1、ドル円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、106円90付近
2、107円00付近
3、107円20付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
106円94付近

【押し目買いポイント】
1、106円80付近
2、106円65から60付近
3、106円35付近


【注目の経済指標】
特になし

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


2、ドル円 日足のエントリーの根拠

週明けの月曜日、本日は106円80付近から始まって今は106円90付近まで戻している状況。

日足では、ボリンジャーバンドがスクイーズしていて切り上げの-2σ付近にタッチ後に反発、週末の金曜日は下ひげ陰線で確定しています。

-2σから反発していますのでこのまま反転する可能性もありますが、移動平均線が下向き、MACDがデッドクロスしてきていますので戻しても10EMAとミドルライン、25日線が重なっている107円20付近が抵抗線となりそうです。

本日は-1σの下から始まっていますが微妙に上に出そうな感じもあり、ただ直ぐ上にはラウンドナンバーの107円00付近もありますので一度は蓋をされそうです!?

週足の兼ね合いからも基本的には下目線ではいますが逆三尊ポイントからの反発でもありますので107円台に戻してくれば107円20付近まで戻してきそうです。

日足のポイントは!?

上は、106円90付近、107円00付近、107円20付近。

下は、106円80付近、-2σのある106円65から60付近。

dd


3、ドル円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、ボリンジャーバンドと移動平均線が下向きの状況、今の時点だとちょうど-1σと10EMAの付近まで戻していますので一旦は売りが出るのか注目したいところです。

ただ下窓を開けたことで戻してきていますので、このまま戻していく可能性もありますので10EMAのある107円00を越えてきたらミドルラインのある107円20付近を目指す展開になるかもしれません!?

ただ60分足で見ると、+2σが107円付近に迫っていますので107円台に乗せるのは難しいかなと見ていますので、東京時間は上は107円00から下は106円70付近でのレンジの動きを意識したいところです。

4時間足のポイントは!?

上は、10EMAのある107円00付近、ミドルラインのある107円20付近

下は、106円80付近、-2σのある106円65から60付近。-2σを割り込んでくるようであれば-3σのある106円35付近までの下落に注意したいところです。

D4


4、私が使っているインジケーター

レンジに強く、反転しそうになると教えてくれる「SP」
押し目買いと戻り売りポイントを教えてくれるトレンドに強い「NEO」

この二つのインジケーターを他の添付してあるインジケーターと
組み合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【3年連続売り上げナンバー1】


5、ドル円 本日の戦略

本日は戻り売りに注意して一旦は107円00から106円70付近のレンジの動きを意識したいところです。

60分足を軸に見て、ボリンジャーバンドがスクイーズに向かっていますので+2σに先にタッチしたら抵抗線となるのか、-2σにタッチしたらサポートされるのか注目です。

金曜日の安値を更新したら106円35付近までの下落に注意です。
D6


6、ポンド円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、135円20付近
2、135円40付近
3、135円80付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
134円81付近

【押し目買いポイント】
1、135円00付近
2、134円80付近
3、134円60付近

【フィボナッチポイント】
23.6%が134円98付近
38.2%が134円40付近
50%が   133円93付近

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


7、ポンド円 日足のエントリーの根拠

今朝のポンド円は特に大きな窓を開けずに134円後半から始まって、もう既に135円台に回復しています。

日足で見ると、木曜日に目標の+2σに到達した後は売り優勢の展開、金曜日も売りに押されましたが、欧州時間以降は切り返しの展開となり下ひげ陰線をつけて134円後半で引けています。

本日は、10EMAが134円60付近まできていますのでここが下値目処となりそうで底堅い展開となるかなと見ています。

ボリンジャーバンドが若干内側に向いてきていていますので+2σ付近まで上昇したらまた売りが出る可能性もありますので注意しつつ、ただMACDはプラスゾーンに入ってきていますので押し目買い優勢の展開が続きそうです。

+2σ付近まで上昇した後に売りがでないようであれば上にエクスパンションする流れに期待したいところです。

日足のポイントは!?

上は、金曜日の始値の135円15付近、これを越えてきたら135円45付近、135円75から80付近、もしここを越えてきたら136円00付近、ここでも戻り売りには注意して、136円50付近

下は、134円70付近、10EMAのある134円60付近、もしここを割り込んできたら注意して、134円20から15付近、134円00付近。
pd


8、ポンド円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、ボリンジャーバンドがスクイーズしていて移動平均線は横ばい状態、一旦は値幅が限定されそうですので、上ブレイクはすぐにはなさそうな感じでレンジの動きを意識したいところです。

朝の時点では-1σをサポートにミドルライン付近まで上昇していますので、この後ミドルラインのある135円07付近を越えていければ135円30から40付近まで上昇してきそうです。

もしミドルラインで上値を抑えられているようであれば始値の134円80付近、134円60付近までの下落に注意したいところです。

4時間足のポイントは!?

上は、ミドルラインのある135円07付近、135円30付近、135円40から45付近、+2σのある135円70付近。

下は、-1σのある134円80から75付近、134円60付近、200日線と-2σのある134円45付近
P4


9、ポンド円 本日の戦略

本日のポンド円は押し目買いが優勢になるかなと見ていて、朝の時点では135円台に乗せていますので135円台をキープ出来るのか注目です。

135円台をキープしていれば135円中盤付近を目指す展開、もし135円を割り込んだら日足の10EMAのある134円60付近でサポートされるのか注目です。

上昇しても三尊ポイント135円40付近ダブルトップ135円80付近は意識しておきましょう。

では皆さん、本日も慎重に頑張りましょう~今週も宜しくお願い致します(#^^#)
P6



ドル円とポンド円 この後の展開は更新したらこちらにアップします!

月曜から金曜日の17時前後に動画をアップ予定です。

★★★3周年記念!!大好評販売中★★★