インジケーター : FXブログ スキャトレふうた 20万円から1億円目指す!!

FXブログ スキャトレふうた 20万円から1億円目指す!!

FX4年目、専業トレーダーです。 初心者の方にもわかりやすく、トレードにすぐに使える簡単な手法や考え方、毎日重要なレジサポラインも書いています。トレードの参考になるポイント等を初心者目線で簡単に書いています。目指せ常勝億トレーダー!!(*^^)v

インジケーター

期間限定!!特別価格キャンペーン開催中~!!
今までになかった!?
絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター
 (MT4対応インジケーター)
ポンド円1分足 
Ultimate_weapon_v7_neoのサインを表示
neo 商品ページ1改
第9弾!無料追加インジケータ―バージョンアップ完了!!
8月15日(大安)にバージョンアップ済みです

エントリーがわかりやすい、精度が高い、資料がとてもわかりやすい
と皆様に大好評のインジケーター!!
資料をしっかりと読んで頂ければエントリーがわかってくる!?


今回無料追加したインジケーターはこの2つ!!

《Ultimate_RealBarrier》
リアルタイムの中でその都度変化していく重要なレジサポライン!

内部で検出して重要なラインが多く重なっているところに自動でラインが引かれます!

目先のサポートライン(抵抗線)レジスタンスライン(支持線)が一目瞭然!
エントリーポイントや決済ポイントの目安に使えます!
これにSPやNEOのサインを組み合わせれば効果抜群!!
バリアー 資料 4
《Ultimate_Chancemeter》
資料で大好評のトレンドに合わせたエントリーを更にわかりやすくしたインジケーター!
複数の条件が発生するとメーターが流れ
その後に更にエントリーの条件が発生すると矢印のサインが出ます!
トレンドフォローがわかりやすくなったと大好評です!!
Chancemeter 13改
《Ultimate_weapon_v7_neo》
初心者の方に大好評のトレンド発生時に強いインジケーター!!

既存の矢印(SP)のインジケータ―に新たなロジックを加え

トレンドに沿った矢印が出るように精度を増して進化したインジケータ―!!

トレンドが発生した時に効果的でしっかりと押し目を捉えるようになりました!

内部でトレンドを判断してトレンドに沿った矢印が出ますので
環境認識が苦手な方でも簡単にトレンドに沿ったエントリーが可能です。
ちゃかお様 neo 3
《Ultimate_weapon_v7_sp》
レンジの時の強いインジケーター!!

サインが出る条件を複数重ねていますので精度が高いと大好評です!

どの様な状況でも反転の可能性が高まると矢印(サイン)が出ますので、エントリーや決済の目安にとても便利です。

付属しているインジケーター等と組み合わせる事で
反転ポイントが更にわかりやすくなります!

SP 2
《Ultimate_TrendBar》
トレンドが視覚的にもわかる優れモノ!
トレンド転換をいち早く赤と青で表示しますので、トレンドの発生に迅速に対応できます!
これだけでもエントリーや決済が出来ると大好評!

バー資料_0 メイン
《Ultimate_chance_zone》
売られすぎや買われすぎの状態になり反転の可能性が高まると縦にゾーンが表示されます!
複数のロジックを重ねているので精度が高めです!!
エントリーの準備に最適!!

チャンスゾーン 資料写真2
《Ultimate_Squeeze》
スクイーズを検知して直近(数値の調整が可能)の高値と安値に自動で水平線を引いて
ブレイクをわかりやすくするインジケーターです。
このラインから抜けた方に
エントリーするようなイメージで逆張りの抑制にもなります!
スクイーズ 資料写真
この他にも便利なインジケーターが多数ございます!!
ブログ
私のブログに色々な勝ち方(手法等)を記載しています。
http://fxfighter-fuuta.link/
ツイッター
スキャトレふうた@FX  @fuuta_fx_trader
https://twitter.com/fuuta_fx_trader?lang=ja

