近を越えるまでは横ばいから戻り売りに注意

【意識したいポイント】
上は、105円70付近、105円85付近、106円00から04付近

下は、105円60付近、105円55から50付近、105円40付近、105円20付近
D4


4、私が使っているインジケーター

【ワンポイントアドバイス】
時間軸毎の意識したいポイントで複数重なるところが熱い反転ポイントになりやすいので、その辺を意識してエントリーポイントを判断してみて下さい。

【負けない為に注意したいポイント】
・上位足でトレンドが発生したら逆張りはしないように注意
・じり下げ、じり上げになったら目標までは流れに逆らわない様に注意

他には市場、時間帯等の値動きの特徴も合わせて考えるといいかなと思います。

レンジに強く、反転しそうになると教えてくれる「SP」
押し目買いと戻り売りポイントを教えてくれるトレンドに強い「NEO」

この二つのインジケーターを局面毎に使い分けて、他の添付してあるインジケーターと
組み合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【3年連続売り上げナンバー1】


5、ドル円 本日の戦略

昨日は日中底堅い展開でしたが106円前半で上値が重い展開、NY時間に106円00を割り込むと、日足の-2σの少し手前の105円55付近まで下落した後に少し反発しています。

4時間足では、ボリンジャーバンドが大きくエクスパンションして-3σを割り込んだ後に少し反発、朝の時点だと-2σの少し下付近に位置していますので、-2σを越えるまでは売りが続きそうです。

本日のドル円は、60分足で見ると10EMAの下に位置していますので105円70付近を越えるまでは横ばいから下目線、日足の-2σが105円50付近ですので、上は105円70付近から下は105円50付近のポイントを意識してどちらに抜けて行くのか注目です。

朝の時点だと戻していきそうですが、105円70付近を越えても105円85付近から戻り売りに注意したいところです。


おそらく本日は日足の-2σにタッチすれば反発してきそうですが、もし本日反発が弱いと日足のMACDがデッドクロスしていますので明日以降は下落に注意したいところです。

週足でも以前のトレンドラインの付近でサポートされていますが、105円50付近を割り込んでくると105円00付近まで下落してしまいそうです。まだ週前半ですが念のため週足も意識しておきましょう。



6、ポンド円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、135円90付近
2、136円00付近
3、136円30から35付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
135円98付近

【押し目買いポイント】
1、135円70付近
2、135円55から50付近
3、135円10から00付近
【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


7、ポンド円 日足

【日足のトレンド目線】
週足のミドルラインを根拠に戻りを試す展開、136円を越えてくれば昨日の高値の136円60付近まで。

【意識したいポイント】
上は、136円00付近、136円60付近

下は、135円70付近、135円55から50付近、ここを割り込んだら下落に注意、135円20付近、135円00付近
pd


8、ポンド円 4時間足

【4時間足のトレンド目線】
下降三角型にはまっていますので戻り売りには注意しつつも戻りを試す展開。のでどちらに抜けて行くのか注目

【意識したいポイント】
上は、136円00付近、136円30から35付近、136円65付近。

下は、135円55から50付近、135円40付近、135円10から00付近、134円75付近
P4



9、ポンド円 本日の戦略

昨日は週足のミドルラインのある135円50付近でサポートされて戻りを試す展開、金曜日の高値の135円60付近では戻り売りに押されて反落。本日も週足のミドルラインを割り込むまでは昨日と同様の展開をイメージしています。

日足の90日線が136円00付近にありますのでこれを越えていければ

4時間足では下降三角型にはまっていますので戻り売りには注意しつつも戻りを試す展開。10EMAが136円00付近にありますのでこれを越えていければ三角の上限のある136円30から35付近まで。

三角の上限が
136円30から35付近、下限が135円55から50付近ですのでこれをどちらに抜けて行くのか注目です。

朝の時点だと反発が弱いかなといった感じですが、60分足ではボリンジャーバンドが若干下にエクスパンションしそうで微妙ですが、-2σ付近から反発していますので135円90付近を越えて4時間足の10EMAのある136円00付近を越えてくれば136円30から35付近までは上昇してきそうです!?

ただ本日も戻したところでは戻り売りに注意して、60分足で見て高値切り下げとなる136円30付近で上値が重く垂れてきたら下落に注意したいところです。

本日昨日の高値136円60付近まで上げていければ、その後は押し目買いが入って上昇していきそうですがプレグジット(
イギリスの欧州連合離脱の兼ね合いもありますのでどうなるのか!?

では皆さん、本日も慎重に頑張りましょう~宜しくお願い致します(#^^#)

【MT4チャート設定付き!新規口座開設キャンペーン(JFX)】


ドル円とポンド円 この後の展開は平日17時前後にアップ予定!※更新したらこちらにもアップします。



★★★3周年記念!!大好評販売中★★★