MTF-BB_Smoothed


今回ご紹介する便利なインジケータ―は、マルチタイムフレームに対応したボリンジャーバンドです。

このインジケータ―は、例えば1分足に5分足のボリンジャーバンドを表示することが出来ます。

中級者以上の方は利用している方も多いかと思いますが、初心者の方は知らない方もいらっしゃるかなと思い書いてみました。


下記のチャートは全てドル円の1分足チャートです。

まずオレンジ色の点線が1分足の通常のボリンジャーバンドで、緑の実線が5分足のボリンジャーバンドです。

下記のチャートは上昇トレンド中ですが、5分足のミドルラインをサポートに+2σ付近を行き来しているのがわかります。

1分足のボリンジャーバンドだけだと、スクイーズからエクスパッションしてもどこで止まるかの目安がつきにくいと思います。特に初心者の頃は、せっかくトレンドに乗れて利益が乗ってもどこで利確したらいいのかわからない方が多いかと思います。

そこで目安になるのがマルチタイムフレームに対応したボリンジャーバンドです。

MTF-BB ブログ


下記のチャートは、下降トレンド中のドル円の1分足です。

こちらもチャネルにはまっている感じで、ちょうど5分足のボリンジャーバンドのミドルラインと-2σの間を行き来している感じです。

MTF-BB ブログ2

下記のチャートは値幅が大きめのレンジの状態です。

5分足のボリンジャーバンドの-2σからミドルラインで動いていたのが、ミドルライン付近で横ばいになるとミドルラインを上抜けして+2σまで上昇しているのがわかりますね!

1分足と5分足を見ながらスキャルピングをやっていても、どうしても1分足だけに集中してしまって、5分足の目安になるボリンジャーバンドを見てないなんてこともあると思います。

そこでこの様に1分足チャートに5分足のボリンジャーバンドも一緒に表示することで、上値と下値の目安が出来て、利確のポイントが分かりやすくなります。

MTF-BB ブログ3

こんな感じですね!!

MTF-BB ブログ4

MTF-BB ブログ5

他にも、5分足に60分足のボリンジャーバンドを表示したり、様々な使い方が出来ますので、色々と試して検証するのも面白いと思います。

トレーダーに人気のあるボリンジャーバンドですので、これを使わない手はないですね(*^^)v


【パラメーター設定方法】(MTF-BB_Smoothed.ex4)

※インジケータ―は下の方でダウンロード出来ます。 

◆Time_Frame

ボリンジャーバンドの時間足を設定です。

1分足 = 1、5分足 = 5、15分足 = 15、30分足 = 30、1時間足 = 60
4時間足 = 240、日足 = 1440、週足 = 10080、月足 = 43200

「0」のままだと、表示している足の通常のボリンジャーバンドが描画されます。

◆Bands_Period

ボリンジャーバンドの期間を設定します。大体、「20」か「21」の設定がおすすめです。

◆Bands_Deviations

標準偏差ラインの倍率を設定します。±1σを表示したいのであれば「1」、±2σを表示したいのであれば「2」、±3σを表示したいのであれば「3」を入れて下さい。

◆Bands_Shift

ボリンジャーバンドを左右にシフトさせることが出来ます。これはそのままでいいと思います。

◆Smooth_Mode

MTF-BBのラインの表示設定です。
「true」 = 滑らかに描画します。「false」= 通常描画します。

◆Use_Custom_Bars


インジケータの描画本数を変更可能にするかどうかを選択します。デフォルトでは「true」に設定してあります。

「true」 = 変更可能。「false」 = 変更不可。

◆Custom_Bars

インジケータの描画本数を設定します。数字を大きくすれば長い期間ラインがチャートに描画されます。


参考になれば幸いです(#^^#)




インジケータ―のダウンロードは、下のインジケータ―名を右クリックして、「対象をファイルに保存」を選択して下さい。

MTF-BB_Smoothed.ex4 

PCにダウンロードして保存したら、インジケータ―をMT4に格納してご利用下さい。












$RelatedArticles$>