にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ 

皆さん、おはようございます(*^o^*)/ 今週もやる事が多くてバタバタの毎日です。しかもあっという間に木曜日だし、最近は曜日感覚もほとんどない状態で一週間が本当に早いです。

昨日のドル円は、一昨日の安値を割り込むことなく反発してじりじりと戻す展開が続きました。日経平均株価と連動している感じで、戻してはいましたが警戒している感じもあって、昨晩はNY市場が休場だったので積極的はならなかったのかな!?今朝のドル円は113円18付近で推移しています。

ではドル円の日足を見ると、昨日はそれほど下げることなく-1σも越えてきて上昇し陽線を付けています。本日はミドルラインの少し下付近から始まっています。

ボリンジャーバンドの-2σから反発した形となり本日も底堅い展開となりそうです。ただ上値はというとミドルラインが25日線をデッドクロス気味になって下向き始めていますので、ミドルライン付近では上値が重くなりそうです。

またボリンジャーバンド全体も下向きつつあり、MACDもデッドクロスしていますので上値は限定的となるかなと見ています。

とりあえず昨日の高値を越えてきたらミドルライン付近で様子を見て、もしミドルラインを越えてきたら赤の抵抗線のトレンドライン付近まで。

このまま下落した場合は、ラウンドナンバーの113円00付近や-1σ付近でサポートされるのか様子をみたいところです。

とりあえず三角保ち合いの中にひたすら残りたそうに見えますね!
IMG_0699

次に4時間足を見ると、ボリンジャーバンドの-3σ付近から戻した後、ミドルライン付近で勢いが止まっています。

今のポイントはネックラインでもあり、また下向きの90日線やミドルライン、25日線もありますので戻り売りポイントとして上値が重くなりそうです。青の支持線のトレンドラインを割り込んでくると、上向きの10日線や-1σ付近まで下落してきそうです。ただ-1σは下向いていますのでサポートされないかもしれませんのでしっかりと反発を確認してからがいいでしょう。

もし-1σを割り込んできたら青の水平線付近からの切り上げ、押しの50%付近でもありますのでどうなるか見たいところで、下落の勢いが強いと最悪は-2σ付近まであるかもしれません!?

一応MACDがゴールデンクロスしていますので113円前半から112円後半での横ばいになるかなと見ています。
IMG_0700

上昇した場合は、まず113円17付近、次に昨日の高値の113円25付近、ここには4時間足の25日線や60分足の+2σや90日線などがあるので、かなり厳しそうで、もし越えてきたら60分足の+3σがある113円32付近、次に4時間足の雲の上限がある113円42から48付近までとなりそうです。

下落した場合は、まず4時間足の10EMAや200日線がある113円10付近、ここを割り込んだら下押しに注意して、次に60分足の25日線がある113円04から00付近、次に60分足の-2σや基準線がある112円93付近、ここでは反発してくる可能性もあるので様子をみて、もし反発が弱いようであれば112円85から80付近や112円72付近、直近の安値の112円60付近となりそうです。

☆☆☆スキャトレふうた ドル円のサポートとレジスタンス!!☆☆☆ 
ピボットライン ※意識されやすいラインで、重要な節目のポイントになります。
サポート 
1、113円10付近
2、113円04から00付近
3、112円93付近

ピボットライン
113円03付近

レジスタンス 
1、113円17付近
2、113円25付近
3、113円32付近
トレードをする際は自己責任でくれぐれもご注意下さい! 
 ------------------
期間限定キャンペーン開催中~!!
精度が高い!エントリーがわかりやすい
勝ち報告多数!!
初心者の方、女性の方からも
大好評の「今までになかったインジケータ―
インジケーターの詳細はこちら
インジケーターも入ったチョーお得なセットはこちら
 ------------------
朝の雰囲気だと上値が重く下押しスタートなりそうなので、東京市場が始まったら日経平均株価の動きを見て反応をみたいところです。

昨日は戻してましたが、本日がじり下げになるかもしれませんので、じりじりとした動きや横ばいとなったら様子見するのが一番ですね(*^^)v

あと今晩はアメリカの経済指標、ADP雇用統計やISMもありますので動きがあるかもしれませんね!?楽しみです(^^♪

では皆さん、本日も無理せず頑張りましょう〜宜しくお願い致します(*^-^*)
人気ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

★★★ゴゴジャンにて大好評販売中★★★
 




$RelatedArticles$>