今回は、私個人の利益確定の考え方をお伝え致します。(先日は失礼致しました。修正しました。)



よく、『利確するならどこが良いんですか?』と質問を受ける事があります。



私はFXを始めて早い段階から、利確するポイントはなるべく決めてエントリーしていたので、あまり利確について悩んだ事がありません。


確かに、エントリーした後利益が乗ってくると欲が出てしまい引っ張りたくなるのは誰しもが思う事だと思います。

エントリーした後にずっとプラスゾーンで推移していれば特に問題はないですが、レートは上下動しますので、上がったとしてもまた建値まで戻ってきてしまったり、下手をするとマイナスゾーンに入ってしまったり、また急な上下動で下落してしまう事もあるのでストレスも溜まってしまいます。


結果論ではありますが、上昇した時に一度利確しておいて、レートが下がってきた時に再度エントリーすれば良かったんじゃないかって考えてしまいますよね!?
ただ、やはり大きく取るには長めに保有していなければ無理だし、じゃ~どうしたら良いのかって考えますよね・・・。


そこで私の考え方としては、今ここでエントリーして、ここで利確をするならば、何pips取れるのかを考えてからエントリーするようにしています。 ※長めに保有する場合も同じです。


たまに考えるのが、上位足で見るとまだ上昇するとわかっていても、スキャルピングがメインの私としては、下位足で目先高値の状況ではエントリーしません。 せめて5分足でミドルライン付近まで下落してからエントリーしたいと考えます。


私が長めに保有しようとするのは、どの足でも良いんですが、第三波の波が発生すると思われる時だけにしています。




利益確定のタイミング


スキャルピングの場合

1分足、または5分足でボリンジャーバンドの+2σ付近を目安に利確しています。


デイトレードの場合

15分足や60分足等の上位足でボリンジャーバンドの+2σ付近を目安に利確しています。


トレンドが発生した場合

上昇している過程で意識されている移動平均線やボリンジャーバンドを確認しておきます。例えば、10日線やボリンジャーバンドの−1σ等をローソク足の実体で完全に下回ったら利確するようにしています。

※オーバーシュートした場合はすぐに利確しています。




ポイント


①サポートライン(支持線)やレジスタンスライン(抵抗線)付近では少し手前で止まってしまうこともあるので、早めに利確するように意識しています。



②上昇過程での押し目なのか、下降トレンド中の買戻しなのかの判断には注意しています。

例えば、上昇トレンドになった時の押し目買いは長めに保有することはありますが、下降トレンド中の買戻しでは長めの保有はしません。




ちなみにこれは状況によって変えていますが、かなり下で拾えた時や、反発がしっかりとあった時は、ミドルライン付近等で一旦目安となるポイントで利確するようにしています。



まだ上昇すると考える場合

利益が乗っている時は、半分利確、または全部利確して、少しでも安くなった所で再度拾うようにしています。



ショートの場合は逆に考えるようにして下さい。



この様な感じで、必ず利確ポイントはエントリーした時に決めておく、またオーバーシュートしたら必ず利確すると言うように、事前にしっかり決めておけば躊躇する事なく利確がすることが出来ますね!


そうすることでコツコツではありますが必ず利確する事が出来ます。


せっかく利益があったのに利確を躊躇した事によって、利益が全部なくなったり、マイナスになってしまっては元も子もありません。


この様な感じで考えています。参考になれば幸いです(*^^*)v



いつも応援ありがとうございます。引き続き応援して頂ければ幸いです(#^^#)宜しくお願い致します。

  
FXスキャルピング ブログランキングへ


にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村