FXブログ スキャトレふうた 20万円から1億円目指す!!

FXブログ スキャトレふうた 20万円から1億円目指す!!

FX4年目、専業トレーダーです。 初心者の方にもわかりやすく、トレードにすぐに使える簡単な手法や考え方、毎日重要なレジサポラインも書いています。トレードの参考になるポイント等を初心者目線で簡単に書いています。目指せ常勝億トレーダー!!(*^^)v

にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ 
 ------------------
2019年1月26日(土)勉強会in大阪

前回も大勢の方に集まって頂きましてとても楽しかったですよー(^^♪
参加者様同士の交流もとても勉強になりますよ!
真面目な勉強会だけですのでご安心下さい(^^)/
 ------------------
ゴゴジャンのサイトの商品ページの不具合が解消したみたいです。
問い合わせ頂いていた方、大変お待たせして申し訳ございませんでしたm(__)m
皆さん、おはようございます(*^o^*)/

昨日のドル円は、日中は小動きでつまらない動きでしたが、夜中に急落していたんですね!いつかは落ちるのかなと思ってましたが、やはりNY時間ですね!今朝のドル円は108円15付近で推移しています。

ではドル円の日足を見ると、昨日はボリンジャーバンドの-1σ付近で上値を抑えられて反落すると、108円を割り込み107円95付近まで下落して陰線を付けています。

本日はこのまま切り上げていくのか、または安値を更新してくるのかポイントとなりそうで、朝の時点では108円台前半での推移となっていますが、まずは東京市場の反応を見たいところです。

まず目先は108円15付近から107円95付近を意識して、それを越えてきたほうについていくようなイメージをしています。ただもし戻したとしてもボリンジャーバンドの-1σのある付近では警戒した方がよさそうで、-1σ付近で上値が重く垂れてきたら注意したいところです。

下は107円95を割り込んで安値を更新してきたら、フィボナッチの38.2%のある107円45付近、50%の106円95付近を意識しておきたいところです。値幅があるのでポイント付近では少なからず反発してきそうですが、反発が弱く横ばいになってきたら注意したいところです。一応、今の108円付近は23.6%付近でもあります。 
IMG_1054

次に4時間足を見ると、ボリンジャーバンドの+2σ付近でダブルトップとなり下落すると、-2σ付近でなんとかとどまっていますが戻りが弱く、ボリンジャーバンドがエクスパンションしそうです。

MACDもデッドクロスしてきていますので、戻り売りに注意したいところで、10日線がミドルラインをデッドクロスしてきたらその付近では上値が重くなりそうで、このまま戻りが弱い状態が続くと-1σと-2σの間でバンドウォークになる可能性もありそうです。

ダイバージェンスからの下落なので更なる下げには注意しておきたいところで、もしロングを狙うのであればしっかりと反発のサインが出るまでは注意したいところです。

下にある黄色の支持線のトレンドライン付近ではサポートされるか見たいところです。
IMG_1055

上昇した場合は、まず108円15付近、次に60分足の10EMAがある108円25から30付近、次に4時間足の25日線や10EMAがある108円44から46付近、もしこれを越えてきても4時間足のミドルラインのある108円55付近や、日足の-1σのある108円60付近では戻り売りに注意したいところです。

下落した場合は、まず108円05から00付近、次に昨日の安値の107円95付近、次に4時間足の-3σがある107円80から75付近、次にフィボナッチの38.2%がある107円45付近、ここではサポートされるか見たいところです。

☆☆☆スキャトレふうた ドル円のサポートとレジスタンス!!☆☆☆ 
ピボットライン ※意識されやすいラインで、重要な節目のポイントになります。
サポート 
1、108円05から00付近
2、107円95付近
3、107円80から75付近

ピボットライン
108円33付近

レジスタンス 
1、108円15付近
2、108円25から30付近
3、108円44から46付近
トレードをする際は自己責任でくれぐれもご注意下さい! 
 ------------------
新インジケーター(ドル円1分足専用)今までになかったインジケータ―」持っている方を優先に先行限定価格で販売決定!!

精度が高い!エントリーがわかりやすい
勝ち報告多数!!
初心者の方、女性の方からも大好評の「今までになかったインジケータ―
インジケーターの詳細はこちら
インジケーターも入ったチョーお得なセットはこちら
 ------------------
今日はゴトー日!上位足が下降トレンドになるのか!?または切り上げの展開になるのか!?4時間足がエクスパンションしてきたら微妙だし、日足的にはもう少し下かもしれませんね!?

