1、ドル円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、106円20付近
2、106円30から35付近
3、106円50付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
106円20付近

【押し目買いポイント】
1、105円90から85付近
2、105円60付近
3、105円30付近【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


2、ドル円 日足のエントリーの根拠

昨日は支持線のトレンドラインを割り込んで下落して長い陰線が確定、今朝は106円00付近で推移しています。

本日は、横ばいの基準線とミドルラインの上に位置していて、かつフィボナッチの38.2%の105円95付近、この上をキープしている間は戻りを試す展開をイメージ。106円00付近は以前の抵抗線のトレンドラインもあります。

ただ上昇しても戻り売りは出そうですので注意しつつ、105円90付近を割り込んできたら105円60付近、105円30付近までの下落に注意したいところです。

日足のポイントは!?

上は、10EMAのある106円20付近、ここでは戻り売りに注意して、更に続伸してきた場合には106円35付近、106円50から55付近。

下は106円00付近、105円95から90付近、ここを割り込んできたら下落に注意して、フィボナッチの50%のある105円60付近、105円30付近。
dd


3、ドル円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、 ボリンジャーバンドが下にエクスパンション、移動平均線も急角度で下向いてきていますので、もし戻しても一旦は戻り売りに注意したい局面です。

日足的には反発を期待したいところですが4時間足で見ていると、106円00付近、かつ-3σ付近、90日線もある付近でもあるのに反発が弱いのが気になるところです。

日足のポイントを意識して、あと60分足の10EMAのある106円07付近がネックラインになっているので、ここを越えてきたら戻りを試す展開、106円20、106円30から35付近。

もしネックラインを越えられずに東京時間に入って106円を割り込んでいれば日足のポイントまでの下落に注意したいところです。
D4


4、私が使っているインジケーター

レンジに強く、反転しそうになると教えてくれる「SP」
押し目買いと戻り売りポイントを教えてくれるトレンドに強い「NEO」

この二つのインジケーターを他の添付してあるインジケーターと
組み合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【3年連続売り上げナンバー1】


5、ドル円 本日の戦略

本日は60分足の10EMAのある106円07付近を越えていけるのか注目して、越えてきたら106円30から35付近まで。上値が重く垂れてきて105円90を割り込んできたら105円中盤付近までの下落に注意したいところです。

D6


6、ポンド円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、139円00付近
2、139円20付近
3、139円30から35付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
139円12付近

【押し目買いポイント】
1、138円80から75付近
2、138円60付近
3、138円50付近

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


7、ポンド円 日足のエントリーの根拠

昨日のポンド円は欧州時間から安値を更新すると崩れ始めて139円20付近を割り込んでくると10EMAのある138円70付近まで下落、上ひげ陰線をつけて本日は138円90付近で推移しています。

本日は朝の時点だと10EMA(138円80付近)の上に乗っていますので、10EMAに乗っている間は戻りを試す展開、10EMAを割り込んできたらミドルライン付近までの下落に注意したいところです。

ポンド円も60分足の10EMA(139円00付近)をポイントに見ておいて、ここを越えてくれば戻りを試す展開、139円20付近、139円30付近。

139円00を越えて行けなければ138円80から75付近、138円60付近、この付近で止まらないとミドルラインにある138円00付近から137円90付近までの下落に注意したいところです。
pd


8、ポンド円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、ボリンジャーバンドが下にエクスパンションしていますが-3σにタッチした後は日足の10EMAでサポートされているのか何とか踏ん張っている感じです。

あと138円75付近には一目均衡表の雲もありますのでここも意識されているのもしれません。

日足の10EMAでサポートされていれば戻りを試しそうですが4時間足でも139円20から35付近では戻り売りに注意したいところです。

4時間足のポイントは!?

上は、139円00付近、10EMAのある139円20付近、抵抗線のトレンドラインのある139円30付近、ミドルラインのある139円45から50付近

下は、-2σのある138円80付近、138円70付近、ここを割り込んできたら138円50付近、138円30付近、138円00付近、137円80から75付近。
P4


9、ポンド円 本日の戦略

本日のポンド円は、
日足の10EMAのある138円85付近で踏ん張っていれば、138円85から139円30付近での横ばいの展開。

ただ60分足の10EMAのある139円00付近を越えて行けなければ戻して行けなさそうですので、東京時間に138円台後半にいて欧州時間を迎える展開になって138円75付近を割り込んできたら安値更新にも注意したいところです。

朝の時点だと60分足のMACDもゴールデンクロスしそうで踏ん張りそうですが、10EMAの上に乗せて来ないと戻していけなさそうです。

とりあえず日足の10EMAで踏ん張ってくれると見て138円70付近を割り込んでくるまでは戻り目線でいます。

では皆さん、本日も慎重に頑張りましょう~宜しくお願い致します(#^^#)
P6



ドル円とポンド円 この後の展開は更新したらこちらにアップします!

月曜から金曜日の17時前後に動画をアップ予定です。

★★★3周年記念!!大好評販売中★★★