1、ドル円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、105円80から85付近
2、106円00付近
3、106円20付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
105円92付近

【押し目買いポイント】
1、105円75付近
2、105円50付近
3、105円30付近
【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


2、ドル円 日足のエントリーの根拠

昨日は一昨日の勢いを継続できず上値が重い展開、日中は底堅かったですがNY時間に崩れて陰線が確定、今朝は105円80付近で推移しています。

本日は再びミドルラインの下に戻してしまいミドルラインと基準線のある105円80から85付近が抵抗線となりそうです。

一昨日に安値を切り上げた形となりましたが昨日上値が重かったので三角持ち合いの動きとなりそうで、三角の上限が下向きの10EMAのある106円00付近、三角の下限が105円30付近。ここは意識しておきたいポイントです。

目先のレートは上は、105円80から85付近、下は、昨日の安値の105円75付近、これをどちらに抜けて行くのか注目です。

dd


3、ドル円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、ミドルラインの上での推移が続いていましたが陰線が6本続いて上値が重い展開、ただミドルラインの上を維持している間は切り返しの展開になる可能性もありそうです。

何回か戻そうとする動きもありましたが支持線のトレンドラインを割り込んで、10EMAも下向いてきましたので下落に注意したいところです。

値幅も狭くはっきりしない展開ですのでミドルラインと10EMAのどちらを抜けて行くのか注目。

下はミドルラインのある105円70付近を割り込んできたら下落に注意して、105円50付近、105円40付近、-2σのある105円15付近。

上は10EMAのある105円80から85付近を越えてきたら、106円00付近、+2σのある106円20付近。
D4


4、私が使っているインジケーター

レンジに強く、反転しそうになると教えてくれる「SP」
押し目買いと戻り売りポイントを教えてくれるトレンドに強い「NEO」

この二つのインジケーターを他の添付してあるインジケーターと
組み合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【3年連続売り上げナンバー1】


5、ドル円 本日の戦略

本日のドル円は昨日は一昨日の勢いを継続して続伸してもいい感じでしたが上値が重い展開、週末の金曜日ということもあり週足が意識されそうで難しい展開となりそうです。

週足では下ひげはありますが下向きの10EMAの下で陰線となっていますので本日105円台で確定してしまうと来週も上値が重い展開となりそうです。

4時間足はミドルラインの上、60分足は-2σ付近、これだけ見るとサポートされて上目線なんですが、日足がミドルラインの下になってしまったのが上値が重くなりそうでロングはし辛い感じです。


【8月7日の金曜日の大安にインジケーターのバージョンアップをしました】
・旧商品の「今までになかった」に一つ「UW_MarketZone」
・新商品の「victory.ver」には二つ「UW_Stochas_Arrow_three」「Ultimate_Auto_Channel_Horizon」を無料追加をさせて頂きました。

チャネルライン(
Ultimate_Auto_Channel_Horizon)のインジにつきましては私が検証した内容の資料がかなりありますのでぜひ使い方を一読して下さい。

D6


6、ポンド円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、139円90付近
2、140円00付近
3、140円20付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
139円41付近

【押し目買いポイント】
1、139円70付近
2、139円60付近
3、139円40から30付近
【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


7、ポンド円 日足のエントリーの根拠

昨日のポンド円は、東京時間は戻り売り優勢の展開でしたが欧州時間から切り返しの展開、直近の安値の138円60付近での攻防が二回ありましたが、下抜けせずにサポートされるとNY時間に上昇して下ひげ陽線をつけて今朝は139円80付近で推移しています。

ポンド円は本当強いですね(笑)高値保ち合いのレンジとなっていますので上限(140円00から140円20付近)と下限(138円60付近)、中間ゾーン(139円30から20付近)を意識。

本日は昨日の流れを引き継いで今度こそ140円00に乗せて直近の高値の140円20付近を越えていくのか注目です。

ボリンジャーバンドと移動平均線は上向きですがMACDがデッドクロスしてきていますのでこのまま上昇出来るのか微妙な感じもします。目先の動きとして上は139円90付近、下は-1σのある139円65付近、これをどちらに抜けて行くのか注目したいところです。

日足のポイントは!?

上は、139円90付近、140円00付近、140円20付近。ここを越えてきたら+2σのある140円85付近が目標となりそうです。

下は、-1σのある139円65付近、これを割り込んできたら139円40付近、10EMAのある139円20付近、139円00付近、138円60付近。

pd


8、ポンド円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、昨日の夜の戻りが強く長い陽線をつけて、ボリンジャーバンドの+2σ付近に位置していますが139円90付近には抵抗線のトレンドラインがあるため勢いが弱まってきています。

昨晩トリプルボトムからの強い反発でこのまま上昇する可能性もありますが、このままの上昇だとボリンジャーバンドが無理やりエクスパンションに向かう感じになりますので、できれば一旦下げてから139円中盤付近で押し目を付けてからの方が上抜けしやすいようなチャートに見えます。

4時間足でも同様に上は139円90付近、下は139円70付近、これを抜けた方について行くイメージで、139円60付近から139円40付近で押し目を付けて戻してきたら高値更新に期待したいなとみています。

4時間足のポイントは!?

上は、139円90付近、140円00付近、140円20付近。ここを越えたら日足のポイントまで。

下は、139円70付近、139円60付近、139円40から35付近、139円25付近、139円00付近

P4


9、ポンド円 本日の戦略

本日のポンド円は、一旦は下落に注意して139円中盤付近で押し目買いが入るのか注目しています。

このまま上昇して140円台に乗せてくる展開もありそうですが、もう一度下落して安値を切り上げていかないと上抜け出来ずにレンジになる可能性が高そうかなと見ています。

週末の金曜日で週足形成が意識されそうです。週足では下ひげ陽線になっていますので来週に向けて欧州時間以降は上にブレイクしていくのか注目です。

では皆さん、本日も慎重に頑張りましょう~宜しくお願い致します(#^^#)
P6



ドル円とポンド円 この後の展開は更新したらこちらにアップします!

月曜から金曜日の17時前後に動画をアップ予定です。

★★★3周年記念!!大好評販売中★★★