こんばんは(^^)/


今回は多くのトレーダーがなると言われている「ポジポジ病」についてです。


私も以前は「ポジポジ病」に悩まされていた一人なんですが、ある事をきっかけにポジポジ病が治ったんです!これからその経緯をお話し致しますので最後までお付き合い頂ければ幸いです(^^)/



私はFXのトレードを始めた当初、トレードをするのが本当に大好きで(今でも大好きですけどね(笑))四六時中チャートを見てはトレードをして、今どんな状態なのか気になって気になって仕方がありませんでした。

外出中にチャートを見ては、ポジションを持っていないと入りたくて入りたくてしょうがなくて、そろそろ上がりそうだからとりあえず持っておこうかみたいな感じで、とにかくポジポジしまくっていました(笑)

しかもマイナスになった時は反省をして、「決済したらもう今日はもうやらない!!」と決めて決済したにも関わらず、決済した直後から直ぐに入りたくなりポチっとしていました。


もう病気ですね(笑)病気なのは自分でも認識していました(;^_^A


私は何事も気になりだすとはまってしまう性格で、本を読んだり商材を買っては人がやっている事を真似したりして色々試してみないと気が済まない性格です。しかも一喜一憂するタイプなので、そこそこ利益が出ると直ぐに有頂天になってしまい、その後、調子に乗ってトレードしてしまい負けてしまうような感じでした。。。


休日は、朝早くからPCを立ち上げて相場を監視しながら、一日平均で60回位はスキャでトレードをしていました。多い時は80回を超えましたね!

しかも一日中チャートを見続け、夜中までずっとチャートとにらめっこしていました。(笑)

凄く疲れはしますが、とにかくトレードが楽しくて仕方なくて、自分でも効率が悪いとわかってはいましたが、ひたすらそれを繰り返す毎日でした。

まあ~良かったところは勝率は良かったところですかね!スキャ自体は70%以上の勝率でしたから。ロスカットも低めに設定していたので損小利小でしたがコツコツ儲けていました。


そんなある日、トレードのやりすぎで体調を崩した時があって、一生トレードを続けていきたいのに、こんなトレードの仕方では体がいくつあっても足りない、ずっと続けていくのは大変だ!!と思い、何とかポジポジ病を治すことが出来ないものか試行錯誤してみました。

アラートを設定しておいてなるべく見ないようにしたり、トレードをしない時間を作ったりと他色々と考えて実行してみたのですが、やはり回数は減ってもポジポジ病そのものは治りませんでした・・・。




ポジポジ病が治ったきっかけ


私のポジポジ病が治ったきっかけなんですが、これは何かと言うと・・・明確なトレードのタイミングをマスター出来た時からなんです。要は自分の手法みたいなものですね!

自分の手法が確立されていなかった頃は「下げ過ぎだろう」、「上げ過ぎだろう」とか、「下げたから買おう」、「上げたから売ろう」とか、自分の勝手な主観でトレードをしていたことが多かったんですが、自分でこのタイミングだ!!って感じのトレードが出来るようになった時から、自分の主観でトレードする事にリスクを感じるようになり、あくまでもチャートを見て客観的に判断、「こうなったらポジションを持とう」とか、「こうなったら決済しよう」とか先を予想してから入るようにしていたら、自然と無駄に入らなくなるようになりました。


今の考え方としては、上がるなと思っていても自分のタイミングでなければ絶対に入らないようにして、自分のタイミングを粛々と待ち、その時が来たら躊躇せず必ず入るようにしています。

そのおかげで勝率はおのずと上がり、全勝でその日を終えることも多々ありました。しかも無駄に入らなくなったのでトレード回数が必然的に少なくなり疲労感もかなり軽減できるようになりましたね!

トレードは勝ってこそ続けていけるものです。自分のメンタルをコントロールするのは非常に難しいと思いますが、勝ち組トレーダーになりたいのなら、やはり自分をコントロールできないようでは相場の世界で生き残ることは難しいと思います。


あるスポーツ選手が言ってました!!焦らず」、「慌てず」、「諦めず」、と・・・トレードにも通ずるものがあるのではないでしょうか・・・。


まだポジポジ病に悩んでいる方は、今のままで良いのか真剣に自分を見つめなおしてみるといいかもしれませんね!


応援宜しくお願い致しますm(__)m


FXスキャルピング ブログランキングへ


にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村