1、ドル円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、106円70付近
2、106円90付近
3、107円00付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
106円64付近

【押し目買いポイント】
1、106円50付近
2、106円40から35付近
3、106円00付近

【注目の経済指標】
ユーロ 18:00 消費者物価指数
ユーロ 20:45 欧州中央銀行政策金利
米国  21:30 個人消費者支出 四半期雇用コスト
ユーロ 21:30 欧州中央銀行総裁定例記者会見


5月1日、明日の金曜日の「ドル円とポンド円のこの後の展開」は、JFXの小林社長さんと一緒に解説させて頂くことになりました!

時間は19:30からの予定です。

他ではなかなか聞けないお話しも出ますよ!ライブ配信になりますのでお楽しみに~!


【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


2、ドル円 日足のエントリーの根拠

一昨日に大きな節目となる107円00から106円90付近を割り込んだことで売り優勢の展開、昨日は107円付近から106円90付近で上値が重く安値を更新、-2σを割り込んで106円35付近まで下落し、今朝は106円60付近で推移しています。


本日は一目均衡表の雲の下限(106円70付近)の下で始まってしまったので雲の下限がまずは抵抗線となりそうで下落に注意したいところです。


昨日-2σにタッチした後に反発が弱かったので本日も安値更新には注意したいところで…


まずは106円50から45付近、これを割り込んできたら-2σがある106円35付近、支持線のトレンドラインがある106円20付近、ラウンドナンバーの106円00付近が下値目途となりそうです。最悪は-3σのある105円65付近まで。



もし一目均衡表の雲の下限(106円70付近)を越えてきたら106円90付近、107円00付近、10EMAのある107円20付近が上値目処となりそうです。


本日、切り返しの展開となり107円台に乗せてきたら、明日は戻りを試す展開にシフトする可能性もありそうです。 

IMG_6545



3、ドル円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、 ボリンジャーバンドと移動平均線が下向きの状態で戻り売りに優勢の展開が続いています。


安値を更新したあと-2σ付近から若干戻していますが下向きの10EMAが抵抗線となって上値が重い状況となっています。


MACDがゴールデンクロスしそうなのでこの後10EMAを超えてくる展開になれば107円付近まで戻りを試す展開になりそうです。


上は10EMAのある106円70付近、下は106円50付近を意識してこれを抜けた方について行くイメージで考えています。


下は、まずは106円50付近、これを割り込んだら直近の安値の106円35付近、106円20付近、106円03から00付近までの下落に注意したいところです。

上は、 まずは106円70付近、これを越えてきたらミドルラインのある106円90付近、107円00付近、下向きの基準線と25日線のある107円10付近、この付近まで上昇しても戻り売りがが出て106円台に押し戻されたら また垂れてくるかもしれませんので注意したいところです。
IMG_6546


4、私が使っているインジケーター

レンジに強いSPとトレンドに強いNEO!
私が動画等でも使っているインジケーター!

5、ドル円の本日の戦略

本日は106円70付近を超えるまでは戻り売りを意識して攻めたいところです。 ただ市場が始まる時間帯を過ぎると小動きの展開の時間が多いので、そうなったら様子見がいいかなと思います。


月末最終日ですので月足を意識した急な値動きもあるかもしれません!?上ひげ長めの陰線になってますので確認しておきましょう。


月末や月初は難しい相場になる可能性もありますのでいつも以上に注意しておきましょう。


ポンド円のブログは書き次第、更新致しますm(__)m


6、ポンド円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、133円00付近
2、133円10付近
3、133円25から30付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
132円67付近

【押し目買いポイント】
1、132円85から80付近
2、132円60付近
3、132円50から40付近
【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


7、ポンド円 日足のエントリーの根拠

昨日は132円後半で上値が重い展開、欧州時間になると安値を更新して、-2σのある131円80付近まで下落していました。

その後はしっかりと反発して下ひげ長めの陽線をつけて今朝は132円90付近で推移しています。


昨日、-2σで反発、ダブルボトムを形成した形となり、下ひげ長めの陽線をつけたことで本日は上昇を期待したいところですが…


少し気になるのが、日足で基準線の下、10EMAの下に位置してしまいましたので133円00から10付近では戻り売りが出やすいようにも見えます。


素直に考えれば上目線ですので押し目買い優勢の展開をイメージして、132円60付近を割り込むような展開になったら下落に注意したいところです。



日足のポイントは!?

上は、 基準線や10EMAのある133円00から10付近、これを越えてきたらミドルラインのある133円60付近、133円75付近まで。


下は、 -1σのある132円80付近、132円60付近、これを割り込んだら下落に注意して、 132円10から00付近まで。


本日売りが強いと月足も上ひげが長めになってしまいますので、安値更新して下にエクスパンションする可能性も高まりそうですので注意しておきたいところです。

IMG_6547


8、ポンド円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、直近の安値の131円90付近で反発、二番底をつけてミドルライン付近まで戻してきています。


反発がしっかりしているのでこのまま上昇に期待したいところですが133円付近にはミドルライン、一目均衡表の雲の下限、後は日足の兼ね合いもあり戻り売りが出やすいポイントとなっています。


しっかり反発していることを考えると4時間足でも押し目買い優勢の展開になるかなと見てますが…

この後東京時間133円付近で上値が重く 10EMAのある132円85付近を割り込んだら、-2σのある132円50付近までの下落に注意したいところです。


もし132円50付近でも反発が弱ければ132円40付近、-3σのある132円25付近、直近の安値の133円00から131円90付近までの下落に注意したいところです。


もし直近の安値付近で反発が良ければ今度は安値更新に注意したいところです。



133円台に乗せてきたら133円30付近、+2σのある133円50付近、133円65付近が上値目処となりそうです。

IMG_6548


9、便利なインジケーター

反転しそうになると教えてくれるSP、押し目買いと戻り売りを教えてくれるNEO
これらを他の添付してあるインジと組み合わせるとエントリーポイントが絞られます!

10、ポンド円の本日の戦略

本日はこの後垂れてきたら一旦は下落に注意、ポイント付近で押し目買いが入るのか様子を見たいところです。 日足の兼ね合いで難しい相場になりそうな気もします。 132円中盤から後半では以前にも揉み合ったポイントですので、東京時間は横ばいのレンジの展開をイメージして、欧州時間以降の動きには流れについて行くイメージで注意しておきましょう!


月末最終日ですので月足を意識した急な値動きもあるかもしれません!?


月末や月初は難しい相場になる可能性もありますのでいつも以上に注意しておきましょう。


では皆さん、月末最終日、本日も慎重にがんばりましょう~宜しくお願い致します(^^)/


11、【YouTube】スキャトレふうたチャンネル

ドル円とポンド円 この後の展開は更新したらこちらにアップします!

近所の改修工事の騒音の為、当面は17時以降のアップになりそうです。

★★★二周年記念!!大好評販売中★★★