NYダウは米中貿易摩擦への警戒感が後退したことで91ドル高となっていますが、日経平均株価もその流れを引き継いでくるのか!?もし寄り天になってしまうとドル円にもいい影響はなさそうです(;^ω^)

値幅が乏しくなってきたら無理せず様子見にしてやらない方がいいですね!!

では皆さん、本日も無理せず頑張りましょう〜宜しくお願い致します(*^-^*)
人気ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

★★★ゴゴジャンにて大好評販売中★★★
 



にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ 
 ------------------
2019年1月26日(土)勉強会in大阪
前回も大勢の方に集まって頂きましてとても楽しかったですよー(^^♪
真面目な勉強会ですのでご安心下さい(^^)/
 ------------------
皆さん、おはようございます(*^o^*)/ 今朝は特に寒い感じですね…暖かい服装でしっかり風邪予防も!ホッカイロを忍ばせておくといいかもですね(#^^#)

今朝のドル円は108円72付近で推移しています。

ではドル円の日足を見ると、昨日は底堅い展開となり109円台まで戻していましたが、やはりボリンジャーバンドの-1σで上値を抑えられて反落、今朝は108円70付近での推移となっています。

本日は-1σの下から始まっていて、黄色の支持線のトレンドラインが割り込んでいるようにも見えます。

もしトレンドラインを割り込んでいると判断されると一旦は下落する可能性が高まりそうで、昨日は上ひげと下ひげが出ていますので売りと買いが交錯していて、かつ、本日は高値を切り下げて始まっているためそろそろ折り返す可能性が高くなりそうで下落する可能性があります。

下の値幅があるのでどこまで下落するのかは日足では判断しにくいので、4時間足や60分足で判断した方が良さそうです。
IMG_1048
次に4時間足を見ると、ボリンジャーバンドがスクイーズしていますのでそろそろ動き出しそうです。

ボリンジャーバンドの全体とミドルラインが若干上向いているため底堅い展開は続きそうで、+2σ付近で上値を抑えられた後にミドルラインから反発していますので、このまま上昇出来れば直近の高値を意識して、もし高値を更新してきたら+3σ付近まであるかもしれません!?

日足のトレンドラインが意識されているのか、朝一は少し垂れてきている感じなので、もしミドルラインでサポートされず下落してしまうと、25日線や-1σのある108円前半まで下落してきそうです。

少し気になるのが、ダイバージェンスを起こしていますので売りが強くなってきたら逆張りには注意したいところです。
IMG_1049

上昇した場合は、まず108円85付近、次に日足の-1σがある108円93付近、次に109円00付近、次に昨日の高値の109円07付近、もしこれを越えてきたら109円25付近や109円40付近までかなと見ています。

下落した場合は、まず4時間足の10EMAがある108円70付近、次に108円60付近、次に60分足の-2σがある108円54付近、ここではダブルボトムになるのかを見て、反発が弱く安値を更新してくるようなら4時間足のミドルラインや60分足の-3σ、雲の上限がある108円43付近、ここでも反発してくるか見たいところですが、高値を切り下げて安値を更新してきてしまうので注意したいところです。

更に下は108円30や20、108円07付近。

☆☆☆スキャトレふうた ドル円のサポートとレジスタンス!!☆☆☆ 
ピボットライン ※意識されやすいラインで、重要な節目のポイントになります。
サポート 
1、108円70付近
2、108円60付近
3、108円54付近

ピボットライン
108円76付近

レジスタンス 
1、108円85付近
2、108円93付近
3、109円00付近
トレードをする際は自己責任でくれぐれもご注意下さい! 
 ------------------
新インジケーター(ドル円1分足専用)今までになかったインジケータ―」を持っている方向けに限定価格での販売決定!!

