1、ドル円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、107円35付近
2、107円50付近
3、107円60から75付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
107円13付近

【押し目買いポイント】
1、107円20付近
2、107円00から106円90付近
3、106円80から75付近

【注目の経済指標】
ユーロ 18:00 四半期域内総生産
米国  21:30 小売売上高

※NY時間には他にも22:15、23:00、29:00にも経済指標の発表があります。
【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


2、ドル円 日足のエントリーの根拠

昨日は一昨日の安値を割り込むことなく106円75付近で底堅い展開、ただ107円付近は上値が重い展開が続いていました。


NY時間になると107円台を回復して107円35付近まで戻して、切り返しの下ひげ陽線をつけて今朝は107円20付近で推移しています。


本日は再び25日線の上を回復し、昨日下ひげ陽線を形成し、押し目をつけたことで昨日の流れを引き継いで上昇できるのか注目したいところです。


気になるのがすぐ上の107円30付近には一目均衡表の雲の上限と下向きの基準線がありますので抵抗線となりそうで、107円35付近も昨日も過去も何度か抑えられポイントなので上値が重くなりそうです。


ただ107円35付近を突破できれば再び107円65から70付近を目指す展開となりそうです。



もし107円30から35付近で上値が重いようだと下落に注意して、まずは25日線のある107円15付近これを割り込んでしまったらミドルラインと10EMAのある107円05から00付近


ラウンドナンバー付近では反発があるか様子見。

あと三角保ち合いの中にはまる可能性もありますので、三角の下限のある106円90付近、ここでもサポートされるか様子見。


次は昨日の安値の106円75から70付近までの下落に注意したいところです。

IMG_6651



3、ドル円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足を見ると、朝の時点だとミドルラインと25日線の上に位置していますので戻りを試す展開に期待したいところですが、すぐ上には107円35の抵抗線があり+1σも下向きでありますのでなかなか越えられない展開が続きそうです。


ボリンジャーバンドがスクイーズに向かっていてある程度の幅が限定されてきそうです。


106円後半で押し目をつけた形となり、MACDもゴールデンクロスしていますので、普通なら続伸に期待したいところですが第5波の流れとなる可能性もあり…


107円35付近や107円50付近で高値切り下げの動きになる可能性もありますので注意したいところです。



4時間足のポイントは!?


上は、まずは107円35付近、次に200日線のある107円50付近、+2σのある107円60付近、この付近では一旦は戻り売りに注意したいところです。


もし勢いよく上昇したとしても直近の高値の107円75付近では戻り売りに注意したところです。


下は、ミドルラインと25日線が重なっている107円20から17付近、これを割り込んだら10EMAのある107円10付近、高値を切り下げて下落してきた場合にはこの付近でもサポートされない可能性もありますので注意して。


次はラウンドナンバーの107円00付近、106円90付近、昨日の安値の106円75付近。ここでサポートされればダブルボトムになりますので反発してきたら流れに逆らわないように注意したようです。

IMG_6652



4、私が使っているインジケーター

レンジに強いSP!トレンドに強いNEO!

この二つのインジケーターを他の添付してあるインジケーターと
合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【二年連続売り上げナンバー1】


5、ドル円 本日の戦略

本日は普通で行けば上目線なんですがどこまで戻せるか微妙なので、107円35付近や107円50付近では戻り売りにも注意しつつ押し目買いで攻めたいところです。


とりあえず東京時間始まった時の流れに合わせるような感じで、もしこのまま垂れてきたらラウンドナンバーや昨日の安値付近までのじり下げ展開に注意したいところです。


一応週末の金曜日でゴトー日でもありますので東京時間の仲値までは底堅い展開が続くかもしれません!?

ddd60


ポンド円のブログは書き次第、更新致しますm(__)m


6、ポンド円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、131円25から30付近
2、131円40付近 131円50付近も
3、131円70付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
130円86付近

【押し目買いポイント】
1、131円00から130円95付近
2、130円70から65付近
3、130円35付近

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


7、ポンド円 日足のエントリーの根拠

昨日は-2σを割り込んで安値を更新、130円00のラウンドナンバーの少し手前の130円10付近から反発、 NY時間には131円台まで戻して下ひげ陽線を形成、今朝は131円10付近で推移しています。


昨日、下ひげ陽線を形成したことで本日は戻りを試す展開に期待したいところですが朝の時点だと上値が重い感じもします。


もし垂れてきて131円00を割り込んできたら一旦は下落に注意したいところで。


昨日の始値の130円85から80付近、ここを割り込んだら130円60付近、-2σのある130円35付近が下値目処となりそうです。



このまま上昇して131円20付近、昨日の高値の131円30付近、ここを越えてきたら流れに逆らわないように注意。


次は-1σのある131円40付近、10EMAのある131円70付近、131円90付近、132円00付近


この付近でも勢いが衰えなければミドルラインのある132円40付近まで上昇してくるかもしれません!?

IMG_6653



8、ポンド円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足を見ると、ボリンジャーバンドと移動平均線が下向いていますが、ダイバージェンス後から微妙に反発してきて戻りを試している状況です。


131円20から25付近がゾーンの上限付近でもありますので、朝の時点だと上値が重い展開となっています。


MACDもゴールデンクロスに向かっていますので一旦はショートは注意して、目先の動きとしては押し目買い優勢の展開を意識したいところです。



4時間足のポイントは!?


上は、131円20から25付近、ミドルラインのある131円40付近、下位足が若干ダイバー気味ですので、ミドルラインのある131円40付近まで上昇した後上昇が継続しなければ、その後はミドルラインと10EMAの間での動きを意識したいところです。


更に続伸してきた場合には、下向きの25日線と基準線のある131円65から68付近、一目均衡表の厚い雲の下限がある131円80付近まで。



下は、10EMAのある131円00付近、-1σのある130円65付近、ここではサポートされるか様子見、サポートされて131円台に戻してくれば安値切り上げの形となりますのでさらに続伸に期待したいところです。


もし130円65付近を割り込んでしまったら昨日の安値付近の130円30から20、10付近までの下落に注意したいところです。

IMG_6654



9、便利なインジケーター

反転しそうになると教えてくれるSP!押し目買いと戻り売りを教えてくれるNEO!
これらを他の添付してあるインジケーターと組み合わせると
エントリーポイントがわかりやすくなります!

資料には検証した内容が記載されてますので、まずはしっかりと熟読して下さいね。

【二年連続売り上げナンバー1】


10、ポンド円 本日の戦略

本日は目先の動きとしては戻り目線で押し目買いで攻めたいところです。


昨日の高値を更新してくればイケイケモードになる可能性もあるかもしれません。


ただ週末の金曜日でもありますので週足のポイントも意識して攻めたいところです。

ppp60


では皆さん、本日も慎重に頑張りましょう~宜しくお願い致します(#^^#)



ドル円とポンド円 この後の展開は更新したらこちらにアップします!

近所の改修工事の騒音の為、当面は17時以降のアップになりそうです。

★★★二周年記念!!大好評販売中★★★