FX スキャトレふうた 20万円から1億円目指す!!

FX4年目、専業トレーダーです。 私が勝ち続けているトレード方法や考え方、トレードの参考になるポイント等を初心者目線で簡単に書いています。ちなみに私の師匠は億トレーダー!!でもスキャのテクニックなら負けないぞ~!目指せ常勝億トレーダー!!(*^^)v

こんにちは٩( ᐛ )و


かなり暖かくなりましたね〜ようやく春が来たかな〜(*^^*)/


では、ドル円の来週の展望です。

まず週足を見てみると、長い陰線をつけてしまい、ボリンジャーバンドのミドルラインも割り込んでいます。MACDも下向き広がってきていますので、やはり来週は下目線になりそうです…(^^;;


次に日足を見ると、ボリンジャーバンドのミドルラインを越える事が出来ず−1σの下に落ちてしまい、MACDもデッドクロスしてしまいました。


113円を割り込んで何とか一段下で留まっていますが、レンジが意識されていそうなので、112円500を割り込む可能性も高く、もし割り込んでしまうと111円600が目標となりそうです。

週明けは戻り売り優勢となりそうですね…窓開けもあるのか気になりますね!?


では皆さん、良い週末をお過ごし下さい!(*^_^*)


応援宜しくお願い致しますm(__)m


FXスキャルピング ブログランキングへ


にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村


販売している会社にて紹介されました(*^^*)良かったら見て下さい!

私から記事を書くようには依頼はしてません(笑)






後から聞いた話なんですが、この記事を書いた女性の方は、販売しているほとんど教材を見ているようで、その中でも本当に良いものだけを紹介しているようです。

別の営業の方が、この女性の方に記事にして欲しいと頼んでも、本当に良いものでないと記事にしてもらえず却下されるそうです。


今回は、一目均衡表で安定した勝率を上げるためのポイントを解説致します。

一目均衡表は、ごちゃごちゃしていて何となくわかりづらいなという方もいると思います。実は私もそうでした(笑)

でも一目均衡表は意外と使える テクニカル指標なんですよ!なので、これから解説する内容だけでも覚えておくと勝率も上がると思います!

ついでにちょっとだけ私のスキャルピングのエントリーポイントも紹介しちゃいますね~(*^^)v

一目均衡表 ブログ用改
一目均衡表には、転換線と基準線、雲と遅行線があります。転換線はレートに沿って進んでいきます。基準線はレートとは少し遅れてついてきます。


ローソク足が転換線や基準線の上にあれば強気で「買い 」と判断します。

ローソク足が転換線や基準線の 下にあれば弱気で「売り 」と判断します。


転換線が基準線を下から上に突き抜けると「買いシグナル、 ゴールデンクロス」 転換線が基準線を上から下へ突き抜けると「 売りシグナル、デッドクロス 」と判断します。


雲は、「支持線 」や「抵抗線 」となり、雲の上に推移していれば「 上昇トレンド」、雲の下に推移してれば「 下降トレンド 」と判断します。



一目均衡表のトレンド発生のサイン


①転換線が基準線を抜く、②ローソク足が雲を抜く、③遅行スパンがローソク足を抜く。


この辺りは一目均衡表を勉強した方はわかりますよね!ちなみに遅行線については、私は見てないので割愛させて頂きます。

では実際に図を見て解説致します。

一目均衡表 ブログ用改2

図を見ると、転換線が基準線を下から上に突き抜けたら上昇していて、転換線が基準線を上から下に突き抜けたら下降していますね!

このタイミングでエントリーしても取れる時はありますが、実際にクロスしたタイミングでエントリーしてみても全然レートが伸びずに遅かったりといった経験があると思います。


では、一目均衡表の便利な使い方を解説します。では下の図を見て下さい。

一目均衡表 ブログ用2改

私は、転換線や基準線も見ていますが、 基本的に一目均衡表を見るときは雲に注目しています。


上記の図のように上昇トレンドが継続している時に、下に厚い雲が一緒に上がってきます。そうした時は厚い雲がサポートになりやすいので、レートが一時的に落ちてきた時に雲の上限を目安にエントリーします。

ここで長い下ひげが出たり、長い陽線が出たら最高ですね!

決済の目安としては、基準線を下回った場合は基準線を越えられるのかを目安にし、越えた場合はボリンジャーバンドの+2σを目安に決済します。

基準線が雲より下にある場合(上昇トレンド中)で、雲で反発した時はボリンジャーバンドのミドルラインや+2σを目安に決済します。


上記の図だと、一度目の反発で基準線を越えることが出来ずに下落してしまいます。基準線のところでなかなか越えないなと思ったらすぐに決済してしまいます。すぐに越えた場合は直近の高値付近かボリンジャーバンドの+2σを目安に決済しています。


下の二枚の図も同じですね!

一目均衡表 ブログ用3改

一目均衡表 ブログ用6改

下の図は下降トレンド中ですが、厚い雲に跳ね返されて下落しています。この動きを利用して、下でロングを保有していれば決済の目安とします。保有していなければショートのエントリーポイントとして利用します。

一目均衡表 ブログ用5改

下の図ですが、転換線と基準線が交わるポイントに丸を付けていますが、転換線と基準線が交わる時に、転換線と基準線が同じ方向を向いた時はその方向に伸びる傾向があります。

判断の目安としては、基準線が上を向いて転換線に近づいてきた時は「上昇」する傾向があり、基準線が下を向いて転換線に近づいてきた時は「下落」する傾向があります。

一目均衡表 ブログ用4改

この様に見ていくと一目均衡表も見てみたいと思いませんか!?これがヒントになって手法も見つかるかもしれませんので是非活用してみて下さい。


応援宜しくお願い致しますm(__)m


FXスキャルピング ブログランキングへ


にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村

このページのトップヘ