機能紹介動画
 

インジケーター設定動画
 
インジケーター設定動画2
 

エントリーのポイント
矢印のサインは反転の条件が複数発生すると出現するようになっています。

レンジに強いインジケータ―(Ultimate_weapon_v7_sp)とトレンドに強いインジケータ―(Ultimate_weapon_v7_neo)を状況に応じて使い分け、更に目先の反転ポイントを判断するバンド(Ultimate_Band)やトレンドを判断するトレンドバー(Ultimate_TrendBar)を活かして、トレンドに沿ったエントリーを意識するようにします。

付属している上下のバンド付近で☆が出てバンドにタッチして戻ってきた後に出たサイン(矢印)でエントリーするように意識します。

更に精度を上げる為にはサイン(矢印)だけで判断せず、他のインジケーターで複数の条件が重なるポイントでエントリーすることで無駄なエントリーも避けることができ、勝率も格段に上げることができます!※ポイントは資料に記載しております!

注意点として、1分足では動きが細かいのでじり上げやじり下げ時等、オシレーターが苦手とする相場の時は逆行してしまうサイン(矢印)が出ることもあります。その為、1分足でエントリーする場合には中途半端なところで出たサイン(矢印)ではエントリーしないように注意します。

慣れてくるとサイン(矢印)が出るタイミングも分かってきますので、トレンド転換のタイミングが自分でも分かるようになってくる勉強にもなるインジケーターです!

ポイント
・メジャーな通貨に対応(ドル円、ユーロ円、ポンド円、ユロドル、豪ドル円)※値動きの激しい通貨はしっかりと検証してからご利用下さい。

マイナー通貨やJPN225、仮想通貨(Bitpoint MT4)等も購入者様でトレードなさっている方は多数いるようです。MT4であれば見ることが可能ですし、ロジック的に対応は可能だと思いますが私自身は未検証です。

・設定を変更することで全ての時間軸(足)に対応しています!!

・レンジにも対応しています!!※特に値幅のあるレンジの時は精度が高いです。

MT4はデモ口座でも利用できます!

・Windowsはもちろん、Macでも一部のFX会社(XM、他)にて対応しています。

・タブレットPCでも利用が可能です。購入者様で兼業の方は小さなタブレットPC持参してお昼休みや出勤時帰宅時にトレードされているそうです。


ご利用時の注意点
黄丸と☆リペイントしますが、矢印は記憶機能を搭載してチャートに表示した矢印を記憶してリペイントしないようにしておりますのでご安心下さい。※ご利用に当たっては注意事項もございますので、PDF資料にある「ご利用時の注意点」も必ず読んでご利用頂けますようお願い致します。

・iPadやスマホのMT4には対応しておりません。※VPSを利用すれば見れるそうです。

・インジケータ―のロジック等の詳しい詳細については、真似をされないように情報は非開示とさせて頂いておりますのでご了承下さい。

・値幅が狭い時や急な値動き等、不得意な部分はありますのでそういったところはエントリーをしないように、注意点は資料に記載しております。

・手当たり次第エントリーして勝てるインジケーターはなかなか出てこないと思いますので、インジケーターの苦手な部分については、トレーダー自身がエントリーを抑制することで克服することは可能だと思います。

勝率を上げる為にはまず資料をしっかりと読んで頂いて、エントリーについての基礎を学び、検証と練習を重ねて、記載している内容を意識して必要最低限のルールさえ守ればかなりの勝率を確保できるかと思います。

実際に初心者の方や女性の方から嬉しい勝ち報告が続々と上がってきています!!

これからもご購入者様の全ての皆様が勝てるように、日々模索して完全体へと成長させるように頑張って参ります!!

資料の内容私が検証してきた内容を記載しています!
トレードの基礎知識
エントリーの手順やポイント
エントリーの注意点
ケーススタディ(チャートパターン等) 
エントリーの勝率を上げるためのポイント
インジケーターを利用した手法
購入者様からインジケーターを利用した勝ち手法

この他にもアップデート際に資料を随時追加しています。

※オリジナル制作したメインのインジケーターと、その他にトレードの勝率を上げるための便利なインジケーターを数点チョイスして添付してあります。


ご注意
fx-on利用規約に記載有り。
お買い切り型の商品につきましては、商品の特性上、著作権保護の観点からお客様のダウンロードの実施、または購読開始以降は返品や交換等は出来ませんので予めご了承頂いてご購入頂ければと思います。

 


【Economic_indicator1】


今回、私のお勧めするインジケーターは、MT4のチャート上に経済指標が表示されるインジケータ―です。

ブログ用

トレードに夢中になってしまうと、重要な経済指標の発表時間を忘れてしまい、その動きに飲まれてしまったなんてことありませんか?

