1、ドル円 週足のエントリーの根拠

今週は107円00付近で底堅い展開、ただ上値も下向きのミドルラインと25日線付近が抵抗線となって上値が重い展開となって何とか陽線をつけて107円50付近で引けています。

ボリンジャーバンドと移動平均線が下向き、陽線が二週続いたので来週も戻りを試す展開になりそうですが、108円付近では戻り売り優勢となっていたので週明けの始まるポイント次第では下落に向う展開も想定しておきたいところです。

週明けに10EMAの下から始まるのか?上から始まるのか?まずは注目して…

10EMAのある107円60より下から始まれば、上目線でミドルラインのある107円80付近、108円00付近、25日線のある108円15付近。

10EMAのある107円60より上から始まれば、一旦は下目線で107円30から25付近、107円10付近、107円00付近、今週の安値の107円を割り込んできたら基準線のある106円70付近、106円45付近までの下落に注意したいところです。

dw


2、ドル円 日足のエントリーの根拠

日足では、週末の金曜日は米国市場が休場だったために小動きの展開となり下は10EMAと上は90日線の間で小動きの展開となっていました。

週明けの月曜日もおそらく10EMAと90日線の間からのスタートになりそうで、東京時間にどちらに向かうのかまずは注目したいところです。

90日線を越えて上に抜けたとしてもボリンジャーバンドがスクイーズに向かっていますので+1σのある付近が抵抗線となりそうですので上値が重くなりそうです。

10EMAを割り込んで下落した場合はミドルラインが下向いていますのでそのままストーンと落ちる展開になりそうですが-1σ付近ではしぶとく反発してくる展開にもなりそうです。

MACDがゴールデンクロスしているにもかかわらず弱い展開が続いていますので10EMAを割り込んできたら下落に注意したいところです。
 
dd


3、ドル円 週明けの戦略

週明けの月曜日は金曜日の米国市場が休場だったこともあり窓開けもそれ程なさそうな感じもします。

日足の90日線と10EMAの間が狭まっていますので週明けの月曜日はどちらかに振れてきそうですので、10EMAのある107円40付近でサポートされて上昇するのか?90日線のある107円60付近が抵抗線となり下落に向うのか注目したいところです。

4時間足チャートで見ると週明けの月曜日は一旦は垂れてきそうな感じもします。

あと米国の新型コロナウイルスの新規感染者数が1日に5万人を超えて過去最多となっているようで、感染再拡大への懸念が高まっていますのでこの辺が相場に影響する可能性も考えておきたいところです。


4、私が使っているインジケーター

レンジに強いSP!トレンドに強いNEO!

この二つのインジケーターを他の添付してあるインジケーターと
合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【二年連続売り上げナンバー1】


5、ポンド円 週足のエントリーの根拠

今週は132円付近で底堅い展開で戻りを試す展開となっていましたが下向きのミドルラインが抵抗線となって若干押し戻された形となり基準線の下の134円15付近で引けています。

週明けの月曜日の窓開けがどうなるかがポイントですが…

基準線の上(134円40付近)から始まれば更に上昇してきそうですが、基準線の下(134円40付近)から始まるようだとまた上値が重い展開となり一旦は下落に向う可能性が高まりそうです。

ただ三角保ち合いの中にはまっていますので底堅い展開にはなりそうですので、下は10EMAのある133円75付近や支持線のトレンドラインのある133円前半付近では反発してくるのか様子をみたいところです。

もしすんなり上昇して基準線を越えてくればそのまま流れについていって25日線のある136円付近を目指す展開になりそうです。

来週の足の形成次第でこのまま戻していくのか、また下落に向うのか決まってきそうな感じがします。
pw


6、ポンド円 日足のエントリーの根拠

日足では、週末の金曜日は上向きの10EMA付近では底堅い展開でしたが、下向きのミドルライン付近では上値が重い展開、下ひげ陽線を付けて134円15付近で引けています。

ポンド円は窓開けが大きくなることもありますのでまずはどこから始まるのか注目して、週明けの月曜日にミドルラインの位置を見て、レートがミドルラインの上であれば上目線、もし下窓を開けてミドルラインの下に追いやられていれば下目線。

金曜日に下ひげ陽線で確定していますので下窓を開けても反発してくるのではないかなと見ていて、週明けの月曜日はおそらくミドルラインの上から始まって底堅い展開となり、再び25日線を目指す展開になるのかなと見ています。

pd


7、ポンド円 週明けの戦略

週明けの月曜日は、日足のミドルラインの位置を確認、あとは134円台を維持できるのかにも注目して、週末の金曜日に意識されていた直近の高値の134円20付近を越えていければ更に続伸に期待して4時間足の+2σのある134円中盤付近でどうなるのか様子をみたいところです。

では皆さん、明日からまた頑張りましょう~良い週末をお過ごしください(#^^#)



ドル円とポンド円 来週の反発ポイントを見極めろは更新したらこちらにアップします!
※日曜日の17時前後には動画をアップ予定!良かった観て下さい。

★★★3周年記念!!大好評販売中★★★