こんにちは(*^^*)


今日でゴールデンウイークもおしまいですね(^_^;)最終日ちょっと曇ってはいますが、腰もまだ痛いですが食事位は行きたいなと思っています。   

では、来週のドル円の展望です。


まず金曜日の雇用統計ですが、今回も大した事なかったなといった印象です。

雇用統計の結果が良かったにも関わらず上値も限定的で、しかも上昇後の売りが強かったので来週はどうなるのかなと少し不安にもなりました。


やはりフランス大統領選の結果を控えているのが上値を抑えた要因なのかなと考えています。 それでも何とか引けで上昇して112円700付近はキープして終わってはいるので上昇の期待度は高そうです。


週明けにはフランス大統領選の結果が出ていますので、朝一の動きには注目ですね! (^^)/また、9日には韓国の大統領選挙も控えているので、当日は波乱が起こる可能性もあります。



では週足を見てみると、長めの陽線で終わっていて週を通して買い意欲は強かったものの、ボリンジャーバンドのミドルラインが下向きのため越えられず跳ね返されています。

その付近には25日線も重なっていて、かつ抵抗線のトレンドラインもあるので売りが強く越えられなかったんだと思います。

週足のRCIはダブルボトム的に上向きになってきているので、上目線が続きそうです。 来週はミドルラインを越えられるかが焦点となりそうです。   




次に日足を見ると、ボリンジャーバンドの+1σで反発して、90日線の上付近で終わっています。 長めの下ひげを出し陽線で終わっているのでまだまだ買いの強さがあります。

ちなみにボリンジャーバンドの+1σと+2σが間での動きが意識されている感じで、
MACDはまだ勢いが衰えていない感じなので、もう一伸びありそうです。



ちょうど節目の付近に位置しているので予測が難しい状況ではあります。フランス大統領選の結果次第だと思いますが、好影響で上昇して反応すれば115円を目指す動きに繋がるかなとみています。

逆に悪影響で下落して反応した場合は、どこまで下落するのかにもよりけりですが、バンドもスクイーズしてきているので、111円台から112円台の値幅の狭い展開が続きそうです。

フランス大統領選の結果も織り込み済みと言われているので、それほど大きな下落はないと予測しています。


週明けの国内株式市場は、先高観の期待が高まると言われているので、株価が上昇すればそれに連れてドル円も上がる可能性もあります。


個人的には、週明け上昇して始まって、113円台に乗せて高値更新を期待していますが、果たしてどうなりますか…!?


では皆さん、GW最終日!良い週末をお過ごし下さい٩(*>▽<*)۶


いつも応援ありがとうございます。引き続き応援して頂ければ幸いです(#^^#)宜しくお願い致します。

  
FXスキャルピング ブログランキングへ


にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村