1、ドル円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、107円00から08付近
2、107円15付近
3、107円30付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
106円93付近

【押し目買いポイント】
1、106円70付近
2、106円60から55付近
3、106円35付近

【注目の経済指標】
日本 08:30 全国消費者物価指数
   08:50 日銀・金融政策決定会合
米国 26:00 パウエル米連邦準備理事会議長発言 

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


2、ドル円 日足のエントリーの根拠

昨日は朝から戻り売り優勢の展開、東京時間はもしかしたら107円付近で踏ん張ってくるかもと思っていたんですがあっさりと安値を更新、106円70付近まで下落後は106円後半での推移となり、陰線をつけて今朝は106円95付近で推移しています。

ボリンジャーバンドが少しずつエクスパンション、MACDがマイナスゾーンに入ってきていて、移動平均線も下向いてきていますので本日も戻り売りには注意したいところです。

ボリンジャーバンドの-1σの下からのスタートしていますので、本日も-1σ(107円00付近)が抵抗線となりそうでこれを越えて行けるのか注目して、もし107円付近で上値が重く垂れてきて106円70付近を割り込んできたら安値更新には注意したいところです。


日足のポイントは!?

上は、-1σのある107円00付近、一目均衡表の雲の上限のある107円20付近、10EMAのある107円30付近、ここを越えてくれば107円45付近、107円60付近

下は、106円70付近、一目均衡表の雲の下限のある106円45付近、106円35付近、-2σのある106円25付近。
dd


3、ドル円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、ボリンジャーバンドがエクスパンションしていましたが106円70付近で下げ渋って反発している状況です。

移動平均線は下向き、MACDは横ばいになってきていますので判断しにくい状況、基本戻り売りには注意したいところですが、下げ渋っていますのですぐ上にある10EMAを越えてくるのかで、戻りを試す展開かそのまま下落かの判断をしたいところです。


4時間足のポイントは!?

上は、10EMAのある107円00付近、ここを越えてきたら戻りを試す展開になりそうで、次に抵抗線のトレンドラインのある107円08付近、基準線やミドルラインのある107円15付近、+1σのある107円40付近。

下は、106円90付近、ここを割り込んだら再び下落に注意して、次に106円80付近、-2σのある106円70付近、106円55付近。
D4


4、私が使っているインジケーター

レンジに強く、反転しそうになると教えてくれる「SP」
押し目買いと戻り売りポイントを教えてくれるトレンドに強い「NEO」

この二つのインジケーターを他の添付してあるインジケーターと
組み合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【二年連続売り上げナンバー1】


5、ドル円 本日の戦略

本日はまず107円台に乗せるのか、107円台に乗せられずに垂れてくるのか、この後東京市場の反応を見たいところです。

ドル円は値幅も狭いので大体30pipsの値幅での値動きが続いて、下にブレイクしそうでもなかなかしないので微妙なところです。

週末でもありますので週足形成の動きもありそうで、下は基準線と-1σのある106円70付近でサポートされていますのでこれを割り込んできたら更に下落に注意したいところです。

ポンド円のブログは書き次第、更新致しますm(__)m
D6


6、ポンド円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、133円00付近
2、133円25から30付近
3、133円50付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
133円28付近

【押し目買いポイント】
1、132円70から60付近
2、132円45付近
3、132円00付近

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


7、ポンド円 日足のエントリーの根拠

昨日のポンド円は戻り売り優勢の展開で安値を更新、支持線のトレンドラインのある132円前半まで下落して長めの陰線が確定、今朝は132円後半で推移しています。

良いポイントまで下落したのと、今朝は-1σに乗っていますので-1σでサポートされるのか注目して、本日は戻りを試す展開に期待したいところです。

昨日はかなり下落にしたにも関わらず反発が弱い感じで15分足辺りでは安値保ち合いが続いています。

-1σのある132円70付近を割り込んできたら支持線のトレンドラインのある132円40付近までの下落に注意したいところです。

-1σのある
132円70付近でサポートされて133円台に戻してくれば戻りを試す展開に期待、133円25から30付近、この付近では一旦は戻り売りに注意して、その後133円台をキープできれば133円中盤から後半を目指す展開、次に133円60付近、134円00付近、25日線のある134円15付近、90日線のある134円40付近。
pd



8、ポンド円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、ボリンジャーバンドがエクスパンション、移動平均線も下向いていますので戻しても戻り売りには注意したいところです。

MACDを見るとダイバージェンス気味に下落していますので、今朝の時点だと-2σの内側に戻してきていますので東京時間は戻りを試す展開になる可能性もありそうです。

ただ下降ウエッジを下抜けした形となっているので133円台に乗せていけるのか注目です。

4時間足のポイントは!?

上は、133円00付近、200日線のある133円40付近、10EMAのある133円50付近、この付近では戻り売りに注意、この付近で上値が重いと133円00付近から133円中盤付近での動きとなりそうです。

もし133円50付近を越えてきたら134円00付近、134円中盤付近まで戻してくる可能性もありそうです。

下は、132円60付近、-2σのある132円45付近、ここではサポートされるか様子見、ここを割り込んできたら132円00付近、131円75付近

P4


9、ポンド円 本日の戦略

本日は戻りを試す展開に期待して、ポイントがわかりやすいのでポイントを意識しつつエントリーや利確をしていきたいところです。

週末の金曜日で週足形成の動きで大きく動いてくるかもしれませんのでポンド円はいつも以上に逆張り注意。

下位足で反転の兆しを確認してからエントリーしていきましょう。

※ここだけですがブログを書きながらも132円80付近でロングを仕込みました(笑)利確は133円付近で様子見、勢いが良ければそのまま保有して133円25付近で利確予定。逆指値は132円65付近。

では皆さん、週末の金曜日、本日も慎重に頑張りましょう~宜しくお願い致します(#^^#)
P6



ドル円とポンド円 この後の展開は更新したらこちらにアップします!

月曜から金曜日の17時前後に動画をアップ予定です。

★★★二周年記念!!大好評販売中★★★