1、ドル円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、107円06付近
2、107円15付近
3、107円25から30付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
107円13付近

【押し目買いポイント】
1、106円95付近
2、106円80付近
3、106円55から50付近

【注目の経済指標】
イギリス 20:00 イングランド銀行 金利発表、英中銀資買取プログラム

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


2、ドル円 日足のエントリーの根拠

昨日は結局高値を切り下げて陰線が確定、本日は-1σの下で107円00付近で推移しています。

ボリンジャーバンドが少しエクスパンションしてきて、移動平均線が下向きの状況、MACDもマイナスゾーンに入ってきていますので、本日は下落に注意したいところです。

ただ107円付近は踏ん張っていますのでどこまで持ちこたえられるか注目。


日足のポイントは!?

上は、-1σのある107円06付近、ここを越えられれば、一目均衡表の雲の上限がある107円20付近、10EMAのある107円35から40付近

下は、107円00から106円95付近、一目均衡表の雲の下限がある106円50から45付近、106円38付近、106円00付近。


※上にある-1σのある107円06付近を越えてきたら10EMA付近まで戻りを試す展開、その後垂れてきたら注意して。下は106円90付近を割り込んできたら下落が加速するかもしれません。
dd


3、ドル円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、ボリンジャーバンドがエクスパンション、移動平均線も下向いていて、MACDもデッドクロスしてきましたので下落に注意、もし戻したとしても戻り売りには注意したい局面です。

4時間足のポイントは!?

上は、+2σのある107円04付近、基準線のある107円10付近、-1σのある107円15付近、この付近まで戻した後に垂れてきたらその後は安値更新に注意して、10EMAのある107円20付近、ミドルラインのある107円30付近

下は、106円95から-3σのある106円90付近、106円80付近、106円55付近、ここでは反発してくるか様子見、この付近から戻すとダブルボトムの展開で、その後107円で蓋をされるのか、107円台に戻していけるのか注目。

もし106円55から50付近を割り込んだら106円35付近、106円00付近まで。
D4


4、私が使っているインジケーター

レンジに強く、反転しそうになると教えてくれる「SP」
押し目買いと戻り売りポイントを教えてくれるトレンドに強い「NEO」

この二つのインジケーターを他の添付してあるインジケーターと
組み合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【二年連続売り上げナンバー1】


5、ドル円 本日の戦略

本日のドル円は、東京時間は戻したとしてもその後は戻り売りに注意したいところです。

ただ日中は昨日と同じように小動きになったらポイントまで戻すまでは戻り売りは注意して、欧州時間以降に安値を更新してくるのか注目。

107円のラウンドナンバーでしぶといので本日は安値を更新してくるのか?安値切り上げた形となりまた戻していけるのか?

ドル円は、NYダウが上昇している時はついていけなかった感じで、NYダウが下げると敏感に反応している感じですので、今晩のNY時間の株価の値動きにも注視しておきましょう。

ポンド円のブログは書き次第、更新致しますm(__)m
D6


6、ポンド円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、134円50から55付近
2、134円85付近
3、135円00付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
134円54付近

【押し目買いポイント】
1、134円30付近
2、134円15から10付近
3、134円00付近

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


7、ポンド円 日足のエントリーの根拠

昨日は下は25日線と上は10EMAの間での推移となり、売りが強く陰線で確定、今朝は90日線の下の134円前半での推移しています。

ミドルラインが上向いていましたが、下向きの10EMA付近では売りが強く、ミドルラインと90日線の下で推移していますので本日も戻り売りには注意したいところです。

25日線のある134円10付近では底堅い展開となっているようですので、もし90日線を越えてくれば一旦はミドルラインや10EMA付近まで戻してくる可能性もありそうです。

90日線付近で上値が重く垂れてきたら25日線のある134円10付近や134円00を割り込んでくれば133円前半までの下落してきそうです。


日足のポイントは!?

上は、90日線のある134円50付近、ミドルラインのある134円85付近、10EMAのある135円00付近

下は、25日線のある134円10付近、ラウンドナンバーの134円00付近、133円50付近、133円25付近、133円00付近。
pd


8、ポンド円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、ボリンジャーバンドが横ばいでレンジになりそうで、ただ10EMAがミドルラインをデッドクロスしていて、MACDもデッドクロスしていますので10EMAのある134円中盤付近で上値が重く垂れてきたら下落に注意したいところです。

ただ-2σ付近まで下落した後に反発してくればトリプルボトムの展開になりますので、もし反発してくればその後は流れに逆らわない様に注意したいところです。

あと下降ウエッジにはまっているようなのでもし上抜けしてきたら戻していく可能性もあります。


4時間足のポイントは!?

上は、下降ウエッジの上限のある134円50から55付近、10EMAのある134円70付近、ミドルラインのある134円85付近、これを越えてくれば戻りを試す展開になってきそうで、135円00付近、135円50付近まで。

下は、134円30付近、134円10付近、134円00付近、-2σのある133円80から75付近、ここでは反発してくるか様子見、反発してくるようであれば流れに乗って、134円台を回復すれば戻りを試す展開、134円付近で蓋をされたら安値更新に注意したいところです。
P4


9、ポンド円 本日の戦略

本日のポンド円は、日足の90日線を越えて行けるのか注目、この後東京時間に更に戻していくのか?垂れてくるのか?

基本的には戻り売りに注意したいところですが、4時間足が下降ウエッジ、60分足ではチャネルの中にハマっているようなので、もし上抜けしてきたら上に突き抜けてくるかもしれませんので。

レートは134円55付近が目安、4時間足では次の足がどのポイントで確定するのか?60分足では21時の足がミドルラインの上に乗せられるのか注目です。

では皆さん、本日も慎重に頑張りましょう~宜しくお願い致します(#^^#)
P6



ドル円とポンド円 この後の展開は更新したらこちらにアップします!

月曜から金曜日の17時前後に動画をアップ予定です。

★★★二周年記念!!大好評販売中★★★