1、ドル円 週足のエントリーポイント

今週は強い展開で107円台まで上昇するも、週末の金曜日に売りが出て106円中盤で引けています。

先週と今週で陽線をつけて切り返しの展開、ミドルラインを越えて108円台まで行ってしまうのではないかというくらいの強い展開でしたが、終末の金曜日には失速して基準線と10EMAの下で引けてしまいました。

来週は抵抗線のトレンドラインを越えてくると思いますので週前半は底堅い展開になりそうで、ポイントとなるのが基準線のある106円70付近やミドルラインのある107円20付近

すんなり上昇して基準線を越えてくれば流れに沿って上昇して、ミドルラインを越えてくれば107円中盤付近までは上昇してきそうです。

ただ週明けに上値が重く106円前半まで下落して基準線のある106円70付近や、ミドルラインのある107円20付近で上値が重い展開が続くと再来週はまた下落に向う可能性もありそうです。

週明けの月曜日にまずは陽線側、陰線側どちらにに動くのか注目して、陽線側に動いてきたら基準線を越えていければ107円台に再び乗せていけるのか注目。

もし陰線側に動いてきたら一旦は106円35から30付近までの下落に注意して、その後戻してきて陽線側にきたら流れに合わせていきたいところです。※週足ベースの考えです。

dw


2、ドル円 日足のエントリーポイント

日足では、月曜日から木曜日までは強い展開でしたが、90日線を手前に上値が重くなると週末の金曜日に失速して陰線をつけています。

ボリンジャーバンドが下向きですが、10EMAがミドルラインをゴールデンクロスしていますので106円台では底堅い展開となりそうですが、支持線のトレンドライン付近まで下落していますので、週明けの月曜日は三角持ち合いの動きとなるのか、三角持ち合いを下抜けしてくるのかといった感じの展開をイメージしています。

三角持ち合いの動きにはまれば、下は106円55から50付近、上は106円85付近

三角持ち合いを下抜けしたら、106円45付近、10EMAのある106円35から30付近、売りが強まれば106円10付近までの下落に注意したいところです。

三角持ち合いを上抜けしてきたら107円00から07付近、107円25付近、107円35から40付近

dd


3、ドル円 週明けの戦略

週明けの月曜日は連休明けにもなりますので動きは出そうですが、日足で見ると三角持ち合いの中にはまりそうな感じもありますので、火曜日に向けて慎重に方向性を見定めていきたいところです。

金曜日に売りが出て陰線を付けていますので流れとしては三角持ち合いを下抜けする可能性が高そうで、10EMAと+1σの間で動く可能性もありそうです。

ただドル円は買いが強いので週明けころっと変わって上昇してくる可能性もありますので下位足を見て流れについて行く方がいいでしょう。
D4


4、私が使っているインジケーター

レンジに強いSP!トレンドに強いNEO!

この二つのインジケーターを他の添付してあるインジケーターと
合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【3年連続売り上げナンバー1】


5、ポンド円 週足のエントリーポイント

今週のポンド円は、先週ボリンジャーバンドの+2σ付近で十字線が出たので一旦は売られる展開になる可能性を考えていましたが、やはり底堅い展開で先週の高値を更新、一時はネックラインの139円70付近も越えてきて140円前半まで上昇していました。

ボリンジャーバンドがエクスパンションしそうで来週も続伸を期待したいところですが140円付近では上値が重そうで、60分足でも高値を切り下げて下降三角型にもなっていますので週明けはまずは上に戻すのか下に行くのか様子をみたいところです。

ネックラインの139円70付近の中に押し戻されてもいますので上抜け失敗になる可能性もあります。

週明けはまず139円70付近を越えていけるのか注目!

139円70付近を越えてくれば上目線で140円台に乗せていければ直近の高値の140円20付近。ここを越えてくればボリンジャーバンドもエクスパンションの流れになってきそうで141円や142円も見えてくるかもしれません!?※週足ベース。

もし139円70付近を越えていけなければ139円00付近、90日線のある138円前半、137円80付近まで
pw


6、ポンド円 日足のエントリーポイント

日足では、ドル円同様に金曜日に陰線をつけてネックラインの139円70付近内に押し戻されています。

金曜日は木曜日の高値を更新できずに陰線をつけていますので、週明けの月曜日は一旦は下落に注意したいところです。

日足で意識したいのが、上は139円70付近、下139円20付近、これをどちらに抜けて行くのか注目です。値幅50pipsありますので、東京時間はこの間でのレンジになる可能性も想定しておきたいところです。

金曜日に陰線をつけていますがバンドウォークにもはまっていますので、139円20付近を割り込んできても+1σ(139円00付近)や10EMA(138円80付近)で反発も想定しておきたいところです。

あと139円70付近を越えたとしても139円85付近には抵抗線のトレンドラインもありますので上値を抑えられて下落してきたらその後は流れに逆らわない様に注意したいところです。
pd


7、ポンド円 週明けの戦略

週明けのポンド円は4時間足ではミドルライン(139円45)を割り込んできたら下落に注意、60分足では90日線(139円40付近)を節目に下降三角型にもなっていますので139円40を割り込んできたら139円20付近まで、あとは下抜けするのか、戻してくるのか注目です。

では皆さん、また明日から頑張りましょう~良い週末をお過ごしください(#^^#)
P4



ドル円とポンド円 来週の反発ポイントを見極めろは更新したらこちらにアップします!


★★★3周年記念!!大好評販売中★★★