1、ドル円 週足のエントリーの根拠

今週は107円中盤付近で底堅い展開で長い間抵抗線となっていた108円付近を越えて、週末の金曜日には109円台後半まで上昇する展開となっていました。


ボリンジャーバンドと移動平均線は下向いていますが、10EMAが上向いてきていて、MACDがゴールデンクロスしていますので来週も底堅い展開が続きそうです。


週明けの窓開けがどの付近から始まるかまずは注目。


109円40付近より上で始まれば90日線をサポートにまずは続伸する展開に期待したいところで、もし109円40付近より下から始まってしまうと90日線が抵抗線となって一旦は109円付近まで下落する展開になりそうです。


週足で意識したいポイントは!?


上は、+1σのある109円70付近、200日線のある109円85付近、次に110円00のラウンドナンバー付近。ここでは一旦は抵抗線となり上値が重い展開になりそうですので、週明けにそのまま上昇して110円に到達した後は下落に注意したいところです。


もし110円を超えた場合には抵抗線のトレンドラインのある110円60付近が上値メドとなりそうです。


下は、 90日線のある109円40付近、次に109円20付近、109円00付近、一目均衡表の雲の上限がある108円85付近、25日線のある108円60付近、ミドルラインや10EMAのある108円50から40付近。


来週は上は110円00付近から、下は108円50付近の間での動きを意識したいところです。

dw


2、ドル円 日足のエントリーの根拠

日足では4日連続陽線をつけて強い展開、 金曜日には+3σ付近まで上昇して少し上ひげが出ている状況です。


ボリンジャーバンドと移動平均線は上向き、直近の高値の109円40付近も越えてきていますので上目線継続ではありますが…


110円のラウンドナンバーに到達した事、イベント(雇用統計)通過した事を考えると、週明けの月曜日は一旦は下落に注意しておきたいところです。 



日足のポイントは!?


上は、109円70付近、ラウンドナンバーの110円00付近、抵抗線のトレンドラインのある110円40付近

下は、ネックラインとなりそうな109円40付近、+2σのある109円20付近、これを割り込んだら下落に注意して、109円00付近、ここでは一度は反発してくる可能性も高そうです。


次に108円80付近、10EMAと+1σのある108円60から50付近。 

dd


3、ドル円 週明けの戦略

週明けの月曜日は窓開けの様子を見て109円40付近をサポートに上昇するのか一旦は下落に向かうのか様子を見たいところです。


週明けの様子を見てみないとなんとも言えませんが、目標となりそうな110円付近に到達したことを考えると一旦は下落する可能性が高いかなと見ています。


もしじり下げの展開になってきたらネックラインとなる109円40から20付近、この付近でサポートされて高値保ちあいの展開となるのか、109円00のラウンドナンバー付近まで下落して反発して来るのか、109円台を維持できるのかまずは様子を見たいところです。


ゾーンで考えると、上は109円85付近、下は108円85付近、中間の109円30付近。このポイントを意識して攻めたいところです。



週明けにはボリンジャーバンドと移動平均線の位置が変わってきますので、週明けにレートの位置は確認して下さい。




4、私が使っているインジケーター

レンジに強いSP!トレンドに強いNEO!

この二つのインジケーターを他の添付してあるインジケーターと
合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【二年連続売り上げナンバー1】


5、ポンド円 週足のエントリーの根拠

今週は132円中盤から上昇して強い展開で139円中盤付近まで上昇して、長い陽線をつけて138円80付近で引けています。


長い陽線をつけたこと、MACDがゴールデンクロスしていますので更に続伸の流れを期待したいところですが…


今週約7円位上昇した事、あとはボリンジャーバンドと移動平均線は下向いていますので、来週は一旦は切り返しの展開に注意したいところです。


まずは窓開けの状況を見て90日線(139円50付近)の下から始まれば90日線が抵抗線となりそうですのでこれを越えて行くのか注目。


他、一目均衡表の雲の中にも入りそうですので入ってしまうと雲の上限のある139円40付近が抵抗線となりそうです。



週足のポイントは!?


上は、90日線のある139円50付近、140円00付近、ここには抵抗線のトレンドラインもありますので戻り売りに注意して、もしここを超えてきた場合には140円50付近、200日線のある142円付近が上値目処となりそうです。※週足ベース。


下は、138円00付近、雲の下限がある137円70付近、25日線がある137円30付近、137円00付近、ミドルラインのある136円前半付近がポイントとなりそうです


流れとしては安値を切り上げて第3波の動きになっていますので 一旦は下落したとしてもポイント付近では押し目買いが入ってくる展開になるかなと見ています。

pw



6、ポンド円 日足のエントリーの根拠

日足では、ボリンジャーバンドが大きくエクスパンション、移動平均線も上向いてきていて、10EMAが90日線をゴールデンクロスしてきていて、MACDもプラスゾーンに入ってきていますので底堅い展開は続きそうです。


抵抗線のトレンドラインのある目標付近に到達したことで一旦は下落する展開になりそうです。


週明けに高値持ち合いの展開となれば138円70付近から下は+2σのある138円00付近の間での動きを意識して。


もし売りが強く138円00を割り込んでくるようであれば137円75付近、金曜日の安値の137円30付近、ここには200日前もありますので一旦はサポートされる可能性が高そうです。


もし反発が弱ければ137円00付近、136円85付近、136円00から135円90付近


週明けに138円70以上で始まれば今一度直近の高値を目指す展開になりそうで、139円台に乗せてきたら139円70付近、次に140円00付近まで様子を見たいところです。

pd



7、ポンド円 週明けの戦略

週明けの月曜日はまずはいつも通り窓開けの様子を見て…


週足で見ると一旦は切り返しと展開となり下落に向かいそうですが、そのまま上昇に向かうこともありますので、まずは東京時間の始まった時の流れに逆らわないように注意しておきたいところです。


最近は東京時間が始った時の流れが仲値(9時55分)まで続いて、その後は反転する流れが顕著に出ているような気がします。


この流れも意識してエントリーや決済を考えるのもいいと思います。 


ブログ遅くなってしまってすみませんでしたm(__)m体調不良で昨日から休んでおりました。

動画はこの後撮って夕方以降にアップします。


では皆さん、明日からまた頑張りましょう~良い週末をお過ごしください(#^^#)



ドル円とポンド円 来週の反発ポイントを見極めろは更新したらこちらにアップします!


★★★二周年記念!!大好評販売中★★★