FXブログ スキャトレふうた 20万円から1億円目指す!!

FX4年目、専業トレーダーです。 初心者の方にもわかりやすく、トレードにすぐに使える簡単な手法や考え方、毎日重要なレジサポラインも書いています。トレードの参考になるポイント等を初心者目線で簡単に書いています。目指せ常勝億トレーダー!!(*^^)v

おはようございます(*^^*)/


いい天気で穏やかな日曜日ですね…


来週のドル円ですが、週足では長い下ひげ陽線が二本出ていて、RCIは下向きですが、下値は堅い状況を維持しています。

日足を見ると、週明けにはボリンジャーバンドのミドルラインの上に乗りRCIも上向きで、かつ、ダブルボトムを形成していますので上値追いを期待したいところですが、ネックラインで跳ね返されている状況なので微妙なところではあります。

基本的には4時間足のチャネルラインを越えて来たので上目線でいますが、レンジになる可能性もあるので、下目線も持ちつつ相場に向かいたいところです。


米株式市場が好調な割にはドル円はついていけてない印象で、ドル円とは裏腹に日本の株式市場は好調で、テクニカル的にも好転し、このまま2万円台の大台を狙いにいくのではないかと言われています。


為替市場も堅調な動きではありますが、株式市場の勢いに乗れている感じはあまりしませんので、週明けは115円を挟んだ動きになるのかなと予想しています。


ちなみに来週は、週末に雇用統計の発表等イベント盛り沢山なのでかなり動きがありそうですね!楽しみです(*゚▽゚*)


では皆さん、良い週末をお過ごしください!



ダイバージェンス 」って、よく見たり聞いたりするけど何だかわからない人が多いと思います。そこで今回はダイバージェンスについて簡単に解説していきます。

ダイバージェンスとは「逆行現象」という意味です。簡単に言うとオシレーターと実際のレートが逆に動く状態のことです。

普通であれば、レートが上昇し続ければ過熱感を示すオシレーターも上昇して同じように動きますが、あまりにレートの上昇が長く続くと、レートが上昇しているのにオシレーターは下降してしまうことがあります。この逆行現象をダイバージェンスと言います。

このダイバージェンスはトレンドの「終焉」のサイン と言われていて、トレンドの反転のシグナルとなります。

ダイバージェンスだけで勝つことは難しいと思いますが、ダイバージェンスを理解しておけば少なからずトレードをする上で有利になると思います。 」



ダイバージェンスの見方と使い方  



ダイバージェンスには次の2種類があります。

・ダイバージェンス
・ヒドゥンダイバージェンス


ではダイバージェンスを見てみましょう。1の図を見て下さい。

ダイバージェンス ブログ用


これは上昇トレンド時のダイバージェンスです。下にあるオシレーターはストキャスティクスになります。

ダイバージェンスは、レートの高値を切り上げているのに、オシレーターでは高値を切り下げている現象です。

逆の場合だと、レートが安値を切り下げているのに、オシレーターでは安値を切り上げている現象になります。

ラインの引いてあるポイントでは、レートが高値を切り上げていますが、ストキャスティクスはダイバージェンス(逆行現象)をおこしているので、その後レートが下げているのがわかります。

では次の2の図は下降トレンド時のダイバージェンスです。

ダイバージェンス ブログ用2

ラインの引いてあるポイントでは、安値を切り下げていますがストキャスティクスはダイバージェンス(逆行現象)をおこしているので、その後レートが上昇しています。

図で見て何となく理解して頂いたかと思いますが、本来であれば前回の高値や安値を更新しているのであればその後もトレンドが継続するのが普通ですが、オシレーターが逆行すると急にトレンドが変わってしまいます。


この様な現象がダイバージェンスと言います。


ポイント

・ダイバージェンスを見つけたら、オシレーターと同じ方向に向かうと考えればいいでしょう。この時、勢いよく下落してきた場合、逆張りをするのは注意して下さい。


ちなみに「ストキャスティクス 」は相場の強弱を表しています。簡単に言うとストキャスティクスが上昇していれば相場は強気、逆に下降していれば相場は弱気と判断します。

よく書籍等にストキャスティクス等のオシレーターが下まで来たら買い、上まで来たら売りなどと書いてありますが、いざその通りにやってもなかなか上手くいかないですよね!

