1、ドル円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、105円75付近
2、105円95から106円00付近
3、106円15付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
105円83付近

【押し目買いポイント】
1、105円50付近
2、105円40付近
3、105円30付近

【フィボナッチポイント】
23.6%が105円60付近
38.2%が105円86付近
50%が 106円07付近
61.8%が106円27付近

【注目の経済指標】
特になし
イギリス 休場

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター

※動画は記事の下の方にありますので良かったら観て下さい。平日は17時にアップしています。
【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


2、ドル円 日足

【日足のトレンド目線】
横ばいのレンジ、戻り売りに注意

【意識したいポイント】
上は、基準線と抵抗線のトレンドラインのある105円60から65付近、ここを越えてきたら10EMAのある105円90付近、ミドルラインのある106円00付近

下は、105円30付近、-2σのある105円10付近、ここを割り込んできたら下落に注意して
105円00付近、104円70付近
dd


3、ドル円 4時間足

【4時間足のトレンド目線】
横ばいのレンジ、戻り売りに注意

【意識したいポイント】
上は、フィボナッチの23.6%の105円60付近、-1σのある105円75付近、ここがネックラインになりそうで、10EMAのある105円85付近、106円00付近、50%の106円07から12付近

下は、105円45付近、-2σのある105円30付近、直近の安値の105円20付近、ここを割り込んだら下落に注意して、105円00付近、-3σのある104円90付近
D4


4、私が使っているインジケーター

【ワンポイントアドバイス】
時間軸毎の意識したいポイントで複数重なるところが熱い反転ポイントになりやすいので、その辺を意識してエントリーポイントを判断してみて下さい。

【負けない為に注意したいポイント】
・上位足でトレンドが発生したら逆張りはしないように注意
・じり下げ、じり上げになったら目標までは流れに逆らわない様に注意

他には市場、時間帯等の値動きの特徴も合わせて考えるといいかなと思います。

レンジに強く、反転しそうになると教えてくれる「SP」
押し目買いと戻り売りポイントを教えてくれるトレンドに強い「NEO」

この二つのインジケーターを局面毎に使い分けて、他の添付してあるインジケーターと
組み合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【3年連続売り上げナンバー1】


5、ドル円 本日の戦略

本日のドル円は、若干ですが上窓スタート、戻りを試す切り返しの展開となっています。

日足では金曜日に-2σにタッチ後、今朝は105円30付近から戻りを試す展開、4時間足でも-2σ付近からの反発、60分足でも10EMAを越えてきていますので一旦は戻りを試す展開でどこまで戻せるのか注目。

ネックラインとなりそうなのが105円75付近なので、ここを越えていければ106円00付近までの戻りを試す展開。105円75付近を越えて行けなければ105円75付近から105円30付近までの横ばいのレンジをイメージ。

週足の兼ね合いからすると基本は戻したところでは戻り売りに注意したいところです。週足の戻り売りポイントは、105円75付近、105円95付近、106円15付近を意識しておきたいところです。

D6


6、ポンド円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、141円15付近
2、141円40付近
3、141円65付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
140円77付近

【押し目買いポイント】
1、140円85付近
2、140円65付近
3、140円30から20付近

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


7、ポンド円 日足

【日足のトレンド目線】
横ばいのレンジ、押し目買い優勢の展開

【意識したいポイント】
上は、+2σのある141円00付近、141円50付近、141円65付近

下は、140円60付近、140円45から30付近、10EMAのある140円00付近、139円70付近
pd


8、ポンド円 4時間足

【4時間足のトレンド目線】
横ばいのレンジ、戻り売りに注意

【意識したいポイント】
上は、+2σのある141円15付近、ここを越えてきたら141円50付近、141円60付近

下は、141円00付近、140円85付近、140円75付近、140円60付近、ここを割り込んできたら下落に注意して、140円35から30付近、140円20付近、140円00付近

P4


9、ポンド円 本日の戦略

本日のポンド円は、若干下窓を開けてのスタート、週足が上目線なので今朝は上昇の勢いが強い状況、日足も既に+2σ付近に到達、金曜日の高値を目指す展開になりそうですが、4時間足ではボリンジャーバンドの+2σ付近に到達、押し目を付けたチャートになっていますが金曜日の売りもきつかったので一旦は4時間足の+2σのある141円15付近が抵抗線となりそうです。

ここから垂れてきたら高値切り下げになりますが、今朝の戻りも結構勢いがあったので一旦は横ばいの展開となるかなと見ています。

朝の時点だと140円95付近なので140円85付近を割り込んできたら下落に注意。

上は、140円85付近から下は、140円30付近での横ばいの展開をイメージ。140円85付近でサポートされていれば上は141円前半から下は140円85付近での横ばいの展開を意識したいところです。

60分足がポイントがわかりそうなので注目して、60分足の+1σが141円00付近、ミドルラインが140円65付近、-1σが140円25付近を意識したいところです。

週足では上にエクスパンションしそうですので底堅い展開であれば高値保ち合いを維持して、押し目買い優勢となり上に突き抜けてくる可能性もありそうですので、そうなったら流れに逆らわない様に注意。

あと本日はイギリスが休場なので上にブレイクしにくいかもですね!?

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター

では皆さん、週明けに月曜日、本日も慎重に頑張りましょう~今週も宜しくお願い致します(#^^#)
P6



ドル円とポンド円 この後の展開は平日17時前後にアップ予定!※更新したらこちらにもアップします。



★★★3周年記念!!大好評販売中★★★