それが結果的にプラスに作用してくれればいいですが、結果マイナスになったらがっかりしてしまいますよね!

やはり当日の経済指標は最低限把握しておいた方がいいと思います。

そんな時に便利なのがこのインジケータ―!

チャート上にその日に予定されている経済指標が表示されて、予想数値や結果数値まで表示されます。


チャート上に表示しておけば、必然的に経済指標を意識しますし、ちょっと暇な時に見ておけば・・・

予想の数値が結果の数値を上回ったらどう反応するのか?逆に予想の数値が結果の数値を下回ったらどう反応するのか?等を意識することができて、トレードのヒントにもなるかもしれません。


チャート上に大きく表示して邪魔だななんて思うかもしれませんが・・・なんと!

左上の表示のボタンを押すと、経済指標の表示を非表示にすることが出来るんです!!便利ですよね~!!

キャプチャー20171111133130

他、パラメーター内を見ると、「フォントサイズの変更」や「表示位置の変更」、「文字の色分け」もすることが出来ます。

キャプチャー20171111133019

最後に注意したいのが「DLLの使用を許可する」にチェックを入れないと経済指標が表示されませんので注意して下さいね!

キャプチャー20171111134218


私はこれとは別に、スマホのFXアプリで、経済指標の重要指標だけアラートが鳴るようにセットしています。

そうすることによって、重要な経済指標は必ず忘れない様にしています。

ちなみに利用しているスマホアプリは、普段チャートを表示している「YJFXのCymo」です。

このアプリはスマホの中ではチャートが見やすくて、しかも機能も充実しているのでとても便利に活用しています。

参考になれば幸いです(#^^#)


インジケータ―のダウンロードは、下のインジケータ―名を右クリックして、「対象をファイルに保存」を選択して下さい。


Economic_indicator1.ex4

PCにダウンロードして保存したら、インジケータ―をMT4に格納してご利用下さい。    





スキャルピングランキング   











MTF-BB_Smoothed


今回ご紹介する便利なインジケータ―は、マルチタイムフレームに対応したボリンジャーバンドです。

このインジケータ―は、例えば1分足に5分足のボリンジャーバンドを表示することが出来ます。

中級者以上の方は利用している方も多いかと思いますが、初心者の方は知らない方もいらっしゃるかなと思い書いてみました。


下記のチャートは全てドル円の1分足チャートです。

まずオレンジ色の点線が1分足の通常のボリンジャーバンドで、緑の実線が5分足のボリンジャーバンドです。

下記のチャートは上昇トレンド中ですが、5分足のミドルラインをサポートに+2σ付近を行き来しているのがわかります。

1分足のボリンジャーバンドだけだと、スクイーズからエクスパッションしてもどこで止まるかの目安がつきにくいと思います。特に初心者の頃は、せっかくトレンドに乗れて利益が乗ってもどこで利確したらいいのかわからない方が多いかと思います。

そこで目安になるのがマルチタイムフレームに対応したボリンジャーバンドです。

MTF-BB ブログ


下記のチャートは、下降トレンド中のドル円の1分足です。

こちらもチャネルにはまっている感じで、ちょうど5分足のボリンジャーバンドのミドルラインと-2σの間を行き来している感じです。

MTF-BB ブログ2

下記のチャートは値幅が大きめのレンジの状態です。

5分足のボリンジャーバンドの-2σからミドルラインで動いていたのが、ミドルライン付近で横ばいになるとミドルラインを上抜けして+2σまで上昇しているのがわかりますね!

1分足と5分足を見ながらスキャルピングをやっていても、どうしても1分足だけに集中してしまって、5分足の目安になるボリンジャーバンドを見てないなんてこともあると思います。

そこでこの様に1分足チャートに5分足のボリンジャーバンドも一緒に表示することで、上値と下値の目安が出来て、利確のポイントが分かりやすくなります。

MTF-BB ブログ3

こんな感じですね!!

