FXブログ スキャトレふうた 20万円から1億円目指す!!

FXブログ スキャトレふうた 20万円から1億円目指す!!

FX4年目、専業トレーダーです。 初心者の方にもわかりやすく、トレードにすぐに使える簡単な手法や考え方、毎日重要なレジサポラインも書いています。トレードの参考になるポイント等を初心者目線で簡単に書いています。目指せ常勝億トレーダー!!(*^^)v

にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ 
 ------------------
新しいロジックを追加して精度を上げた!!新インジケーター Victory.ver(ドル円1分足専用)
今までになかったインジケータ―」購入者様へ限定価格で先行販売中!!

精度が高い!エントリーがわかりやすい
勝ち報告多数!!
初心者の方、女性の方からも大好評の「今までになかったインジケータ―
インジケーターの詳細はこちら
インジケーターも入ったチョーお得なセットはこちら
 ------------------

皆さん、おはようございます(*^o^*)/ 今朝も寒いですね~なかなか布団から出られなくて参いりました💦寒いのは得意なんですけど朝は辛いですね~(^▽^;)

今朝のドル円は109円05付近で推移しています。

ではドル円の日足を見ると、昨日の日中は109円前半で下げ渋る展開となり、欧州時間以降になると高値を更新して109円75付近まで上昇、その後はじり下げ展開となり、夜中には109円台も割り込んでいましたが、何とか反発して今朝は109円台を維持しています。

昨日はミドルラインを割り込んで安値を更新して長めの陰線を付けています。本日は少しだけ上向きのミドルラインに乗っていますが、すぐ上には下向きの25日線があり抵抗線となりそうです。

ボリンジャーバンドがスクイーズに向かっていて値幅も限定されそうで、ミドルラインと25日線の間が狭いのでどちらかに抜けた方についていきたいところです。とりあえず安値を更新してきたので戻してきたとしても、上は10日線付近、または、その少し上の抵抗線のトレンドライン付近位まで行ったら戻り売りには注意して、下落して昨日の安値を更新してきたら-1σや-2σ付近まで様子をみたいところです。

本日も下げているようだと、明日以降にMACDがデッドクロスしてきそうなので注意したいところです。
IMG_1305

次に4時間足を見ると、ボリンジャーバンドの+2σ付近まで戻しましたが戻り売りが一気に出て下落し長い陰線を付けています。ボリンジャーバンドはスクイーズに向かっていますが、全体的には下向きとなってきたので下目線となりそうです。また移動平均線も90日線以外は下向きの状態、このまま売りが強い状態が続くと90日線も徐々に水平から下向きとなってきて下落に向かいそうです。

押し目を付けたところからだと50%付近で反発していますのでこのまま戻す可能性もありそうですが、90日線を割り込んできたので戻りが弱いようだと、109円前半付近まで戻してから売りがまた増えるかもしれません!?

高値を切り下げて下落して安値を更新、MACDもマイナスゾーンに入って再びデッドクロスしていますので戻り売りに注意したいところです。

とりあえずは上は109円15付近、下は108円80付近を意識して東京時間はレンジ!?での動き、欧州以降はそれをブレイクしてくるかもしれません!?

IMG_1306
60分足では-2σを越えて戻してきていますので109円00付近でサポートされるようだと10EMA付近まで戻してから様子をみたいところです。

上昇した場合は、まず4時間足の-2σがある109円05付近、次に4時間足の90日線やサポートされていた109円12から15付近、ここでは戻り売りに注意して、もしこれを越えてきたら、次に60分足の10EMAがある109円20付近、109円28付近や109円34付近、この付近でも垂れ始めたら戻り売りに注意したいところです。

下落した場合は、まず109円00付近、次に60分足の-2σがある108円93付近、次に直近の安値の108円84から80付近、ここではダブルを刻むか様子を見て、もし安値を更新してきたら下落に注意して、日足の-1σのある108円53付近、ここでは反発しそうですが-2σのある108円前半付近まで念のため注意したいところです。

