FX スキャトレふうた 20万円から1億円目指す!!

FX4年目、専業トレーダーです。 初心者の方にもわかりやすく、トレードにすぐに使える簡単な手法や考え方、毎日重要なレジサポラインも書いています。トレードの参考になるポイント等を初心者目線で簡単に書いています。目指せ常勝億トレーダー!!(*^^)v


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


皆さん、こんにちは(*^^*)/


ドル円の来週の展望です。

では、ドル円の週足を見てみましょう。

ボリンジャーバンドの+2σで跳ね返されて、長めの陰線をつけています。

下落した付近には、抵抗線のトレンドラインや5日線、25日線やミドルラインもあり、MACDもゴールデンクロスしているので、売り圧力は強いもののすぐに割り込んでいかないのではないかなと考えています。



次にドル円の日足を見てみましょう。

ダブルボトムからの上抜けに失敗し、結構な長く続いた上昇トレンドも崩れて下落、25日線やフィボナッチの38.2%がある付近で反発して、ミドルラインの下に位置しています。

MACDがデッドクロスしそうなので、更に下落する可能性も高まっています。

日足

今後の流れを考えてみると、そのまま反発上昇となるか、90日線や雲のある付近まで少し下落してからの反発となるのか、またはそのまま下落する事も頭に入れておかなければなりません。

一応、90日線が水平になってきているので、半値押し付近からの反発となるのか、またはレンジでの動きとなるかなと考えてはいます。



次にドル円の4時間足を見てみましょう。

ボリンジャーバンドの−3σ付近から反発して−2σの上付近に位置しています。

−3σからの反発なので戻す可能性もありますが、10日線も90日線を割り込みそうなので、戻したとしても90日線付近では雲の下限やミドルラインも下向きで迫ってきているので、戻り売りが優勢となりそうです。




下位足では週末だった事もあってか安値保ち合いとなっているので、週明けの動きがどうなるかで目先の流れが決まるのかなと思います。


週足、日足、4時間足を見ると少し悩みそうな局面ですね!

売りと買いが交錯するかもしれませんので、週明けは上や下と決めつけずに流れに乗ることを意識してトレードしたいなと考えています。


では皆さん、良い週末をお過ごし下さい(*^^*)v

いつも応援ありがとうございますm(__)m引き続き応援して頂ければ幸いです(#^^#)










人気ブログランキング


皆さん、こんばんは(^^)/


今回はご購入者のTさんからの報告です。

Tさんは普段スイングトレードもされているようで、その時にナンピン手法を上手く取り入れてトレードされているそうです。

ナンピン(難平)とは、買い建てた後に価格が下落した場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値(平均取得価格)を下げる手法です。


そのナンピン手法をスキャルピングに応用して、インジケーターの矢印がその時の高値や安値で出現したらエントリーして、その後逆行したとしてもすぐにロスカットせずにナンピンをしていくそうです。
それでほとんどが利益となっているそうです。


では、Tさんのメール内容です。

手法と言えるか、ただのナンピンなんですけどね。

もう少し詳しくご説明すると、黄丸や星が出た後の矢印でエントリーして、思い通りに行けばそのまま利確ですし、逆に行けば決めておいたレートでナンピンするか、または、エントリー後に黄丸や星が更新されてしまったら、時間足を切り替えてチャートを(矢印)リセットし、新たな矢印が出たらナンピンをします。


ただ、自分の場合はナンピンは2回まで、要するにポジションは3つまでとしています


もともとエントリーしていたロット数を3分の1にして行っているだけなので、1エントリーの利益はもちろん3分の1ですが格段に安心感と余裕が生まれ、最終的な利益は格段に増えました。


ですが今のところ、ほとんどナンピンする事はなく利確しています。

ナンピンしたとしても1回ぐらいで、2回目をした事はありません。それぐらい矢印の制度は良いという事だと思います。



とても参考になりますね!

おそらくTさんは環境認識や自分のルールをしっかり構築出来ているんだと思います。

それに私のインジケーターのサインをエントリーの目安にしてトレードされているのかなと思います。


ちなみに私も分割した売買手法はよくやります。

このレートまで来たら買いを入れたいと考えていた場合、そのレートに少し手前で反発してしまうことも多々あります。


そこで狙っているレートの少し手前(3~5pips)でもエントリーしておいて、狙っているレートまできたら買い増し、更に下落してしまった場合にも買い増しすることもあります。


買い増す配分は、レートの少し手前で50%、狙っているレート50%、更に下落してしまった場合は状況に応じて配分を決めます。



ルールはしっかり決める!!

