1、ドル円 週足のエントリーポイント

今週のドル円は105円台前半で底堅い展開、ただ上は-1σのある106円中盤付近で上値が重く伸びきれなかった感じでした。

何とか陽線にはなりましたが先週下ひげ長めのピンバーが出た割には上値が重かった感じがします。

米雇用統計の発表も一先ず終了したことで落ち着きそうな感じはありますが、上値が重かったことを考えると来週から日本はお盆休みに突入しますし、もしかしたらじり下げの時間帯が多くなる可能性もありそうです。

来週はまずは106円台に戻せるのか注目して、106円台に戻して来たら一旦は戻りを試してきそうで、抵抗線のトレンドラインが106円中盤付近に迫っていますので106円中盤付近戻り売りが出るのか様子をみたいところです。次のポイントは横ばいの基準線と下向きの10EMAのある106円70付近が目標となりそうです。

もし上値が重く106円台に乗せられなければ下落に注意して、-2σのある105円80付近でサポートされるのか?もし105円80付近を割り込んできたら105円前半まで下落してくる可能性もありそうですので注意したいところです。

来週は日本がお盆休みに入るので、上は106円中盤付近から下は105円付近までの動きとなるかなと見ています。
dw


2、ドル円 日足のエントリーポイント

日足では、火曜日から続いた陰線が金曜日で切り返してきて陽線をつけていますのでこのまま安値切り上げの動きとなる可能性が出てきました。

週末の金曜日は横ばいの基準線のある106円00付近で上値が重い展開で、週明けの月曜日に基準線を越えて106円台に戻してくればミドルラインのある106円20付近、次は抵抗線のトレンドラインがある106円45から50付近、106円68付近まで戻してきそうです。

金曜日に陽線で切り返してきているので上目線になりそうですが、もし基準線付近で上値が重く垂れてくる展開だと10EMAのある105円80付近、ここでサポートされて上昇して来れば106円台乗せに期待、もし10EMA付近でも反発が弱ければ105円65から60付近までの下落に注意したいところです。

dd


3、ドル円 週明けの戦略

週明けのドル円は、日本がお盆休みで東京市場が休場、窓開けも気になるところですが東京時間は小動きの展開となりそうです。

動き出すのは東京時間が終わる15時以降からになりそうで欧州時間やNY時間も市場が始まった時だけ動いてそれ以降は小動きになる可能性もありますので、もし値幅が狭いなと思ったら無理せず様子見がいいでしょう。

市場が休場の日のトレードは様子見がいい理由!?

D4


4、私が使っているインジケーター

レンジに強いSP!トレンドに強いNEO!

この二つのインジケーターを他の添付してあるインジケーターと
合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【3年連続売り上げナンバー1】


5、ポンド円 週足のエントリーポイント

今週は137円後半で底堅い展開でしたが先週の高値を更新できずに十字陰線が確定、一旦は下落する可能性が出てきています。

抵抗線のトレンドラインを越えてきていたので、一時的にでも直近の高値の139円70付近まで戻す局面があればよかったですが、そこまで届かずに先週の高値付近で押し戻されて138円25付近で引けていますので、来週は戻り売り優勢の展開に注意したいところです。

週足のポイントになりそうなのが!?

下は、今週の安値の137円70付近、次は支持線のトレンドラインのある137円60付近、ここを割り込んできたら137円00付近、10EMAのある付近までの下落に注意したいところです。

上は、90日線のある138円50付近、+2σのある139円00付近。

東京市場が休場なのでレンジの動きになる可能性もありますが、もし今週の安値の137円70付近を割り込んできたら流れに逆らわない様に注意したいところです。

pw


6、ポンド円 日足のエントリーポイント

日足では、木曜日に直近の高値更新を狙うも上ひげで押し戻されて金曜日は陰線が確定、週明けの月曜日は戻り売りに注意したいところです。

ただ137円後半を維持していますので高値保ち合いの状態が続いていますので、東京市場が休場で欧州時間以降も小動きの展開になると下にブレイクすることができずに、下は137円70付近から138円中盤付近の間での値幅の狭い展開になる可能性も考えておきたいところです。

日足のポイントは!?

下は、138円00付近、137円80付近、137円70付近、ここを割り込んできたら下落に注意して、137円40付近、137円00付近、136円80付近。

上は、抵抗線のトレンドラインがある138円50から60付近、138円75付近、139円00付近。

もし戻したとしても高値切り下げの動きに注意したいところです。
pw


7、ポンド円 週明けの戦略

週明けのポンド円は4時間足ではボリンジャーバンドがスクイーズして-2σ付近から反発していますが、60分足で見ると下向きのミドルラインが抵抗線となりそうですので一旦は下落に注意したいところです。

4時間足がボリンジャーバンドがスクイーズしていますので138円00付近では下げ止まる可能性も高そうです。もし138円00付近で反発が弱ければ137円80から75付近までの下落に注意したいところです。

あと8月7日の金曜日の大安に!!

・旧商品の「今までになかった」に一つ「UW_MarketZone」
・新商品の「victory.ver」には二つ「UW_Stochas_Arrow_three」「Ultimate_Auto_Channel_Horizon」を無料追加をさせて頂きました。

チャネルライン(
Ultimate_Auto_Channel_Horizon)のインジにつきましては私が検証した内容の資料がかなりありますのでぜひ使い方を一読して下さい。

■インジケータ―の再ダウンロードの方法につきましては以下を参照して頂けますようお願い致します。
【インジケータ―の再ダウンロード】
ゴゴジャンのマイページ ⇒ 利用するをクリック ⇒ ダウンロード商品をクリック ⇒ 購入したインジケータ―の商品名をクリック ⇒ 商品ファイルをクリックするとPCにダウンロードが始まります。

「商品ファイル」のボタンではなく、DL期限切れとなっている場合は、右にある「再DL申請」を押下して下さい。※翌日以降(休日を挟むと週明け)にサイト運営者側で対応されます。

【インジケータ―の設定方法】

では皆さん、また明日から頑張りましょう~良い週末をお過ごしください(#^^#)
P4



ドル円とポンド円 来週の反発ポイントを見極めろは更新したらこちらにアップします!
※日曜日の17時前後には動画をアップ予定!良かった観て下さい。

★★★3周年記念!!大好評販売中★★★