1、ドル円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、106円90から107円00付近
2、107円10から15付近
3、107円30付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
106円92付近

【押し目買いポイント】
1、106円75付近
2、106円50付近
3、106円35から30付近

【注目の経済指標】
日本休場
米国 21:30 GDP速報値
米国 27:00 FOMC
米国 27:30 FRB議長定例記者会見

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


2、ドル円 日足のエントリーの根拠

昨日のドル円は欧州時間に107円を割り込んで106円50付近まで下落、安値を更新してしまいました。

下落後は反発が弱めでしたが、NY時間には107円付近まで戻したようで106円85付近で推移しています。


直近の安値付近になった106円90の下から始まったことで本日は106円90から107円00回復できるのか注目です。


日足では昨日-2σにタッチしていますので本来であれば反発を期待したいところですが、安値を更新してしまったので戻り売り優勢の展開となりそうです。



日足のポイントは!?


上は、106円90から107円00付近、ここを越えてきたら-1σのある107円20付近、10EMAのある107円30付近。


下は、一目均衡表の雲の下限がある106円70付近、-2σがある106円55から50付近、ここを割り込んでしまったら-3σのある106円00付近までの下落に注意したいところです。


あと一目均衡表の雲の中に入ってしまっているので雲の上限のある107円05付近も抵抗線になる可能性がありそうですので意識しておきましょう。

IMG_6538


3、ドル円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、 安値を更新したことでボリンジャーバンドがエクスパンション中、移動平均線も200日線以外は下向きとなっているため、もし戻したとしても戻り売りには注意したい局面となっています。


節目となる107円00付近には下向きの-1σと10EMAがあるため抵抗線となりそうで、本日は東京市場が休場のため越えていくのは厳しいかなと見ています。


とりあえずは直近の安値の106円50付近から107円00付近の間での揉み合いの展開を意識、もし安値を更新するのであれば欧州時間以降になるのかなと考えています。


4時間足のポイントは!?


上は、10EMAのある107円00付近、もしこれを越えてきたら抵抗線のトレンドラインがある107円10から15付近、ミドルラインと横ばいの基準線がある107円30付近、この付近では戻り売りに注意したいところです。


下は、支持線のトレンドラインのある106円75付近、-2σのある106円65付近、直近の安値の106円55から50付近。


もしこれを割り込んできたら逆張りは注意して-3σのある106円35から30付近、106円15付近、106円00付近まで

 
IMG_6539


4、私が使っているインジケーター

レンジに強いSPとトレンドに強いNEO!
私が動画等でも使っているインジケーター!

5、ドル円の本日の戦略

本日は戻り優勢の展開になりそうで東京市場が休場なので東京時間は、上は107円00付近から下は106円75付近106円50付近を意識しておきたいところです。


安値を更新するのであれば欧州時間以降になりそうなので、東京時間が終わった以降は注意していきたいところです。


ポンド円のブログは書き次第、更新致しますm(__)m


6、ポンド円の反発ポイント

【戻り売りポイント】
1、133円00付近
2、133円20から25付近
3、133円50から60付近

【ピボットライン】※意識されやすいライン。
133円02付近

【押し目買いポイント】
1、132円50付近
2、132円40付近
3、132円00付近

【2周年記念感謝セール】勝ち報告多数!FXトレードが簡単になるインジケータ―!トレンドを初動で捉えてくれる優れもの! | GogoJungle


7、ポンド円 日足のエントリーの根拠

昨日の日中は底堅い展開で133円台をキープして押し目買い優勢の展開になっていましたが、133円中盤付近では上値が重い展開、夜になると133円を割り込んでしまいその後は132円後半での推移が続いていました。


昨日は上ひげ長めの陰線が確定したことで本日も売り優勢の展開に注意したいところですが、133円70付近には上向きの基準線があるため本日は踏ん張る可能性もありそうです。


日足では上は10EMAのある133円20付近から、支持線のトレンドラインのある132円40付近の間での動きを意識。


日足のポイントは!?


下は、132円70付近を割り込んでしまったら支持線のトレンドラインのある132円40付近、 -2σのある132円00付近まで。


上は、132円90付近、ラウンドナンバーの133円00付近、10EMAのある133円20付近。もしここを超えてきたら昨日の高値の133円50から60付近


MACDが相変わらずデッドクロスしてますので戻り売りには注意したいところです。

IMG_6540


8、ポンド円 4時間足のエントリーの根拠

4時間足では、ボリンジャーバンドが横ばいとなってきていて、10EMAがミドルラインをデッドクロスしてきていますので133円付近では上値が重い展開となりそうです。


目先の動きとしては133円00付近から132円中盤付近での動きを意識。


朝の時点では下落に注意して-2σのある132円50から40付近でサポートされるか様子をみたいところで 、、、


もしこれを割り込んでしまうとボリンジャーバンドがエクスパンションの流れになりますので132円00付近までの下落には注意したいところです。


もし上昇した場合には133円付近で戻り売りに注意したいところです。 MACDもデッドクロスしてしまっているので売り優勢の展開に注意したいところです。

IMG_6541


9、便利なインジケーター

反転しそうになると教えてくれるSP、押し目買いと戻り売りを教えてくれるNEO
これらを他の添付してあるインジと組み合わせるとエントリーポイントが絞られます!

10、ポンド円の本日の戦略

本日は東京市場が休場のため東京時間は132円70から133円00付近までの動きになる可能性もありそうで、動き出すとすれば15時以降になるかもしれません。


本日133円付近で上値が重い展開が続くと、明日には日足の上向きの基準線を割り込んできますので明日は下落に注意したいところです。 日本は今日からGWに入りますので他の市場も動きが鈍くなる可能性もありますので、動きが乏しくなったら様子見がいいでしょう。

では皆さん、本日も慎重にがんばりましょう~宜しくお願い致します(^^)/


11、【YouTube】スキャトレふうたチャンネル

ドル円とポンド円 この後の展開は更新したらこちらにアップします!

近所の改修工事の騒音の為、当面は17時以降のアップになりそうです。

★★★二周年記念!!大好評販売中★★★