MTF-BB ブログ4

MTF-BB ブログ5

他にも、5分足に60分足のボリンジャーバンドを表示したり、様々な使い方が出来ますので、色々と試して検証するのも面白いと思います。

トレーダーに人気のあるボリンジャーバンドですので、これを使わない手はないですね(*^^)v


【パラメーター設定方法】(MTF-BB_Smoothed.ex4)

※インジケータ―は下の方でダウンロード出来ます。 

◆Time_Frame

ボリンジャーバンドの時間足を設定です。

1分足 = 1、5分足 = 5、15分足 = 15、30分足 = 30、1時間足 = 60
4時間足 = 240、日足 = 1440、週足 = 10080、月足 = 43200

「0」のままだと、表示している足の通常のボリンジャーバンドが描画されます。

◆Bands_Period

ボリンジャーバンドの期間を設定します。大体、「20」か「21」の設定がおすすめです。

◆Bands_Deviations

標準偏差ラインの倍率を設定します。±1σを表示したいのであれば「1」、±2σを表示したいのであれば「2」、±3σを表示したいのであれば「3」を入れて下さい。

◆Bands_Shift

ボリンジャーバンドを左右にシフトさせることが出来ます。これはそのままでいいと思います。

◆Smooth_Mode

MTF-BBのラインの表示設定です。
「true」 = 滑らかに描画します。「false」= 通常描画します。

◆Use_Custom_Bars


インジケータの描画本数を変更可能にするかどうかを選択します。デフォルトでは「true」に設定してあります。

「true」 = 変更可能。「false」 = 変更不可。

◆Custom_Bars

インジケータの描画本数を設定します。数字を大きくすれば長い期間ラインがチャートに描画されます。


参考になれば幸いです(#^^#)




インジケータ―のダウンロードは、下のインジケータ―名を右クリックして、「対象をファイルに保存」を選択して下さい。

MTF-BB_Smoothed.ex4 

PCにダウンロードして保存したら、インジケータ―をMT4に格納してご利用下さい。















皆さん、こんばんは(^^)/

今回は移動平均線のクロスについてお話しします。

私が良く見ているのが、「MTF_MA」です。私のインジケーターを購入して下さっている方は、添付しておきましたのでご存知かと思います。

MTF_MAはネットで普通に取れる無料のインジケータ―ですが、意外と知らない方もいるのではないかなと思います。


MTF_MAはマルチタイムフレームに対応していて、例えば1分足に5分足や15分足等の移動平均線を表示することが出来る便利なインジケーターです。


下のチャートは本日のドル円の60分足です。そこにMTF_MA 4H 90SMAと10EMA、20SMAが表示されています。

普段は他にも表示していますがわかりやすくしてみました。

この様に見るとMTF_MA 4H 90SMAよりレートが下にあれば下で推移して、MTF_MA 4H 90SMAよりレートが上であれば上で推移していることがわかりますね!


ブログ 60分足


そこで見て欲しいのが、MTF_MA 4H 90SMAと他の移動平均線のクロスです。

MTF_MA 4H 90SMAを10EMAがゴールデンクロスしていますね!

MTF_MA 4H 90SMAを10EMAがゴールデンクロスするまでは、上記のチャートの様にMTF_MA 4H 90SMAがレジスタンスライン(抵抗線)となり下落していきますが、ゴールデンクロスしてくると、MTF_MA 4H 90SMAがサポートライン(支持線)となり上昇する可能性が高まってきます。


ブログ 60分足2


下のチャートは上記のチャートをアップした物です。

MTF_MA 4H 90SMAを10EMAがゴールデンクロスした後は、MTF_MA 4H 90SMAでサポートされているのがわかると思います。

ブログ 60分足4


相場は生き物なので100%絶対そうなるとは言い切れません。ただ、この様に優位性のあるポイントを見つけて、そのチャンスが来たらエントリーしていれば勝率も上がると思います。