☆☆☆スキャトレふうた ドル円のレジサポライン!!☆☆☆ 
レジスタンス 
1、109円05付近
2、109円12から15付近
3、109円20付近

ピボットライン ※意識されやすいラインで節目のポイントにもなる時があります。
109円17付近

 サポート
1、109円00付近
2、108円93付近
3、108円84から80付近
トレードをする際は自己責任でくれぐれもご注意下さい! 
 ------------------
とりあえず月末で難しいところですが、東京市場はまた戻すかもしれませんが横ばいから下目線で見ています。ただダブルを刻んできたら注意したいところですが、週足的には来週は下げてきそうなのでNY時間には下落してくるのではないかなと考えています。

先日東京に帰宅しましたが、用事が溜まっていてバタバタしているのでニュースがほとんど見れてません!?まぁ~私はファンダはあまり気にしないのでテクニカルだけでもいいんですが、あまりにもニュースを見れてないと少しだけ気になりますね(笑)

では皆さん、月末なので急な値動きには注意して本日も無理せず頑張りましょう〜宜しくお願い致します(*^-^*)
人気ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

★★★ゴゴジャンにて大好評販売中★★★
 



にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ 
 ------------------
新しいロジックを追加して精度を上げた!!新インジケーター Victory.ver(ドル円1分足専用)
今までになかったインジケータ―」購入者様へ限定価格で先行販売中!!

精度が高い!エントリーがわかりやすい
勝ち報告多数!!
初心者の方、女性の方からも大好評の「今までになかったインジケータ―
インジケーターの詳細はこちら
インジケーターも入ったチョーお得なセットはこちら
 ------------------

皆さん、おはようございます(*^o^*)/

今朝は東京に戻って来てブログを書いてます!!大阪、帰りに新幹線が故障で動かなくなったりして、もう一泊することになったりと色々とありましたがとても楽しかったです(^^♪

ありがとうございましたm(__)m

今朝のドル円は109円30付近で推移しています。

ではドル円の日足を見ると、昨日はボリンジャーバンドの+1σと10日線付近で上値が重く、下は109円00付近が意識されて、終始その間での動きとなっていました。本日も昨日と同じ-1σの下付近から始まっています。

本日は10日線が下向きとなり10日線の下から始まったことで10日線が抵抗線となりそうです。ボリンジャーバンドが横ばいとなりレンジとなりそうで、垂れてきそうですがミドルラインの上にいますのでまだ踏ん張る可能性もありそうです!?

ただMACDも徐々に垂れてきそうなので本日当たりは注意したいところです。

上は10日線と+1σ付近、ここを越えて行けるのかがポイントで昨日の高値を越えてきたら上目線となりそうで、下はミドルラインのある109円付近でサポートされるのか見たいところです。下降三角型継続か、上抜けてくるのか!?
IMG_1293

次に4時間足を見ると、青の水平線のある109円付近から反発していますがミドルライン付近で押し戻されていますが、今のところは-1σ付近で踏ん張っています。

ボリンジャーバンドのが全体的に下向いていて、移動平均線も90日線以外は下向きの状態、90日線も微妙な状態となってきていますので売り優勢の展開が続きそうです!?

とりあえず上の黄色の抵抗線のトレンドラインを意識して越えてきたら上目線、-1σを割り込んできたら青の水平線を意識して、下降三角型内で収まるのか、または下抜けしてくるのか反発の状況を見ながら慎重に攻めたいところです。
IMG_1294
60分足がかなりスクイーズ状態で安値保ち合いの状況が続いていますので、次下抜けしたら注意したいところです。

上昇した場合は、まず109円44付近、次に4時足の基準線がある60分足の+2σと90日線がある109円51付近、ここにはかなり複数のラインがありますので戻り売りに注意!!もしここを越えてきたら、次に109円58付近、次に109円70、109円82、109円89、109円95付近までとなりそうです。

下落した場合は、まず109円28付近、次に60分足の-2σがある109円20付近、次に昨日の安値の109円15から13付近、ここを割り込んできたら注意して、109円00付近、日足のミドルラインがある108円95付近、ここではサポートされる可能性もあるので様子をみたいところです。次に108円80付近。

☆☆☆スキャトレふうた ドル円のレジサポライン!!☆☆☆ 
レジスタンス 
1、109円44付近
2、109円51付近
3、109円58付近

ピボットライン ※意識されやすいラインで節目のポイントにもなる時があります。
109円34付近

 サポート
1、109円28付近
2、109円20付近
3、109円15から13付近
トレードをする際は自己責任でくれぐれもご注意下さい! 
 ------------------
今日は月末のゴトー日!上位足が下降トレンド中ですが、それでも東京市場は買い上がってくるのか!?

