米10年債の利回りは、いわゆる「米長期金利」と言われているもので、米10年債の利回りは為替の動きに影響を与えています。


キャプチャー20170324101826


よく、「長期金利の利回りが低下したのでドルが売られた」、「長期金利の利回りが上昇したのでドルが買い戻された」なんて事をニュースで見たことがありませんか!?
米長期金利の動きを見ることで、今時点、リスクオンなのかリスクオフなのかが分かりますので、その推移を見ておくことが重要です。


ちなみに、リスクオンになると円安(ドルが買われる)になる傾向があり、リスクオフになると円高(ドルが売られる)になる傾向があります。


為替は他にも、日経平均先物やNYダウ等も影響を受けますので、トレードする際は、米10年債の利回りや日経平均先物、NYダウ等の動きを見ていると方向性の認識に役に立つと思います。

米国債の利回り上昇
 → リスクオン相場となり → ドルが買われて円安 になります。

米国債の利回り下降 → リスクオフ相場となり → ドルが売られて円高 になります。

 ⇩こちらで見れます⇩ ※スマホにもアプリがあって見れますよ!


米10年国債利回り (リアルタイムチャート)
http://jp.investing.com/rates-bonds/u.s.-10-year-bond-yield-advanced-chart


※MT4には、今現在、米10年債の利回りは表示出来ないので、JPN225を表示するとドル円と連動しているのでお勧めです(^^)/

私はJPN225をFXTFのMT4で見ています。



応援宜しくお願い致しますm(__)m


FXスキャルピング ブログランキングへ


にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村>


本日までセール中です(*^^)v