ナンピンは確かに有効な手法ですが、いつまでもナンピンしていると大きな損失となってしまいます。

万が一狙っているレートを大きく割り込んだ場合、ここまで来たらロスカットするとしっかり決めておき、いつまでもナンピンしたり、下落してもいつまでも保有することは絶対にしません。

明確な根拠があれば下落しても保有し続けることもありますが、そこは結果論と考えて無駄に保有し続けることはほとんどしません。(初心者の頃に大きな損失を出したからです)

もし戻って来て上昇しそうな流れになったら、再度エントリーし直すようにしています。


Tさんも資金管理はしっかりされているので、ナンピン手法を上手く使いこなせているんだと思います。


トレードは欲張っているとなかなか儲けることが出来ません。状況に応じて上手く分割エントリーすることでメンタル的に楽になり、冷静に判断することが出来ます。

一度に全力でエントリーしてしまうと、レートが逆行した場合、トレードに慣れていない時期は焦ってしまい冷静な判断が出来なくなります。

その様なことを避けるためにも分割エントリーを利用するのはいいかもしれませんね!


トレードは自己責任です!


FXや株で儲け続けたいと考えているなら、人がそう言ってたからとかでエントリーするのではなく、勝っても負けても、その時エントリーした根拠を示せるようになれば、相場のせいにしたり、人のせいにしたりすることもなくなり、無駄なエントリーも減って自信が持てるようになります。



ちなみに私は分割エントリーを実践する事で、エントリーしている最中に焦ったりすることはなくなりました。


Tさん、この度はご報告ありがとうございましたm(__)mとても参考になると思います。また何か気づいたらご報告宜しくお願い致します。






 




人気ブログランキング

皆さん、おはようございます(*^o^*)


昨日のドル円は、戻り売り優勢の一日でしたね!ただ112円900付近では底堅く割り込むことはありませんでした。

米国市場の時間帯ではイエレンさんの証言がありましたが、その内容から利回りが上昇し、リスク選好的なドル買いが優勢となったそうです。

朝の時点では、113円300付近で推移しています。


トレードは、朝一ドル円の上げに乗れなかったので押し目を狙ったら、そのまま下げて行くのでロスカット、朝一から最悪の展開でした。

じり上げ、じり下げの展開にその後はあまりやる気が出ませんでしたが、流れが分かってからドル円で手堅く取って、夜にはわかりやすかったペナントからの下げと、112円900からの上げに乗れたので結果は6勝2敗、+38pipsで終われました。


ではドル円の日足を見ると、昨日とほぼ変わらずボリンジャーバンドの+1σの下に位置しています。5日線も下向きで迫ってきているので上値が更に重くなるかもしれません。

MACDがデッドクロスしそうなので、112円900を割り込むことも想定しておきましょう。



次に4時間足を見ると、ボリンジャーバンドの−1σの上に位置していますが戻りが弱い状況です。

何とか5日線でサポートされているようですが、安値保ち合い状態で戻りも弱い事を考えると、また下落するのかなと考えてしまいます。


イエレンさんの発言でドル高になった流れが東京市場でどう出るのか、それを見極めてからの方が良いかもしれません。

上昇した場合は、113円500付近と113円700付近での戻り売りに注意して。

下落した場合は、−1σがある113円100付近や、112円900付近でサポートされるのか見たいところです。


☆☆☆スキャトレふうた ドル円のサポートとレジスタンス!!☆☆☆

サポート

1、113円200付近
2、113円100付近
3、113円付近
4、112円900付近 ここを割り込むと注意

レジスタンス

1、113円500付近
2、113円600付近
3、113円700付近


人気ブログランキング


※これはあくまでもブログの掲載から数時間程度の目安となります。強力なサポートやレジスタンスは数時間後でも有効になる場合もありますが、トレードをする際は自己責任でくれぐれもご注意下さい!

7時半の時点では戻りを試してる感じなので上昇するかなと思いますが、週末なので週足を意識した動きもあり、リスク選好的な動きになるのかは微妙かなと考えています。

あと今日は三連休前なので、実質ゴトー日となりそうです。どうなるか楽しみですね(*^^*)v


では皆さん、本日も1日頑張りましょう〜(^▽^)/応援宜しくお願い致します。






このページのトップヘ