1、ドル円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、107円70から75付近
2、108円00付近
3、108円15付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
107円35付近

【押し目買いポイント】
1、107円35付近
2、107円20から15付近
3、107円03から00付近

【注目の経済指標】
米国 21:30 消費者物価指数

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


2、ドル円 日足のエントリーの根拠

昨日のドル円は 朝一は下窓を開けてスタートするもその後は底堅い展開で、東京時間が終わると107円台に乗せてきた後はじり上げの展開。


60分足では10EMAと+2σの間でバンドウォークが続いていました。


長い陽線をつけて25日線を越えて本日は+1σの下、107円65付近で推移しています。


本日は昨日の底堅い展開が継続するかまずは様子見、すぐ上の+1σのある106円70付近を越えていけるのか注目です。



日足のポイントは!?


+1σのある107円70から75付近を越えてきたら、次は一目均衡表の雲の上限がある107円85付近、ここを越えてきたら108円00のラウンドナンバー付近、次は+2σと200日線のある108円25付近が上値目処となりそうです。



+1σのある107円70から75付近が抵抗線となってたら、25日線のある107円35付近、ここではサポートされるかまずは様子見、次はミドルラインのある107円17から15付近、10EMAのある107円03から00付近が下値目処となりそうです。

MACDがゴールデンクロスしてきていますのでもし下落したとしても底堅い展開が続きそうです。

IMG_6628


3、ドル円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、 ボリンジャーバンドが大きくエクスパンション、移動平均線もかなり上向きの状況で直近の高値も更新、 MACDもプラスゾーンに入ってきていますので買いの勢いが強い状況です。


じり上げの展開で買いが強い状況なので流れに逆らいたくはないですか、最近のドル円にしては昨日1円ぐらい上げてきましたので、一旦は107円70から75付近が抵抗線となっていれば高値保ち合いの展開になる可能性もありそうです。


高根保ちあいの展開になった場合には、 上が107円75付近から下が107円35付近の間での推移となりそうです。



4時間足のポイントは!?


107円70から75付近が抵抗線となっていれば、下は107円35付近、10EMAのある107円25から20付近、ここは割り込んできたら下落に注意して107円00付近が下値目途となりそうです。

+1σのある107円70から75付近を越えてきたら日足のポイントを目安にしたいところです。

IMG_6629


4、私が使っているインジケーター

レンジに強いSP!トレンドに強いNEO!

この二つのインジケーターを他の添付してあるインジケーターと
合わせることでエントリーポイントがわかりやすくなります。

資料には私が検証した使い方や手法、注意点が記載されてます!

【二年連続売り上げナンバー1】


5、ドル円 本日の戦略

本日も底堅い展開は続きそうで、一旦は横ばいの展開になるかもしれませんが欧州時間以降にまた高値を更新してくるかもしれません!?


60分足で見ると、+2σと10EMAの間でバンドウォークの状況が続いています。

ddd60

上位足でバンドウォークをしている時は特にその流れには逆らわないように注意した方がいいでしょう。


あと107円35付近を越えて上のゾーンで動いていますので、ネックラインとなる107円55付近を割り込むまでは上目線、107円55付近を割り込んできたら一旦は107円35付近までの下落に注意したところです。 40pips刻みで動いている感じなので、107円75付近を越えてきたら次のゾーンが108円15付近が上値の目標となるかもですね!? あと週足では10EMAと一目均衡表の雲の下限に到達していますので越えていけるのか注目!?


ポンド円のブログは書き次第、更新致しますm(__)m


6、ポンド円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、133円00付近
2、133円20から25付近
3、133円40付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
132円62付近

【押し目買いポイント】
1、132円70か65付近
2、132円50付近
3、132円40から30付近

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


7、ポンド円 日足のエントリーの根拠

昨日は朝一に下窓を開けてのスタート、一目均衡表の雲の下限付近をサポートにミドルラインのある133円前半付近まで上昇しましたが、その後はサポートライン付近でも反発が弱く売りに押される展開が続いていました。


一目均衡表の雲の下限がある131円85付近ではなんとかサポートされた形となり再び上昇し陽線をつけて、本日は10EMAの上の132円70付近で推移しています。



本日は10EMAの上に位置していますので10EMAのある132円60付近をサポートに底堅い展開となりそうで、ただすぐ上には昨日抵抗線となっていたミドルラインが133円付近にありますのでここを越えて行けるのか注目です。


目先の動きとしては下は10EMAのある132円60付近、上はミドルラインが133円00付近の間での動きを意識。


このどちらかを越えてきたらその流れについていきたいところです。


日足のポイントは!? 


上は、 ミドルラインが133円00付近、基準線のある133円20付近、25日線のある133円40付近、133円75付近、+1σのある134円00付近が上値目処となりそうです。


下は、10EMAのある132円60付近、 支持線のトレンドラインのある132円30付近、ここではサポートされるかまずは様子見。

次に-1σのある132円05から00付近、一目均衡表の雲の下限がある131円85付近が下値目処となりそうです。

IMG_6630


8、ポンド円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、10EMAがミドルラインをゴールデンクロスしているので132円付近では何とかサポートされて反発していますが、133円付近では上値が重くボリンジャーバンドがエクスパンションしそうでできない状況が続いています。

高値切り下げてきているので念のため注意ですが…


朝の時点では132円後半で高値保ちあいの状況、10EMAが90日線をゴールデンクロスそうなのでおそらく132円50から133円00付近の間での動きが続きそうです。



このまま下落した場合には10EMAのある132円50付近でサポートされるのか様子見、 もし10EMAを割り込んできたら支持線のトレンドラインがある132円30付近、ミドルラインのある132円05から00付近が下値目処となりそうです。


この後東京時間に上昇して133円00を超えることができず垂れてきた場合には念のため下落に注意して、133円台に乗せてきたら昨日の高値の133円20付近、+2σと一目均衡表の雲の下限がある133円30付近、ここでは念のため戻り売りに注意したいところです。


次は133円45から50付近、133円65付近が上値目処となりそうです。

IMG_6631



9、便利なインジケーター

反転しそうになると教えてくれるSP!押し目買いと戻り売りを教えてくれるNEO!
これらを他の添付してあるインジケーターと組み合わせると
エントリーポイントがわかりやすくなります!

資料には検証した内容が記載されてますので、まずはしっかりと熟読して下さいね。

【二年連続売り上げナンバー1】


10、ポンド円 本日の戦略

本日は高値保ち合いをイメージしてポイント付近では押し目買いを狙いたいところですが、このまま上昇して垂れてきた場合には念の為注意。


4時間足で上昇三角型になりそうな感じもありますので、下は132円50や30付近、上は133円00付近を意識しておきたいところです。


昨日はなかなかの上下動ぶりで厳しい展開ではありましたが久しぶりにストレス発散できる面白いトレードができました。

ちなみにポンド円の60分足では…

ppp60
ゾーンの下限付近に位置していて、下限付近には10EMAやミドルラインとありますので底堅くこのまま上昇してくるかもですね!?


ポンド円はドル円以上に引き付けて、逆張りは注意、下位足で反転の兆しがあったらエントリーするように心がけるようにするといいですよ(^^)/


では皆さん、本日も慎重に頑張りましょう~宜しくお願い致します(#^^#)



ドル円とポンド円 この後の展開は更新したらこちらにアップします!

近所の改修工事の騒音の為、当面は17時以降のアップになりそうです。

★★★二周年記念!!大好評販売中★★★