FXブログ スキャトレふうた 20万円から1億円目指す!!

FXブログ スキャトレふうた 20万円から1億円目指す!!

FX4年目、専業トレーダーです。 初心者の方にもわかりやすく、トレードにすぐに使える簡単な手法や考え方、毎日重要なレジサポラインも書いています。トレードの参考になるポイント等を初心者目線で簡単に書いています。目指せ常勝億トレーダー!!(*^^)v

おはようございます(^^)


今朝も寒いですね!道路が凍結している所もあると思いますので、足元には気をつけて下さい( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾


昨日のドル円は、朝一から下値も堅く堅調な地合いを維持し、東京市場の時間帯は112円後半で推移していました。

欧州市場の時間帯が始まると大きく動き出し、113円を軽々と突破して、一時113円500銭付近まで上昇しました。

でも昨日は最近の上昇程は伸びず、しかも全戻しの展開となり、当日の安値付近まで下落しましたが下値は限定的で、しっかりと113円を回復して終わっています。

昨晩はNY市場が休場でしたので、夜中は穏やかに推移していたようです。

しかしドル円は強いですね(*^^*)113円を突破した時はまた114円まで上がるのかなと見ていました!!

113円半ばで意外とあっさり止まって下落した時はどうかなと思いましたが、しっかりと113円台に戻してる事を考えると、もう少しこの勢いは続きそうですね…⁉︎


では、ドル円の日足を見ると…ボリンジャーバンドの+1と2σの間に位置し、5日移動平均線が下まで迫っています。相変わらずバンドウォークしていますね!

RCIも全線天井で重なりそうです。


次にドル円の4時間足を見ると、こちらも日足と同じような感じで、ボリンジャーバンドの+1と2σの間に位置していて、5日移動平均線に支えられている状況です。








☆☆☆スキャトレふうたのドル円のサポート、レジスタンス予想!!☆☆☆



本日の予想は→ 

サポート
1、113円200銭付近
2、113円付近
3、112円800銭付近

レジスタンス
1、113円400銭付近
2、113円500銭付近
3、114円後半付近


※これはあくまでもブログの掲載から数時間程度の予想になります。強力なサポートやレジスタンスは数時間後でも有効になる場合もありますが、その際はくれぐれもご注意下さい!


相変わらず強い状況が続いていますので本日も上昇する可能性は高そうです。ただ東京市場の時間帯は値幅の狭い展開になりそうなので、一旦は112円後半まで下落するかもしれません。

安くなったら拾う感じで考えれば良いかなと思います。

あと本日は金曜日になりますので注意しましょう〜(^-^)



では皆さん、本日も1日頑張りましょう〜( •̀ᴗ•́ )و ̑̑




おはようございます(^^)


今朝は寒いですね!!雪もかなり降ってます!出掛ける方は滑らないように足元に気をつけて下さい!!٩(ˊᗜˋ*)و


では、昨日のドル円は…朝一から夜にかけて111円を挟んで値幅の狭い展開が続いていました。

19時位から少しづつ上昇への動きが出ると、一気に112円付近まで上昇、112円付近に来てもそれ程売られることもなく、押し目の狙い辛い展開でした。

その後難なく112円も突破すると、112円500銭付近まで上昇、その時は112円250銭付近まで下落しましたが、更に上値追いが始まり、113円付近まで上昇し、さすがに息切れしたのか112円500銭付近で推移しています。

昨晩はとにかく強かったの一言ですね(笑)あまりにも強いので気になって寝られませんでした(笑)今は眠い目をこすりながらブログを書いています。

昨日の昼間は値幅も狭く方向が定まらない感じで、でも下値は堅いのでそのうち上がるかなと見ていましたが、あまりにもつまらない展開だったので目を離した隙にドカーンと上昇しているし…(^^;;ずっとロングでコツコツ戦っていたので本当に残念でした…。(|||O⌓O;)



ではドル円の日足を見ると…ボリンジャーバンドの+1と2σの間に位置して、5日移動平均線が111円600銭付近まで来ています。RCIも全線天井にぴったりですね!非常に強いです。



次にドル円の4時間足を見ると…今時点はボリンジャーバンドの+2σの上辺りに位置していて、バンド幅も広がり始めています。勢いがありますね!!ちなみにRCIの短期線が若干下向きになっています。



これらを見ると非常に強いのがわかりますね!だからと言って今から買おうと言う気にもなれないし、だからと言って売れば上げられてしまうしで、なかなか難しい状況です。




☆☆☆スキャトレふうたのドル円のサポート、レジスタンス予想!!☆☆☆



本日の予想はちょっと難しいですね…(^^;;↗︎


サポート
1、112円400銭付近
2、112円200銭付近
3 、112円付近

レジスタンス
1、112円650銭付近
2、112円800銭付近
3、113円付近


※これはあくまでもブログの掲載から数時間程度の予想になります。強力なサポートやレジスタンスは数時間後でも有効になる場合もありますが、その際はご注意下さい!