精度が高い!エントリーがわかりやすい
勝ち報告多数!!
初心者の方、女性の方からも大好評の「今までになかったインジケータ―
インジケーターの詳細はこちら
インジケーターも入ったチョーお得なセットはこちら
 ------------------
今日は横ばいから下目線で見ていますが動きがじりじりとしているので難しい状況です。

とりあえず4時間足と60分足のボリンジャーバンドを軸に見て、トレンドに逆らわない様に攻めたいところです。

では皆さん、本日も無理せず頑張りましょう〜宜しくお願い致します(*^-^*)
人気ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

★★★ゴゴジャンにて大好評販売中★★★
 



にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ 
 ------------------
新インジケーター(ドル円1分足専用)今までになかったインジケータ―」向けに先行限定価格で販売決定!!

精度が高い!エントリーがわかりやすい
勝ち報告多数!!
初心者の方、女性の方からも大好評の「今までになかったインジケータ―
インジケーターの詳細はこちら
インジケーターも入ったチョーお得なセットはこちら

 ------------------
皆さん、おはようございます(*^o^*)/

今朝のドル円は108円70付近で推移しています。

ではドル円の日足を見ると、昨日は朝一から下落するも、ラウンドナンバーの108円00では底堅い展開となり反発、少しですが高値も更新して下ひげのある陽線で確定しています。本日は昨日の底堅い流れを維持できるのかがポイントとなりそうです。

年末年始は大きく動きましたが、通常営業になると今まで通り小動きの感じとなってきています。戻りを試す局面ですが、買い上がる材料がないために上値が重くなっている感じもあり、今日あたりは垂れてくる可能性もありそうです。

とりあえず下の黄色の支持線のトレンドラインを意識して、それを割り込んできたら昨日の安値付近まで様子見、もし高値を更新してきたら109円00付近、またはボリンジャーバンドの-1σ付近まで様子見したいところです。

日足ベースだとレジサポが離れすぎているので、こういう時は4時間足や60分足をベースに見ていると良いかもしれません!?ちなみにRCIの短期線は少し上向いてきています。
IMG_1035

次に4時間足を見ると、戻りを試す局面になっていますが戻り印象です。ボリンジャーバンドがスクイーズに向かっていますので、一旦は上値が抑えられる可能性が高くなってきています。レート幅が広いので+2σまでは値幅が結構ありますが、下向きの+2σ付近では戻り売りに注意したいところです。

ただ今のポイントもネックラインになっている感じなので、東京市場が始まり垂れてきて25日線を再び割り込んできたら下押しに注意したいところです。

この感じからすると、今一度-1σや-2σ付近まで下落してサポートされるのかを確認しないと更に上には戻していけないかもしれませんね!?
IMG_1036
60分足では+2σが意識されて上値が重くなっています。

上昇した場合は、まず直近の高値の108円75付近、これを越えてきたら、次に108円83付近、次に108円93付近、次に109円00付近、次に4時間足の+2σのある109円06付近では戻り売りに注意したいところです。

下落した場合は、まず60分足の10EMAがある108円55付近、次に108円50付近、次に4時間足の25日線や60分足のミドルラインがある108円40から38付近、もしこれを割り込んできたら下押しに注意して、次に60分足の90日線がある108円22付近、次に108円15付近、次に108円03から00付近までとなりそうです。

☆☆☆スキャトレふうた ドル円のサポートとレジスタンス!!☆☆☆ 
ピボットライン ※意識されやすいラインで、重要な節目のポイントになります。
サポート 
1、108円55付近
2、108円50付近
3、108円40から38付近

ピボットライン
108円50付近

レジスタンス 
1、108円75付近
2、108円83付近
3、108円93付近
トレードをする際は自己責任でくれぐれもご注意下さい! 
 ------------------
2019年1月26日(土)勉強会in大阪
希望が沢山ありましたので年明け一発目は大阪での開催となりました。
前回も大勢の方に集まって頂きましてとても楽しかったですよー(^^♪
真面目な勉強会だけですのでご安心下さい(^^)/
 ------------------
朝の時点だと少し垂れてきそうな感じです。一応高値を更新してきてますのでもう一度は押し目を付ける可能性もありそうですが、4時間足の10EMAの位置等にも注意して、垂れてきて売りが強くなってきたら下押しには注意したいところです。

あと日経平均株価が2万円台を回復していますので、2万円台を維持できるのかも注視しておきたいところですね(*^^)v

では皆さん、本日も無理せず頑張りましょう〜宜しくお願い致します(*^-^*)
人気ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

★★★ゴゴジャンにて大好評販売中★★★
 




↑このページのトップヘ