人気ブログランキング

こんばんは(^^)/


先日ツイッターで呟いたことに対して、「何でそういう判断できるのか?」、「何でわかったのか教えて欲しい」と数名の方から、お問い合わせがありましたのでブログでお伝えさせて頂きます。


では、ドル円の60分足のチャートです。赤丸の部分に注目して下さい。

ドル円60分足


赤丸内の付近は、ちょうどボリンジャーバンドの+2σ付近です。上ひげが出現し始めて売りが出始めてきているのが分かります。

赤丸内の陰線が確定した足は、高値を切り下げて包み足となり陰線が確定しました。

私はこの陰線が確定する約10分前位に、トレーダー仲間の友人Cと、「60分足が包み足になりそうだ」と話していたので、ツイッターで「ドル円の60分足、嫌な感じですよ!次の60分は下落する可能性が高くなりそうです。」と皆さんのトレードの邪魔にならない程度に控えめにつぶやきました。


もう少し根拠を言いますと、ドル円の5分足を見て下さい。

ドル円5分足


赤丸付近が頂点に当たる部分ですが、この時、売りが優勢となり5分足でも包み足が出ています。

しかも小さくではありますが三尊型となっていますので、下落する可能性が高まり、その後ネックラインも割り込んでいきます。


これだけではなく他の要因も含めて下落しているとは思いますが、この様にわかりやすいチャートになった時は警戒しておかないと、今までの上昇の勢いが強いからといって、まだ上がるのではないかと錯覚を起こしてしまいます。

そうならない為にも、複数の時間足を常に確認して判断するようにするといいと思います。


私はいつでも見れるように、1分足、5分足、15分足、60分足、4時間足のチャートは表示しておくようにしています。


では皆さん、ゆっくり休んで良い週末をお過ごしください(*^^)v