朝の時点では買いの勢いが衰えていないようですので一旦は上昇するのかなと思いますが、どこまで上がるか予想が難しい状況です。

昨晩かなり上昇したので、113円付近まで上昇した場合は利益確定売りに押される可能性がありますので注意しましょう。


安くなったら買う、高くなったら売るで攻めれば良いですね!(*^^*)v

無理な追っかけはやめましょう〜!



では皆さん、本日も1日頑張りましょう〜( •̀ᴗ•́ )و ̑̑



おはようございます(^^)



昨日の朝の地震はかなり揺れたのでメディアでもかなり大騒ぎでしたね!でも特に大きな被害もなかったようで良かったなと思います。近年日本では、地震災害が多いので、だいぶ危機管理能力が高まっているように感じますね!(^-^)

あと昨日はかなり暖かかったですが、今日からグッと冷え込むようなので、お出掛けの際は暖かい服装にした方が良いでしょう〜٩(ˊᗜˋ*)و


では昨日のドル円は…朝の地震の影響で110円前半まで売り込まれ乱高下するも、直ぐに落ち着きを取り戻し、そのままゆっくりと値を戻し、日本時間の終わる頃には111円台を回復しました。

ドル円はかなり底堅い動きでしたのでそのまま昨日の高値を越えるのかなと思いきや、昨晩の米国市場の時間帯につけた高値111円350銭付近が意識されたのか、111円200銭付近で失速し、110円550銭付近まで下落しました。

高値を切り下げたのでこのまま下落トレンド入りするのかなと見ていたら、ここでもしっかりとした動きで、再度111円台に回復しましたが、やはり111円350銭付近は越えられず、今時点は111円100銭付近で推移しています。

ドル円はかなり底堅いですね!値幅が少なくなるのは予想出来ましたが、そろそろ売り込まれるかなと考えていたので、しかも111円台をキープしていますから、全く凄いです!!(*^^*)v


ではドル円の日足を見ると、ボリンジャーバンドの+1と+2σの間に位置し、5日移動平均線が直ぐ下まで迫っています。RCIは全線共に上に張り付いています。


次にドル円の4時間足を見ると、ボリンジャーバンドの+1σの上に位置し、5日移動平均線に支えられています。だいぶボリンジャーバンドも幅が狭まってきていますね!これを『スクイーズ』と言います。これについては後日詳しく書きますね!あとRCIの短期線も上に戻りつつありますが少し勢いが弱まっているのかなと言った感じです。



値幅が少なくなってきているので、今日は60分足も見てみましょう!

今はボリンジャーバンドの+1σ付近に位置していて、黄色の25日移動平均線と青色の50日移動平均線が上に向かってきています。ボリンジャーバンドの0ラインが111円台を付近です。RCIの短期線は下向きですね!



これを見ると、抵抗線の111円300銭付近で跳ね返されていますが、徐々に下値を切り上げているのがわかると思います。買いの勢いが強いと判断できます。斜めのトレンドラインも迫ってきています。


段々と下値と上値の値幅が狭くなり、完全に収束してくるとどちらかに跳ねる動きとなります。なので、あと少しで上か下か大きく動く局面になりますので、それについていくようにトレードすると良いでしょう!

普通に考えれば下値が切り上がってきているので勢いがあると判断し、上にいく可能性が高いと予想出来ます。ですがこれは必ずではないので注意しましょう!!



☆☆☆スキャトレふうたのドル円のサポート、レジスタンス予想!!☆☆☆


本日の予想は↗︎


サポート
1、111円付近
2、110円800銭付近
3、 110円500銭付近

レジスタンス
1、111円300銭付近
2、111円600銭付近
3、111円後半


※これはあくまでもブログの掲載から数時間程度の予想になります。強力なサポートやレジスタンスは数時間後でも有効になる場合もありますが、その際はご注意下さい!


上昇した場合は、また一気に112円までなんて事もあるかもしれません。


こういう時は、どのラインに売りポジションが多く入っているかを確認しておくと利確ポイントの目安になりますので良いでしょう!(^-^)/


今日はしっかり動いて欲しいですね(*^^*)v

あと日経平均株価の動きにも注視して下さいね!


では皆さん、本日も1日頑張りましょう〜( •̀ᴗ•́ )و ̑̑





↑このページのトップヘ