ちなみにこのパターンは60分足だけでなく、他の時間軸(1分足でも5分足等)でも有効です。

例えば、1分足チャートにMTF_MA 5 90SMAを表示して見ていると同じような局面を見ることが出来ると思います。


設定

MA TimeFrame ⇒ 時間軸 ※クリックすると変更出来ます。

MA Period    ⇒ 90(90日線)20(20日線)

MA Method        ⇒ 移動平均線の種類、SMAやEMA等

 SMA(単純移動平均線)、EMA(指数平滑移動平均線)

キャプチャー20170912191538



まとめ

MTF_MA 90SMAよりレートが上にあれば上で推移する可能性が高い

MTF_MA 90SMAよりレートが下にあれば下で推移する可能性が高い


※MTF_MA 90SMAに10EMAがクロスしそうなら、その流れに逆らわずにエントリーするようにしましょう。


簡単でしたが参考になれば幸いです(#^^#)



インジケータ―のダウンロードは、下のインジケータ―名を右クリックして、「対象をファイルに保存」を選択して下さい。

MTF_MA

PCにダウンロードして保存したら、インジケータ―をMT4に格納してご利用下さい。






スキャルピングランキング














4 time frame MACD nmc



このインジケーターは、複数の時間軸のMACDのクロスを色分けして教えてくれるものです。

これがとても便利なので、皆さんにお伝えしたいなと思い記事にしてみました。
MACD ブログ5


MACD ブログ
「4 time frame MACD nmc」はチャートのサブウィンドウにこの様に表示されます。通常は緑とピンクなのですが、私は分かりやすいように赤と青に変更しています。

簡単に見方を説明すると、赤がデッドクロス中、青がゴールデンクロス中であることを示しています。

この表示だと、下からM1(1分足)M5(5分足)M15(15分足)M30(30分足)で表示されています。

赤から青に変わるとゴールデンクロス、青から赤に変わるとデッドクロスしたことになります。

MACD ブログ2
このチャート上の黄丸の箇所を見て下さい。全て青色に変わっていますね!

全てが青になると設定した時間軸のMACDが全てゴールデンクロスしたことになるので、レートが上昇していきます。

逆に全てが赤になった時はMACDの全てがデッドクロスしたことになるので、レートが下降していきます。

MACD ブログ3
ちなみにこのインジケータ―はマルチタイムフレームに対応している為、「4 time frame MACD nmc」のプロパティを開いて、パラメーターの入力を変更すると時間軸を変更することが出来ます。

①の「Current time frame」は、表示しているチャートの時間軸となります。②、③、④に表示したい時間軸の数字を入れます。

1分足 = 1、5分足 = 5、15分足 = 15、30分足 = 30、1時間足 = 60
4時間足 = 240、日足 = 1440、週足 = 10080、月足 = 43200


表示される順番は、下から①、②、③、④で表示されます。

他、アラート機能やメール機能も付いています。

MACD ブログ4
あと私と同じように色を変更したい場合は、「4 time frame MACD nmc」のプロパティを開いて、色の設定のタブを選択して、その中で好きな色に変更して下さい。

このインジケータ―はとても便利ですが、全て青になったとしても必ず直ぐに上昇するとは限らず、一度下落してから上昇する時もありますので、利用する前は必ず検証してからリアルトレードをする様にして下さい。

これポイントです(^^)/

MACD 1

インジケータ―のダウンロードは、下のインジケータ―名を右クリックして、「対象をファイルに保存」を選択して下さい。

4 time frame MACD nmc.ex4

PCにダウンロードして保存したら、インジケータ―をMT4に格納してご利用下さい。




【SALE】


インジケータ―無料バージョンアップしました!!

勝利の為にインジケータ―をパワーアップさせていきます!!

押し目買いや戻り売りの精度を上げ、トレンドの切り替わりの判断もわかりやすくなりました。

初心者の方や女性の方でもエントリーがわかりやすいと大好評です!!

新インジケータ―の追加、今後のアップデートは無料です(*^^)v

進化するインジケータ―!!面白いですよ!!

これからも更に頑張っていきます!!お楽しみに~!!!











↑このページのトップヘ