とりあえず横ばいから下目線で、4時間足が戻り売りの局面になりそうなので注意ですね(;^_^A

今晩は米国のADP雇用統計等、他色々と経済指標の発表がありますので確認しておきましょう!

では皆さん、本日も無理せず頑張りましょう〜宜しくお願い致します(*^-^*)
人気ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

★★★ゴゴジャンにて大好評販売中★★★
 



にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ 
 ------------------
新しいロジックを追加して精度を上げた!!新インジケーター Victory.ver(ドル円1分足専用)
今までになかったインジケータ―」購入者様へ限定価格で先行販売中!!

精度が高い!エントリーがわかりやすい
勝ち報告多数!!
初心者の方、女性の方からも大好評の「今までになかったインジケータ―
インジケーターの詳細はこちら
インジケーターも入ったチョーお得なセットはこちら
 ------------------

皆さん、おはようございます(*^o^*)/ 事情があって今も大阪にいます(;^ω^)メールご返信出来てなくて申し訳ございませんm(__)m今日は帰宅しますので今しばらくお待ちください。

今朝のドル円は109円32付近で推移しています。

ではドル円の日足を見ると、ボリンジャーバンドの+1σが抵抗線となり下落すると、夜には10日線や25日線を割り込んで下ひげのある陰線を付けています。

本日は25日線の上、10日線の下に位置しています。25日線と10日線値幅の狭いの間に挟まっていますので抜けた方についていきたいところで、陰線が二本続きトレンドラインを割り込んできていることを考えると下落する可能性の方が高いのかなと考えています。

ただ昨日は下ひげ少しですが出ていますので、昨日の安値を割り込むまでは注意したいところで、あとミドルラインや25日線が水平になりつつあるので、サポートされる可能性もあるので109円前半で底堅い展開となれば今一度反発に向かうかもしれません!?

とりあえず下は25日線とミドルラインを意識して、上は10日線と+1σを意識しておきたいところです。MACDもだいぶ弱まってきていますので、売りが強くなったら逆張りは注意したいところです。

IMG_1274


次に4時間足を見ると、ボリンジャーバンドがスクイーズから下にエクスパンションしています。

青の水平線の付近で反発していますが下向きの-1σ付近では上値が重く戻りが弱い状態となっています。青の水平線で二番底を形成していますが、10日線がミドルラインをデッドクロスしているため引き続き上値が重いのが継続しそうです。

下降三角型にはまっていますので、このまま上値が多い状態が続けば下抜けてくる可能性もあります。ただ109円付近には上向きの90日線と-3σがあり一旦はサポートされる可能性が高いかなと見ています。

ただエクスパンションしてきますし、MACDがマイナスゾーンに入ってきていますので下落には注意したいところです。
IMG_1275
上昇した場合は、まず4時間足の-1σがある109円38から40付近、次に4時間足の10日線や60分足の+2σがあるの109円46から50付近、次に4時間足のミドルラインがある109円58付近、この付近では戻り売りに注意して、もし越えてきても4時間足ぼ+1σのある109円75付近でも戻り売りに注意したいところです。

下落した場合は、まず109円25付近、次に60分足の-2σがある109円18付近、次に昨日の安値の109円15付近、これを割り込んできたら下落に注意して、次に4時間足の90日線のある109円05から00付近、ここでは反発するかを見て、反発が弱ければ108円80付近まで注意したいところです。

☆☆☆スキャトレふうた ドル円のレジサポライン!!☆☆☆ 
レジスタンス 
1、109円38から40付近
2、109円46から50付近
3、109円58付近

ピボットライン ※意識されやすいラインで節目のポイントにもなる時があります。
109円38付近

 サポート
1、109円25付近
2、109円18から15付近
3、109円05から00付近
トレードをする際は自己責任でくれぐれもご注意下さい! 
 ------------------
4時間足が微妙なので60分足を見て判断したいところでボリンジャーバンドがスクイーズしてダイバージェンスしていますので、日経平均株価の状況を見ながら下か上か判断したいところです。

では皆さん、本日も無理せず頑張りましょう〜宜しくお願い致します(*^-^*)
人気ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

★★★ゴゴジャンにて大好評販売中★★★
 



↑このページのトップヘ