1、ドル円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、107円55付近
2、107円70から75付近
3、107円90付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
107円66付近

【押し目買いポイント】
1、107円35付近
2、107円15付近
3、107円08から03付近

【注目の経済指標】
米国 21:00 平均時給
   21:00 非農業部門雇用者数変化
   21:00 失業率

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


2、ドル円 日足のエントリーの根拠

昨日のドル円は、朝一に108円前半まで上昇した後は107円70付近まで急落した後はじり下げの弱い展開になって上ひげ陰線が確定、今朝は107円40付近で推移しています。

本日は高値を切り下げ、再び抵抗線のトレンドラインの下、支持線のトレンドラインの下に位置していますので上値が重くなりそうなので下落に注意したいところ。

ただミドルラインと10EMAの上から始まっていますので10EMAを割り込んできたら下落、10EMA付近でサポートされて90日線を越えてきたら戻りを試す展開をイメージしたいところです。

日足のポイントは!?

下は、10EMAのある107円35付近、一目均衡表の雲の下限のある107円25付近、107円00付近、106円85付近。

上は、90日線のある107円55付近、107円70付近、107円90から95付近。

dd


3、ドル円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、ボリンジャーバンドがスクイーズに向かっていて、25日線付近で下げ渋って横ばいの展開、10EMAがミドルラインをデッドクロスしそうなので107円55付近では上値が重くなりそうです。

この後、107円35付近を割り込んできたら下落に注意して、-1σのある107円30付近、90日線のある107円15付近、-2σのある107円08から03付近まで。

この後一旦は上昇して107円55付近までいくかもしれませんが、その後に垂れてきたら下落に注意したいところです。

本日は4時間足で見ると上は107円55付近から下は107円08付近でのレンジになりそうな感じがします。

D4


4、私が使っているインジケーター

レンジに強く、反転しそうになると教えてくれる「SP」
押し目買いと戻り売りポイントを教えてくれるトレンドに強い「NEO」

この二つのインジケーターを他の添付してあるインジケーターと
組み合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【二年連続売り上げナンバー1】


5、ドル円 本日の戦略

本日のドル円は一旦は下落に注意して、107円付近でサポートされるのか注目です。

60分足で見るとボリンジャーバンドがスクイーズしていますので下げ渋る可能性もありそうですのです。

-2σのある107円35付近にタッチした後の反発の勢いがあるのか?反発が弱ければそのまま下落にむかいそうなので4時間足のポイント付近までは逆らわない様に注意したいところです。

あと今晩は変則日程で米国の雇用統計もありますので日中は雇用統計発表待ちになるかもしれません!?

ポンド円のブログは書き次第、更新致しますm(__)m
D6


6、ポンド円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、134円20付近
2、134円37から40付近
3、134円60付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
133円74付近

【押し目買いポイント】
1、133円65から60付近
2、133円55付近
3、133円00付近

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


7、ポンド円 日足のエントリーの根拠

昨日のポンド円は、日中は弱い展開でしたが132円付近では底堅い展開、NY時間以降はしっかりと戻してきて下ひげ陽線をつけて今朝は134円付近で推移しています。

本日は10EMAとミドルラインの間で始まっていますので、一旦は下落して10EMAにタッチしてからの反発になるのか?そのまま下向きのミドルライン付近まで上昇してから一旦は下落して134円台を維持する展開になるのか注目です。

4時間足や60分足を見るとダイバー気味に上昇していますので一旦は下落に向いそうなので10EMAのある133円65から60付近でサポートされるのか様子見。

その時に売りが強いようであれば流れに逆らわない様に注意して、5分足辺りでダブルボトムか安値切り上げになるまではロングエントリーには注意してもいいかなと思います。

この後もし134円台を維持して上昇してきたらミドルラインのある134円37から40付近まで、ここでは一旦は戻り売りも出そうで、もし突っ込んでも134円50付近まで。
pd


8、ポンド円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足で見ると、ボリンジャーバンドと移動平均線が上向き流れは上目線になっていますが、無理やり伸びている感じもして、+2σの内側に来てしまっているので一旦は下落に注意したいなと見ています。

ただ朝の時点だと一目均衡表の厚い雲の上限の上にいますので134円台を維持していれば雲の上で動く可能性もありそうです。

134円台を割り込んで雲の中に入ってしまったら200日線のある133円78付近、90日線と+1σのある133円65付近、10EMAのある133円55付近、このどれかでサポートされるか様子見して、もし反発が弱ければ133円前半までの下落に注意したいところです。

134円台を維持して上昇してきたら昨日の高値の134円25付近、+2σのある134円35付近まで。
P4


9、ポンド円 本日の戦略

本日は日足の10EMAとミドルラインの間での動きを意識しておきたいところです。

8時から8時半位で上値が重かったら下落に注意して、60分足の10EMAのある133円95付近を目安にして割り込んできたら133円65から60付近まで様子をみたいところです。

基本買い優勢の展開にはなりそうですが、60分足がダイバー気味ですので一旦上げたとしてもその後売りが強まってきたら流れに逆らわない様に注意しましょう。

では皆さん、本日も慎重に頑張りましょう~宜しくお願い致します(#^^#)
P6



ドル円とポンド円 この後の展開は更新したらこちらにアップします!

月曜から金曜日の17時前後に動画をアップ予定です。

★★★二周年記念!!大好評販売中★★★