1、ドル円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、106円20から25付近
2、106円40付近
3、106円50から55付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
106円25付近

【押し目買いポイント】
1、106円00付近
2、105円90付近
3、105円75から70付近

【フィボナッチポイント】
23.6%が105円61付近
38.2%が105円86付近
50%が 106円07付近
61.8%が106円27付近

【注目の経済指標】
米国 21:30    8月 非農業部門雇用者数変化
                        8月 失業率
                        8月 平均時給
                        8月 新規雇用者数

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター

※動画は記事の下の方にありますので良かったら観て下さい。平日は17時にアップしています。
【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


2、ドル円 日足

【日足のトレンド目線】
上目線、10EMAのある106円00付近を割り込むまで。

【意識したいポイント】
上は、106円20付近、抵抗線のトレンドラインのある106円45付近、106円55付近、90日線と+2σのある106円85から90付近

下は、ミドルラインのある106円10付近、10EMAのある106円00付近、105円90付近、105円60付近
dd


3、ドル円 4時間足

【4時間足のトレンド目線】
上目線、ただトレンドラインを割り込んでいますので上値が重ければ横ばいのレンジ

【意識したいポイント】
上は、106円20から25付近、+2σのある106円40付近、106円55から60付近。

下は、ミドルラインのある106円06から00付近、105円90付近、-2σのある105円70付近、105円45から40付近
D4


4、私が使っているインジケーター

【ワンポイントアドバイス】
時間軸毎の意識したいポイントで複数重なるところが熱い反転ポイントになりやすいので、その辺を意識してエントリーポイントを判断してみて下さい。

【負けない為に注意したいポイント】
・上位足でトレンドが発生したら逆張りはしないように注意
・じり下げ、じり上げになったら目標までは流れに逆らわない様に注意

他には市場、時間帯等の値動きの特徴も合わせて考えるといいかなと思います。

レンジに強く、反転しそうになると教えてくれる「SP」
押し目買いと戻り売りポイントを教えてくれるトレンドに強い「NEO」

この二つのインジケーターを局面毎に使い分けて、他の添付してあるインジケーターと
組み合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【3年連続売り上げナンバー1】


5、ドル円 本日の戦略

本日のドル円は、日足と4時間足が上向きのミドルラインの上に乗っていますので上目線で押し目買いポイントを狙うイメージ、ただ昨晩の106円55付近からの売りが強いのが気になるところです。

106円00付近を割り込むまでは押し目買い狙いで、106円00を割り込んできたら105円75から70付近までの下落に注意したいところです。

60分足のMACDがダイバージェンス後に上値が重くマイナスゾーンにも入りそうなので、東京時間が始まる前に10EMAのある106円18付近を越えていけなければ下落に注意したいところです。

あと今晩の21:30には米雇用統計の発表がありますので、発表まで様子見ムードとなり日中は小動きの展開になるかもしれません!?

今晩はJFXさんで雇用統計ライブに参加予定です。良かったら観て下さい(^^)/
JFX 雇用統計ライブ
https://youtu.be/QL65N5vnrn0

スキャルピングがしやすい私も利用しているFX会社(JFX)

D6


6、ポンド円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、141円00付近
2、141円20から25付近
3、141円40付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
141円12付近

【押し目買いポイント】
1、140円70付近
2、140円60付近
3、140円25から00付近
【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


7、ポンド円 日足

【日足のトレンド目線】
下落に注意しつつも上目線

【意識したいポイント】
上は、141円00付近、抵抗線のトレンドラインのある141円40付近、ここを越えてくれば+2σのある142円00付近

下は、10EMAのある140円75付近、ここを割り込んだら下落に注意、140円45付近、140円00付近、139円70付近
pd


8、ポンド円 4時間足

【4時間足のトレンド目線】
朝の時点だと戻りを試す展開で上目線、ただ戻したところでは戻り売りに注意したいところです。

【意識したいポイント】
上は、141円00付近、141円20付近、この付近から戻り売りに注意して、141円40付近、141円60付近、141円95付近

下は、140円78付近、フィボナッチの50%のある140円50付近、140円30付近、140円00付近

P4


9、ポンド円 本日の戦略

本日のポンド円は、長く続いた上昇トレンドが崩れて戻り売り優勢の展開となっています。週足でもまだ陽線ではありますが上ひげが長めになってきていますので、本日売りが強いと来週は一旦は下落に向う可能性が高まってきます。

週末の金曜日で週足形成の動きに注意しつつ、日足の10EMAのある140円70付近を割り込んできたら下落に注意して、直近の安値の140円50付近でダブルを刻めるか?安値を更新するのか注目です。

もし141円台を回復しても141円20付近、141円40付近でjは戻り売りに注意したいところです。

60分足では下降チャネルにはまっています。ただMACDもゴールデンクロスしてきそうですので141円台を回復できれば一旦は戻りを試す展開、チャネルの上限のある141円20から25付近では戻り売りに注意して、その後141円台を維持していればチャネルを上抜けする展開をイメージ。

もしこのまま下落した場合は-2σのある140円60付近でサポートされてダブルボトムになるか様子見、その後反発が弱ければ下降三角型の展開となりそうです。

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター

では皆さん、週末の金曜日、本日も慎重に頑張りましょう~宜しくお願い致します(#^^#)
P6




ドル円とポンド円 この後の展開は平日17時前後にアップ予定!※更新したらこちらにもアップします。



★★★3周年記念!!大好評販売中★★★