1、ドル円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、105円95から106円00付近
2、106円08付近
3、106円15から20付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
105円82付近

【押し目買いポイント】
1、105円80付近
2、105円70付近
3、105円60付近

【注目の経済指標】
特になし
日本が休場

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


2、ドル円 日足のエントリーの根拠

週明けの月曜日、本日の東京市場は祝日で休場、その為東京時間は動きが乏しくなりそうです。

今朝は特に大きな窓開けもなく105円85付近から始まっていて戻りを試している感じです。

日足で意識したいのが下にある10EMA(105円80付近)と上にある横ばいの基準線(106円00付近)ですが、何とか10EMAの上から始まって少し割り込んでいますが戻していますのでこの後は上にある基準線を越えて行けるのか注目です。

金曜日の切り返しで安値を切り上げた形となり、MACDもゴールデンクロスしていますので基本的には上目線、上昇してきたら流れに逆らわずに押し目買いで攻めたいところです。ただ本日は日本が休場なのでどこまで上昇できるのか!?

日足のポイントは!?

上にある基準線(106円00付近)を越えてきたらミドルラインのある106円15付近、ここを越えてくれば抵抗線のトレンドラインがある106円40から45付近、106円50から55付近。

下にある10EMAのある105円80付近を割り込んできたら105円70付近、105円60付近。
dd


3、ドル円 4時間足のエントリーの根拠

時間足では、ボリンジャーバンドがスクイーズしていて10EMAは上向き、MACDもゴールデンクロスしてきていますので基本は上目線、ただ+3σで上値を抑えられた感じもありますので一旦は10EMA,またはミドルライン付近でサポートされるのか様子をみたいところです。

4時間足のポイントは!?

上は、90日線と+2σがある105円95から106円00付近、+3σのある106円07から10付近、ここを越えてくれば106円25付近、106円35付近。

下は、105円75から70付近、ミドルラインのある105円60付近、ここを割り込んだら下落に注意して、105円47付近、105円35付近、ここでは反発があるのか注目、反発があればトリプルボトムの展開、なければ下にエクスパンションの流れに注意したいところです。
D4


4、私が使っているインジケーター

レンジに強く、反転しそうになると教えてくれる「SP」
押し目買いと戻り売りポイントを教えてくれるトレンドに強い「NEO」

この二つのインジケーターを他の添付してあるインジケーターと
組み合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【3年連続売り上げナンバー1】


5、ドル円 本日の戦略

本日のドル円は、東京時間は小動きの展開となりそうで105円後半での横ばいの展開となりそうです。動きが出るのは15時以降になりそうで、その際に106円台に乗せてくるのか注目です。

東京市場は明日からは開いてますが日本はお盆休みに入ってますのでどこまで動くのか微妙なところです。市場参加者が減る時はブレイクしにくい傾向がありますが、逆に動き出すとそのまま行ってしまう流れにもなりますので流れには逆らわない様に注意しましょう。

本日の東京時間は様子見予定です。

ポンド円のブログは書き次第、更新致しますm(__)m
D6


6、ポンド円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、138円40付近
2、138円50付近
3、138円65付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
138円30付近

【押し目買いポイント】
1、138円00付近
2、137円85から80付近
3、137円75から70付近
【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


7、ポンド円 日足のエントリーの根拠

今朝のポンド円は若干売り優勢のスタート、138円15付近で推移しています。

木曜日に直近の高値更新に失敗、金曜日に陰線をつけたことで本日は戻り売りに注意したいところですが、すぐ下には10EMA(137円80付近)がありますのでここを割り込むまでは底堅い展開が続きそうです。

日足のポイントは!?

下は、138円00付近、10EMAのある137円80から70付近、ここを割り込んできたら下落に注意して、200日線のある137円40付近、137円00付近、136円80付近。

上は、138円30付近、138円70から75付近、139円00付近、139円20付近。

pd


8、ポンド円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、ボリンジャーバンドがスクイーズしていますのでレンジになる可能性はありますが、+3σにタッチ後に売りが続いていますので下にエクスパンションする可能性も十分ありそうです。

しかも10EMAがミドルラインをデッドクロスしてきていますので138円40付近で越えていけないと戻り売り優勢の展開となりそうです。

-2σ付近で反発があればダブルボトムの展開で切り返してきそうですが、東京時間は動きがあまり期待出来なさそうです。

4時間足のポイントは!?

下は、-2σのある138円00付近、-3σのある137円75付近、ここを割り込んできたら下落に注意して、フィボナッチの38.2%のある137円35から30付近、137円00付近、50%の136円70付近。

上は、10EMAのある138円40付近、ミドルラインのある138円50付近、ここを越えてきたら+1σのある138円75付近、ここで垂れてきたら高値切り下げの展開に注意、+2σのある139円00付近。
P4



9、ポンド円 本日の戦略

本日のポンド円は、東京時間は下は138円00付近、上は、138円40から50付近、この間でのレンジの動きを意識したいところです。

もし138円00を割り込んできたら137円75付近まで下落に注意して、反発があればロングで乗って、反発が弱ければ下抜けに注意したいところです。

60分足のボリンジャーバンドがかなりスクイーズしていますのでミドルラインを分岐点にみたいところです。東京時間はじり下げか横ばいで動き出すのは欧州時間からになりそうかな!?

では皆さん、週明けの月曜日、本日も慎重に頑張りましょう~今週も宜しくお願い致します(#^^#)
P6



ドル円とポンド円 この後の展開は更新したらこちらにアップします!

月曜から金曜日の17時前後に動画をアップ予定です。

★★★3周年記念!!大好評販売中★★★