FXブログ スキャトレふうた 20万円から1億円目指す!!

FXブログ スキャトレふうた 20万円から1億円目指す!!

FX4年目、専業トレーダーです。 初心者の方にもわかりやすく、トレードにすぐに使える簡単な手法や考え方、毎日重要なレジサポラインも書いています。トレードの参考になるポイント等を初心者目線で簡単に書いています。目指せ常勝億トレーダー!!(*^^)v


販売している会社にて紹介されました(*^^*)良かったら見て下さい!

私から記事を書くようには依頼はしてません(笑)






後から聞いた話なんですが、この記事を書いた女性の方は、販売しているほとんど教材を見ているようで、その中でも本当に良いものだけを紹介しているようです。

別の営業の方が、この女性の方に記事にして欲しいと頼んでも、本当に良いものでないと記事にしてもらえず却下されるそうです。



今回は、一目均衡表で安定した勝率を上げるためのポイントを解説致します。

一目均衡表は、ごちゃごちゃしていて何となくわかりづらいなという方もいると思います。実は私もそうでした(笑)

でも一目均衡表は意外と使える テクニカル指標なんですよ!なので、これから解説する内容だけでも覚えておくと勝率も上がると思います!


ついでにちょっとだけ私のスキャルピングのエントリーポイントも紹介しちゃいますね~(*^^)v


一目均衡表 ブログ用改


一目均衡表の見方



一目均衡表には、転換線と基準線、雲と遅行線があります。転換線はレートに沿って進んでいきます。基準線はレートとは少し遅れてついてきます。


ローソク足が転換線や基準線の上にあれば強気で「買い 」と判断します。

ローソク足が転換線や基準線の 下にあれば弱気で「売り 」と判断します。


転換線が基準線を下から上に突き抜けると「買いシグナル、 ゴールデンクロス」 転換線が基準線を上から下へ突き抜けると「 売りシグナル、デッドクロス 」と判断します。


雲は、「支持線 」や「抵抗線 」となり、雲の上に推移していれば「 上昇トレンド」、雲の下に推移してれば「 下降トレンド 」と判断します。



一目均衡表のトレンド発生のサイン


①転換線が基準線を抜く、②ローソク足が雲を抜く、③遅行スパンがローソク足を抜く。


この辺りは一目均衡表を勉強した方はわかりますよね!ちなみに遅行線については、私は見てないので割愛させて頂きます。では実際に図を見て解説致します。


一目均衡表を利用したスキャルピング手法

一目均衡表 ブログ用改2

図を見ると、転換線が基準線を下から上に突き抜けたら上昇していて、転換線が基準線を上から下に突き抜けたら下降していますね!


このタイミングでエントリーしても取れる時はありますが、実際にクロスしたタイミングでエントリーしてみても全然レートが伸びずに遅かったりといった経験があると思います。


では、一目均衡表の便利な使い方を解説します。では下の図を見て下さい。

一目均衡表 ブログ用2改


私は、転換線や基準線も見ていますが、 基本的に一目均衡表を見るときは雲に注目しています。


上記の図のように上昇トレンドが継続している時に、下に厚い雲が一緒に上がってきます。そうした時は厚い雲がサポートになりやすいので、レートが一時的に落ちてきた時に雲の上限を目安にエントリーします。

ここで長い下ひげが出たり、長い陽線が出たら最高ですね!

決済の目安としては、基準線を下回った場合は基準線を越えられるのかを目安にし、越えた場合はボリンジャーバンドの+2σを目安に決済します。

基準線が雲より下にある場合(上昇トレンド中)で、雲で反発した時はボリンジャーバンドのミドルラインや+2σを目安に決済します。


上記の図だと、一度目の反発で基準線を越えることが出来ずに下落してしまいます。基準線のところでなかなか越えないなと思ったらすぐに決済してしまいます。すぐに越えた場合は直近の高値付近かボリンジャーバンドの+2σを目安に決済しています。


下の二枚の図も同じですね!

一目均衡表 ブログ用3改

一目均衡表 ブログ用6改

下の図は下降トレンド中ですが、厚い雲に跳ね返されて下落しています。この動きを利用して、下でロングを保有していれば決済の目安とします。保有していなければショートのエントリーポイントとして利用します。

一目均衡表 ブログ用5改

下の図ですが、転換線と基準線が交わるポイントに丸を付けていますが、転換線と基準線が交わる時に、転換線と基準線が同じ方向を向いた時はその方向に伸びる傾向があります。

判断の目安としては、基準線が上を向いて転換線に近づいてきた時は「上昇」する傾向があり、基準線が下を向いて転換線に近づいてきた時は「下落」する傾向があります。

一目均衡表 ブログ用4改

この様に見ていくと一目均衡表も見てみたいと思いませんか!?これがヒントになって手法も見つかるかもしれませんので是非活用してみて下さい。


応援宜しくお願い致しますm(__)m


FXスキャルピング ブログランキングへ


にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村

おはようございます٩(ˊᗜˋ*)و



昨日のドル円は、久々に値動きがあったなと感じた1日でした。でも値幅はそれ程でもなく112円900から113円500付近での推移でした。

ある程度波があるとトレードはやりやすいですね!

あと112円900付近まで押した後のV字回復は強かったですね〜V字回復の展開は予想出来ず、上手く乗れなかったのがとても残念でした。

ちなみに朝の時点では113円300付近で揉み合いが続いています。


トレードは、朝一は読み通りにエントリーが出来て上手く取れました。

ただ、その後結構エントリーしましたが、建値付近撤退(微損)や、他、遅かったり早かったりで値幅があまり取れませんでした(^^;;結果は18勝7敗でした。読みが甘かったな〜。


ドル円の日足を見ると、ボリンジャーバンドの−1σとミドルラインの間に位置していて、MACDはデッドクロスしてしまいました。


次にドル円の4時間足を見ると、ボリンジャーバンドの−1σの下付近に位置していて、MACDはマイナスゾーンに入っています。一昨日下落してから横ばいの状況が続いています。


ちなみに60分足は、バンドが水平となり−1σと+1σが意識されているようです。


これらを見ると、目先は上と見ていますが、113円500付近がかなり重いのでそのラインを越えていけるかが勝負になりそうです。越えたとしても戻り売り押される可能性が高いので、上は113円後半位かなと考えています。

もし113円500を越えられなければ、再度113円付近まで下押ししそうです。

そろそろ上か下かはっきりしそうなので、流れに乗るよう意識してエントリーしたいところです。


☆☆☆スキャトレふうた ドル円のサポートとレジスタンス!!☆☆☆


サポート

1、113円300付近
2、113円200付近
3、113円付近

レジスタンス

1、113円400付近
2、113円500付近
3、113円700付近


※これはあくまでもブログの掲載から数時間程度の目安となります。強力なサポートやレジスタンスは数時間後でも有効になる場合もありますが、トレードをする際はくれぐれもご注意下さい!

今朝は早起きしてしまい、113円290付近でロング保有しています。この後どうなるかな〜(*^^*)v


では皆さん、本日も1日頑張りましょう〜(^▽^)/



応援宜しくお願い致しますm(__)m


FXスキャルピング ブログランキングへ


にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