1、ドル円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、107円55付近
2、107円65付近
3、107円75付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
107円51付近

【押し目買いポイント】
1、107円35付近
2、107円25から20付近
3、107円08付近


【注目の経済指標】
特になし
米国が休場です。

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


2、ドル円 日足のエントリーの根拠

昨日は変則の米雇用統計がありましたが、チャートのポイント的に動いてくるかなと見ていましたがほぼいつもと変わらずの小動き。一応陽線を付けて107円50付近で引けていますが、戻り売り優勢の展開で本日も昨日と同じポイント付近からのスタートとなっています。

本日も上は90日線(107円55付近)と下は10EMA(107円40付近)を意識してここを越えて方向について行くイメージで考えていますが、上は下向きの+1σのある付近には抵抗線のトレンドラインもあり、107円70付近では上値が重くなりそうです。

下は10EMAを割り込んでくるとミドルラインが107円25付近にありますが、ミドルラインは下向いていますのであっさりと抜ける可能性もありそうです。

今晩の米国が休場、週末の金曜日の為にもしかしたら上は90日線(107円55付近)と下は10EMA(107円40付近)この間での動きになる可能性もありそうですが、基本的には下目線でじり下げ展開に注意したいなと見ています。

市場が休場の日のトレードは様子見がいい理由!?

dd


3、ドル円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、 ボリンジャーバンドと移動平均線が横ばいで方向感がない動き、高値切り下げの動きになっていてMACDがデッドクロス中、10EMAの下に位置していますので一旦は下落に注意したいところです。

もし下落しても107円35付近踏ん張る展開となれば下降三角型に収まる展開となりそうで、もし107円35付近を割り込んできたら-2σのある107円25から20付近、-3σのある107円08付近まで。

上は107円55から60付近まで、もし三角の上限のある107円65付近を越える展開となれば107円75付近まで。
D4


4、私が使っているインジケーター

レンジに強く、反転しそうになると教えてくれる「SP」
押し目買いと戻り売りポイントを教えてくれるトレンドに強い「NEO」

この二つのインジケーターを他の添付してあるインジケーターと
組み合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【二年連続売り上げナンバー1】


5、ドル円 本日の戦略

本日は週末の金曜日と米国が休場と言う事もありいつも以上に小動きの展開となりそうです。

NY市場が休場となると他の市場も動きが乏しくなりそうで上値が重く、昨日の高値は更新できないような感じもします。

そうなってくると週明けの月曜日の日足はかなり厳しい位置からのスタートになるかもしれません!?

昨日の安値の107円35付近を割り込んできたらじり下げの展開も想定しておきたいところです。

ポンド円のブログは書き次第、更新致しますm(__)m
D6


6、ポンド円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、134円20から25付近
2、134円40付近
3、134円60付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
134円17付近

【押し目買いポイント】
1、134円00付近
2、133円85から80付近
3、133円65から60付近

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


7、ポンド円 日足のエントリーの根拠

昨日は25日線のある134円70付近まで上昇してきましたがその後は戻り売り優勢の展開。昨日高止まりすればミドルライン、または25日線の上に乗っていたことを考えると今日は戻り売りに注意したいところです。

本日は下向きのミドルライン(134円15から20付近)が抵抗線となりそうで、下は134円00付近でサポートされるのか注目です。

下向きのミドルラインがきつそうなので134円00を割り込んできたら下落に注意して、上向きの10EMAのある133円65から60付近、ここではサポートされるか様子見、もしここを割り込んできたら133円30付近、133円00付近、-1σのある132円60付近

米国が休場でポンド円も小動きになれば上はミドルラインから下は10EMA付近の間での動きとなるかもしれません!?
pd


8、ポンド円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、ボリンジャーバンドと移動平均線が上向いていますが、MACDがデッドクロスしてきそうなのでそろそろ下落に注意したい局面です。

ただ下には10EMAと200日線がありますのでまだ踏ん張る可能性もありますので、もし東京時間に一旦+1σのある134円20付近まで上昇してその後に垂れてきて134円00割り込んできたら下目線となりそうです。

もしこのまま134円00を割り込んでくれば90日線とミドルラインのある133円60から55付近、この付近でサポートされていれば133円60付近から134円00付近の間での動きを意識して。

基準線のある133円35付近で反発があれば133円35付近から133円60から65付近の間での動きを意識したいところです。

もし売りが強くなっても4時間足では133円00付近位までかなと見ています。

P4


9、ポンド円 本日の戦略

本日は日足の下向きのミドルライン(134円20付近)と、4時間足の10EMA(134円00付近)どちらを抜けるか注目です。

ポンド円は昨日までは買いが強かったですが、昨日のNY時間から売り優勢の展開で本日の米国市場が休場だったこともあり手仕舞いが出たのかもしれません!?

そうなると今日も各市場で手仕舞いが出る可能性もありそうですので134円を割り込んできたら注意しましょう。

60分足だと10EMAを越えてくるのか?もし越えたとしてもミドルラインのあるポイントで上値が重く垂れてきたらその後は下落に注意、このまま下落しても-2σがすぐ下にありますので反発してくる可能性もあるかもしれません!?

では皆さん、本日も慎重に頑張りましょう~宜しくお願い致します(#^^#)
P6



ドル円とポンド円 この後の展開は更新したらこちらにアップします!

本日は、米国市場が休場のため相場に動きが乏しいので動画はお休みさせて頂きますm(__)m


★★★二周年記念!!大好評販売中★★★