1、ドル円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、108円40から48付近
2、108円70付近
3、108円85付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
108円78付近

【押し目買いポイント】
1、108円20付近
2、108円10から00付近
3、107円90付近


【注目の経済指標】
ユーロ 18:00 四半期域内総生産
米国 FOMC一日目

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


2、ドル円 日足のエントリーの根拠

週明けの月曜日は109円中盤付近で小動きの展開、下げそうで下げない我慢の展開が続いていました。

今朝起きてチャートを見てビックリ!まさかのNY時間に108円前半まで一気に落ちてるじゃないですか!?真面目にすぐ寝たのでNY時間はほぼ見てませんでした。

ドル円は利益確定売りを狙った円買いが強まったそうです。

日足で長い陰線とつけて今朝は109円40付近で推移していて、10EMAと200日線の下、90日線の上に位置しています。

昨晩売りが強くもう少しゆっくり落ちてくれたらよかったんですが、108円前半まで下げているのに反発が弱め、こうなると本日も戻り売り優勢でブレイクポイントの108円10や00付近までしっかり下げてからになるかもしれません!?


日足のポイントは!?

下は、90日線のある108円20付近、108円10から07付近、108円00付近、基準線と25日線、支持線のトレンドラインがある107円93付近。

上は、10EMAと200日線のある108円40付近、+1σのある108円60付近、108円70付近、109円00付近、109円20付近。
dd


3、ドル円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、一気に急落してポイントとなる108円40付近も割り込んでいる状況、ボリンジャーバンドの-2σ付近でも反発が弱い状況です。

戻り売りが出そうな状況ではありますが+2σ付近から一気に-2σ付近まで下落していますので一旦は戻りを試してきそうです。


4時間足のポイントは!?

上は、108円40から48付近、ここを越えてきたら抵抗線のトレンドラインと-1σのある108円70付近、108円85付近、108円70から85付近では戻り売りに注意したいところで、25日線、基準線、、ミドルラインのある109円00付近まで。

下は、108円20付近、108円10付近、108円00付近、-3σのある107円90付近、107円75付近
D4


4、私が使っているインジケーター

レンジに強く、反転しそうになると教えてくれる「SP」
押し目買いと戻り売りポイントを教えてくれるトレンドに強い「NEO」

この二つのインジケーターを他の添付してあるインジケーターと
組み合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【二年連続売り上げナンバー1】


5、ドル円 本日の戦略

本日は、基本戻り売りが優勢になりそうですが、東京時間が始まってからの流れについて行くようなイメージ!

108円40付近を越えてきたら一旦は戻りを試す展開で108円70から85付近まで。

108円20を割り込んできたら108円00付近で反発するのか!?反発が弱ければ107円90付近まで様子見。

やはり雇用統計イベント通過後で一旦は売られましたね~!?直近の安値を更新してきたので日足で三角保ち合いをキープすることができるのか注目です。

ポンド円のブログは書き次第、更新致しますm(__)m
D6


6、ポンド円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、138円20から30付近
2、138円50付近
3、138円70から80付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
138円32付近

【押し目買いポイント】
1、138円00付近
2、137円75付近
3、137円30から25付近

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


7、ポンド円 日足のエントリーの根拠

ポンド円も昨日はさすがに売りに押される展開でしたが、ポイントの200日線付近でサポートされて今朝は138円台をキープしています。

もう既に戻りを試す展開で本日は138円台でどこまで戻せるのか注目です。

日足のポイントは!?

上は、138円75から80付近、139円00付近、+2σのある139円25付近。ここには抵抗線のトレンドラインも引けますので戻り売りには注意しておきたいところです。

下は、138円00付近、137円75付近、200日線のある137円35付近、こえを割り込んできたら137円00付近、136円85付近、10EMAのある136円50付近。
pd


8、ポンド円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、ボリンジャーバンドと移動平均線が上向き、25日線付近から反発していますので押し目ポイントとしては良さそうですが、支持線のトレンドラインを割り込んでいますので138円20付近では戻り売りが出そうです。

抵抗線のトレンドライン付近には下向きの10EMAもありますのでここ(138円20付近)をポイントに考えて…

138円20付近を越えてきたら+1σのある138円70付近、ここでは戻り売りに注意して、その後は10EMAでサポートされるのか?高値切り下げとなり安値を更新に向かうのか注目。

次に139円00付近、139円25付近、+2σのある139円60付近。ここではダブルトップの展開に注意しておきたいところです。

138円20付近で上値が重い展開が続いてローソク足が変わったら、下落に注意して138円00付近、25日線のある137円65付近、137円25付近、137円00付近、フィボナッチの28.2%がある136円70付近、-2σのある136円20から15付近
P4


9、ポンド円 本日の戦略

本日は戻りを試す展開になりそうですが、4時間足のMACDもデッドクロスしていますので戻り売りも出そうです。

ドル円の下げからするとポンド円ももう少し下げてきそうですので、今は138円台をキープしていますが、この後138円を割り込んできたら安値更新に注意したいところです。

138円台をキープしていれば138円70付近まで、138円を割り込んできたら137円25付近や137円付近まで。

では皆さん、本日も慎重に頑張りましょう~宜しくお願い致します(#^^#)
P6



ドル円とポンド円 この後の展開は更新したらこちらにアップします!

月曜から金曜日の17時前後に動画をアップ予定です。

★★★二周年記念!!大好評販売中★★★