おはようございます(^^)


昨日は、7月の米雇用統計で、非農業部門雇用者数は前月比25万5000人増と予想の前月比18万人増を上回ったことで円売り、ドル買いで反応しました!!

米長期金利の上昇と米株高が重なってドルが買い進まれて全面高となり、ドル円は、一旦伸び悩んだ後上げが加速して102円を突破しました!

その後、102円前半まで急伸するも継続出来ず、緩やかに下落しました。ただそれ程売り込まれる事もなく、101円800銭付近を維持して終わっています。

NYダウも雇用統計の結果を受けて全面高となり、191ドル高と急反発して終わっています。


ユーロ円は、雇用統計発表後も、一旦上昇するも上値が重い展開でしたが、ボリンジャーバンドの−2σ付近にタッチしたので反発し、ドル円の後を追いかけるように上昇して、112円800銭台で長期線の上に乗って終わっています。


豪ドル円は、日足の5日移動平均線の上にいたので、日中はかなり底堅い展開でした。雇用統計発表後は反応が鈍く上値が重い展開でしたが、ボリンジャーバンドの−2σを越えた辺りまで上昇して終了しています。


ドル円、クロス円共に日足が上向いてきましたね!ストキャスティクスもそろそろゴールデンクロスしそうです。(^o^)


トレードの結果は、朝一のドル円の上昇に乗れて幸先の良いスタートだったのですが、その後のトレードのタイミングが悪く、引きつけずに早めに入ってしまいロスカット…。

しかも反発の弱い通貨ばかりに入ってしまい、コツコツドカンを繰り返して、夕方までに−120pipsまでなってしまいました(ノ_-;)ハア…

そこで雇用統計の発表を待ち、少し落ち着いてからロングで入って、何とか−61pipsまで戻せたので良かったです(^^;;


かなり疲れた1日でした…(ノ_-;)ハア…


雇用統計と考えると、もっと一気に上昇しても良いかなと思いますね!

雇用統計の発表が予想以上に良かったので、来週はこの流れを受けて円売り、ドル買いが進みそうですね!!


週明けは、上昇が期待できそうなので凄く楽しみです٩(*>▽<*)۶

皆さん、良い週末をお過ごし下さい(^-^)
$RelatedArticles$>