1、ドル円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、104円80付近
2、105円00付近
3、105円15から20付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
104円90付近

【押し目買いポイント】
1、104円65付近
2、104円50付近
3、104円35付近

【注目の経済指標】
ユーロ 18:00 消費者物価指数 四半期域内総生産 
米国  21:30 個人消費支出 四半期雇用コスト指数 個人消費支出

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


2、ドル円 日足のエントリーの根拠

昨日は日中は105円台で底堅く戻りを試す展開となっていましたが、105円30付近を越えられずNY時間になると再び105円割り込みまさかの安値更新、上ひげの陰線をつけて今朝は104円70付近で推移しています。

本日は、ボリンジャーバンドの-2σの上から始まっていますので-2σがサポートになれば戻りを試す展開となりそうですが、戻したとしても105円00付近では戻り売りに注意したいところです。

昨日も安値を更新したので本日も安値更新には注意、週足も下にエクスパンションしそうなので月末週末ですので月足と週足形成の動きには注意したいところです。

日足のポイントは!?

下は、104円65付近、104円50付近、104円15付近、104円00付近。

上は、105円00付近、105円30付近105円60付近。
dd


3、ドル円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、ボリンジャーバンドがスクイーズからのそのまま下にエクスパンションしそうで、移動平均線も下向きの状況、MACDもまだデッドクロスしてきそうで、-2σにタッチしていますが反発が弱いので下落に注意したいところです。

4時間足のポイントは!?

下は、-2σのある104円65付近、-3σのある104円45付近、104円25から20付近、104円00付近。

上は、104円95から105円00付近、ミドルラインのある105円08付近、105円25から30付近、基準線と+2σのある105円45付近。
D4


4、私が使っているインジケーター

レンジに強く、反転しそうになると教えてくれる「SP」
押し目買いと戻り売りポイントを教えてくれるトレンドに強い「NEO」

この二つのインジケーターを他の添付してあるインジケーターと
組み合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【3年連続売り上げナンバー1】


5、ドル円 本日の戦略

本日は東京時間は戻す可能性もありそうですが戻り売りに注意したいところです。

105円を完全に割り込んだ形となっていますので105円で蓋をされるのか?もし105円付近で上値が重いと105円00付近から104円50付近での動き、東京時間に安値を更新しなくても15時以降に垂れてきたら安値更新に注意して、104円前半までは視野に入れておきたいところです。

ポンド円のブログは書き次第、更新致しますm(__)m
D6


6、ポンド円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、137円20付近
2、137円40付近
3、137円50付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
136円86付近

【押し目買いポイント】
1、137円00付近
2、136円80付近
3、136円60付近

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


7、ポンド円 日足のエントリーの根拠

昨日のポンド円は136円台で強い展開、押し目買い優勢となり直近の高値の136円60付近を越えてくると137円台にあっさりと乗せてきました。

ドル円もそうですが、最近ラウンドナンバーをあっさり抜ける展開が多い気がしますね!?

本日はボリンジャーバンドの+2σの下に位置していますので137円台をキープして+2σを越える動きとなるのか注目です。

日足のポイントは!?

上は、137円20付近、137円40付近、137円70付近、138円00付近。

下は、137円00付近、136円80付近、136円60付近、136円35付近。

pd


8、ポンド円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、ボリンジャーバンドがエクスパンション、移動平均線も大きく上に向いていますので下げたとしても押し目買いが入りそうな展開です。

ただ+3σにタッチした後に+2σの下に落ちてしまっていますので一旦は下落に注意したいところです。

4時間足のポイントは!?

下は、10EMAのある136円70付近、ここで反発してくれば高値保ち合いの展開、136円40付近、ミドルラインと基準線のある136円25付近、ここで反発してくればその後に136円60を越えていければ137円を目指す展開。

上は、+2σのある137円20付近、137円40付近、137円50付近、137円70付近。

P4


9、ポンド円 本日の戦略

本日のポンド円は、4時間足と60分足では一旦垂れてきそうな感じですが、137円台で底堅そうな雰囲気もあり、また週足の目標が138円付近ですので137円台を維持してこの後137円20付近を越えてくればまた上昇の勢いがついてしまう可能性もありそうです。

普通に行けばよくて136円80から60付近まで一旦は下落したからの高値保ち合いの展開になりそうですが、4時間足のMACDがダイバージェンスになっているのも気になるところ。

ただ今のポンド円は勢いがあるので流れには逆らわないで、ポイント付近まで下げたところで押し目買いで攻めたいところです。

週末月末ですので週足と月足形成の動きに注意しましょう!

朝の雰囲気は強そうです!137円20を越えてきてます!

では皆さん、本日も慎重に頑張りましょう~宜しくお願い致します(#^^#)
P6



ドル円とポンド円 この後の展開は更新したらこちらにアップします!

月曜から金曜日の17時前後に動画をアップ予定です。

★★★3周年記念!!大好評販売中★★★