上昇が継続している時などは上に張り付いてしまったり、ずっと下げ続けている時は下に張り付いてしまったり・・・下がったから買ったのに全然上がらないじゃないかって経験があると思います。

ストキャスティクスは相場の強弱を表していると考えれば、違う見方も出来るかと思います。



では次に、「ヒドゥンダイバージェンス」ですが、ヒドゥンとは(隠された)という意味です。

隠れて見えにくいダイバージェンスということなんですが、ちなみにダイバージェンスは、トレンドの反転を示すサインでしたが、ヒドゥンダイバージェンスはトレンドの継続を示すサインとなります。

では、ヒドゥンダイバージェンスを見てみましょう。3の図を見て下さい。

ヒドゥンダイバージェンス ブログ用


ラインの引いてあるポイントでは、レートが安値を切り上げているのに、ストキャスティクスは少しづつ切り下げています。その後買いが継続していますね!これが買いのヒドゥンダイバージェンス です。

ヒドゥンダイバージェンス ブログ用2

次に図の4は、ダイバージェンスした後下落してきて、その後もレートが高値を切り下げているのにも関わらず、ストキャスティクスは切り上げています。その後売りが継続していますね!これが売りのヒドゥンダイバージェンス です。

この様にヒドゥンダイバージェンスは、トレンドの継続 を教えてくれます。



ダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスの注意点


ダイバージェンスが発生したからと言って逆張りでエントリーをするのは少々危険だと思います。


ダイバージェンスを見つけたらすぐに逆張りでエントリーするのではなく、売りならレジスタンスライン付近で、買いならサポートライン付近でダイバージェンスが発生したらエントリーするなど、あくまでもトレードの根拠として利用したり、他決済のポイントとして利用するのがいいと思います。

天井や大底での反転のタイミングの目安に利用するといいでしょう。


ヒドゥンダイバージェンスも同じく発生したからと言ってすぐにエントリーするのではなく、オシレーター等を確認しつつ、長いヒゲを出して反発をしてきてから押し目買いや戻り売りでエントリーすると流れに乗れていいと思います。


ダイバージェンスやヒドゥンダイバージェンスは、最初は見つけにくいと思いますが、そろそろ高値や安値かなと思った時はストキャスティクス意識して見ていると「あれ?逆行しているな」と段々気づけるようになってきますので、日頃から確認するようにして上手くトレードに活かしていきましょう。



応援宜しくお願い致しますm(__)m


FXスキャルピング ブログランキングへ


にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村

おはようございます٩(ˊᗜˋ*)و


昨日のドル円は強かったですね〜!!朝一113円付近まで下落しましたが、そこからは特に売り込まれる事もなく強い展開でした。ニュースには113円付近の買いが強かったのでショートポジションの整理ではないかと記載がありました。

朝の時点では、114円600銭付近で推移しています。


トレードは、久しぶり少額ですがロスカットをされて、トータルはいつも通りプラスでしたが、無理やりエントリーしたのもあり勝率が10勝6敗でした。

昨日はタイミングが取りづらい感じが続きましたね💦


では、ドル円の日足を見ると、ボリンジャーバンドの−1σを越えて、ミドルラインの下付近に位置しています。ダブルボトムを形成し、長めの陽線をつけたので勢いを感じます。



次にドル円の4時間足を見ると、ボリンジャーバンドの+3σまで上昇し+2σの下で、5日移動平均線にサポートされ高止まりしています。RCIも全てが上向きなのでさらなる上昇が期待されます。

これらを見ると、日足はダブルボトム、4時間足はチャネル抜けをしているので引き続き買いが続きそうです。少し気になるのが昨日急進した影響で、ある程度の下落する可能性はあると想定しています。

米国市場も高値を更新し、株高も後押ししてくれそうなので、押し目買いで攻めたいところですね!

下落した場合は、114円前半で押し目買い狙いで。

上昇した場合は、あまり逆らわないように様子見しつつ押し目買い狙いで、直近の高値115円500銭付近では戻り売りに押される可能性もあるので注意したいところです。

今の時点だと上値が重そうなので、東京市場が始まる前後の動きについていきたいなと思います。


☆☆☆スキャトレふうた ドル円のサポートとレジスタンス!!☆☆☆


サポート

1、114円500銭付近
2、114円300銭付近
3、114円100銭付近

レジスタンス

1、114円700銭付近
2、114円900銭付近
3、115円付近


※これはあくまでもブログの掲載から数時間程度の目安となります。強力なサポートやレジスタンスは数時間後でも有効になる場合もありますが、トレードをする際はくれぐれもご注意下さい!

風邪も良くなってきたので、今日はPCの前で頑張るかな!!(*^^*)v


では皆さん、本日も1日頑張りましょう〜(^▽^)/

↑このページのトップヘ