1、ドル円 週足のエントリーの根拠

今週は、10EMAの下から始まってミドルライン付近まで上昇しましたが下向きのミドルラインに上値を抑えれて下落、陰線をつけて106円95付近で引けています。

先週と先々週に陽線を付けていましたが更に上昇できずに陰線をつけてきたので、来週は下落に注意したいところです。

ただ今週の下値は-1σと基準線のある106円70から60付近でサポートされている状況なので、週明けは-1σと基準線のラインで踏ん張る可能性もあり、そうなると下降三角型になり更に値幅の狭い展開になる可能性もありそうです。

週足のポイントは!?

上は、10EMAのある107円45付近、ミドルラインのある107円70付近、25日線のある108円00付近

下は、-1σと基準線のある106円70から60付近、106円45付近、この辺を割り込んできたら値幅も意識しつつ下落に注意して、106円15付近、106円00付近、-2σのある105円70付近。

dw


2、ドル円 日足のエントリーの根拠

日足では、ボリンジャーバンドがスクイーズしていて切り上げの-2σ付近にタッチ後に反発、週末の金曜日は下ひげ陰線で確定しています。

-2σから反発していますのでこのまま反転する可能性もありますが、移動平均線が下向き、MACDがデッドクロスしてきていますので週明けも-1σの下から始まるとまた上値が重くなり、-2σ付近まで下落後に踏ん張るのかといった展開となりそうです。

週足の兼ね合いからも基本的には下目線ではいますが、反発したポイントは逆三尊ポイントでもありますので107円台に戻してくればといった感じもあります。ただ107円台に戻しても下向きのミドルラインや10EMA、25日線が抵抗線となり107円前半では戻り売りが出そうです。


週明けの月曜日に意識したいポイント!?

・-1σの下、上どちらから始まるのか?
・107円台に戻してきたら10EMA等を越えていけるのか?
・金曜日の安値(106円65から60付近)を更新するのか?

この辺に注目したいところです。
dd


3、ドル円 週明けの戦略

週明けのドル円は、窓開けは若干下窓かなと見ていますが、4時間足と60分足で見ると下げても一旦は下げ渋りそうな感じもあります。

なので、東京時間は上は107円00付近から下は106円80から70付近、この間での動きを意識して、抜けた方について行くイメージ。

で欧州時間はおそらく動いてくると思いますので戻していくのか、下抜けするのか注目したいところです。
D4


4、私が使っているインジケーター

レンジに強いSP!トレンドに強いNEO!

この二つのインジケーターを他の添付してあるインジケーターと
合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点等が記載されてます!

【3年連続売り上げナンバー1】


5、ポンド円 週足のエントリーの根拠

今週は上向きの10EMAとミドルラインのある134円00付近で底堅い展開で上昇、下向きの25日線のある135円後半付近では売りに押されて上ひげのある陽線をつけて134円90付近で引けています。

週末は若干売り優勢の展開で終了しましたが、来週は10EMAが更に上にきて基準線のある付近まで上がってきそうなので、週明けの月曜日は134円中盤から前半では底堅い展開が続くかなと見ています。

三角保ち合いの中にもはまりそうな週になりそうなので、135円付近で上値が重いと134円前半付近、月曜日に売り優勢になると火曜日以降には133円中盤付近までの下落する展開もあるかもしれません!?

基本的には基準線のある134円45付近や10EMAのある134円20から00付近では底堅い展開で135円台に戻せるのか、抵抗線のトレンドラインのある135円20付近を越えていければ135円後半を目指す展開となりそうです。

pw


6、ポンド円 日足のエントリーの根拠

日足で見ると、木曜日に目標の+2σに到達した後は売り優勢の展開、金曜日も売りに押されましたが、欧州時間以降は切り返しの展開となり、下ひげ陰線をつけて134円後半で引けています。

10EMAが25日線をゴールデンクロスしていますので134円中盤付近では買いも入っていたので、週明けの月曜日も134円中盤付近では底堅い展開となるかなと見ています。

窓開けも気になるところですが、+1σのある134円90より上で始まれば上昇して135円台に乗せてきそうですが、もし+1σの下で始まってしまうと一旦は下落してから10EMAのある付近でサポートされるのか様子を見てからの展開となりそうです。

+2σ付近で上ひげ陰線が出たことで売りが意識されそうですので念のため注意しつつも、このまま折り返していければ今度は上にエクスパンションする流れにもなる曲面です。

あと週明けの月曜日に注意したいのが、一目均衡表の雲の上限のポイントですね!月曜日はおそらく雲の上から始まると思いますが、雲が切りあがってはいるものの雲が薄くなっているポイントですので月曜日に雲の中に入ってしまうと火曜日に雲の下に位置して上値が重い展開になる可能性もあります。

pd


7、ポンド円 週明けの戦略

週明けの月曜日はいつも通りに窓上げの様子をみて、週足や日足、4時間足等を見てどのポイントから始まるのか注目です。

基本的には押し目買いが入ると思いますが、週明けは下窓を開けてくればそのまま上昇していく展開にもなりそで、窓開けがそれ程なければ一旦は下落に注意したいところです。

では皆さん、また明日から頑張りましょう~良い週末をお過ごしください(#^^#)
P4



ドル円とポンド円 来週の反発ポイントを見極めろは更新したらこちらにアップします!

※日曜日の17時前後には動画をアップ予定!良かった観て下さい。

★★★3周年記念!!大好評販売中★★★